« 大八栗原蒲鉾店が小樽都通り店(仮)を2023年9月上旬にオープン予定 | トップページ | 小樽の無人駅「蘭島駅」の様子 »

2023年8月17日 (木)

松ヶ枝の「天狗山 金毘羅大本院」の境内に建つ「小樽八名所」の石碑

Otaru_20230723-161347-2

以前、小樽市総合博物館運河館で「魅力再発見!小樽八景・八名所」というトピック展が開催され、そこで昭和27年(1952年)9月の北海タイムスに掲載された、景勝地投票として一般からの投票によって選ばれた「小樽八名所」についての紹介があったんです。
※そのトピック展についての記事はこちら:小樽市総合博物館運河館でトピック展「魅力再発見!小樽八景・八名所」開催中!!

で、興味深いのが、その小樽八名所選定記念の石碑が建てられているんですね。

ちなみに「小樽八名所」の順位は1位から、天狗山金毘羅、オタモイ、手宮観光地ライン、五百羅漢、銀鱗荘、豊楽荘、小樽公園、松山逍遥道路となっていて、実はこのうち手宮観光地ライン(手宮公園内)と小樽公園については、このブログでその石碑を紹介しました。

で、ちょっと前置きが長くなりましたが、1位の天狗山金毘羅は、天狗山の麓の松ヶ枝の「天狗山 金毘羅大本院」のことなのですが、先日、その「天狗山 金毘羅大本院」に行く機会があったんです(この時は紫陽花を見に行きました)。

(山門。写真は7月23日撮影)
Otaru_20230723-160842

その際に、ふと、そういえば、ここには小樽八名所選定記念の石碑は残ってないのかな、と思い境内を歩いてみると、すぐ目の前にありました(他の場所の選定記念の石碑を見ていたので、形を見てすぐこれだと思いました)。

(写真右端がその石碑です)
Otaru_20230723-161329

Otaru_20230723-161347

表に「小樽八名所 天狗山金毘羅」、裏には見えにくいですが、おそらく他の場所と同じく「昭和二十七年九月四日 選定 小樽市 北海タイムス社」と書かれているようです。

Otaru_20230723-161347-2

(裏はちょっと見にくかったので、文字確認は予想を含みます)
Otaru_20230723-161418

いや〜、残ってましたね、石碑。

今は境内は人気もなくひっそりしていますが、当時はここは行楽スポットとしてとても人気だったようですね。

ちなみに、こちらがお寺の建物ですね。天狗山金毘羅大本院は高野山真言宗の寺院です。

Otaru_20230723-161245_20230817012501

Otaru_20230723-161740

Otaru_20230723-161741

手宮公園、小樽公園に続いて、金毘羅大本院でも小樽八名所の石碑を確認することができましたが、まだ他のところにもあるのかな。

ということで、天狗山金毘羅大本院にも建っていた、小樽八名所の石碑についてでした。

(トピック展「魅力再発見!小樽八景・八名所」より)
Otaru_20210115-154825tr

Otaru_20230723-161359

【関連記事】
小樽公園の見晴台に建つ「小樽八名所」の石碑
手宮公園の入口に建つ石碑「小樽八名所 手宮観光地ライン」
小樽市総合博物館運河館でトピック展「魅力再発見!小樽八景・八名所」開催中!!

※天狗山金毘羅大本院関連の記事。
松ヶ枝の「天狗山 金毘羅大本院」の紫陽花が綺麗に咲いているということで見に行ってきました
天狗山の麓のこんぴらさんこと「天狗山 金毘羅大本院」のお堂に入ってみました
今年で最後、松ヶ枝町にある金毘羅さんの火渡りを見てきました
【動画】今年で最後となった小樽の「天狗山 金毘羅(こんぴら)大本院」の火渡りの様子
松ヶ枝町の山の中の金毘羅大本院と紫陽花(2013年)

スポンサーリンク

|

« 大八栗原蒲鉾店が小樽都通り店(仮)を2023年9月上旬にオープン予定 | トップページ | 小樽の無人駅「蘭島駅」の様子 »

スポット」カテゴリの記事

コメント

台風が落着きやっと心身共に少し余裕が(笑)まさか静岡で竜巻何て驚きでした。この石碑憶えてますよ。懐かしいです。しかし内容については全く知らず物凄い勉強になりました。有難うございます。

投稿: 夢の彼方へ | 2023年8月23日 (水) 19時16分

夢の彼方へさん、こんばんは。
台風、大変でしたね。竜巻も起こったのですね。
この石碑、覚えてますか!!
内容については、こういうものだったんですね。

投稿: 小梅太郎 | 2023年8月28日 (月) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大八栗原蒲鉾店が小樽都通り店(仮)を2023年9月上旬にオープン予定 | トップページ | 小樽の無人駅「蘭島駅」の様子 »