« 花園高架下商店街は2023年3月末で閉鎖になっています〜店舗部分は解体予定 | トップページ | 銭函地区の情報満載イラストマップ付フリーマガジン「OTARU 銭函の秘密マップ vol.4」が発行されています »

2023年4月18日 (火)

ニュースより/小樽観光協会が夜の情報を提供する「ナイトインフォメーション」をサンモール一番街に新設予定

Otaru_20230410-143313

小樽観光協会は小樽の夜を楽しんでもらうため、居酒屋やバー、スナックなどの他、夜のイベントや観光スポットなどの情報を提供する「ナイトインフォメーション」をサンモール一番街に新設する予定、というニュースがありました。

場所はサンモール一番街の日銀通り側から入ってすぐ右、おたる屋台村レンガ横丁の「一坪アンテナショップ」を改装して開設するとのことで、5月中旬をめどにしているそうです。

※参照ニュース
・2023年4月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽の夜情報を提供! ナイトインフォメーション新設(小樽ジャーナル)
※ちなみに「一坪アンテナショップ」自体は、2023年3月31日をもって閉鎖になっています(参考:おたる屋台村 | 小樽の夜を楽しむ憩いの場)。

Otaru_20230410-143332

ニュースによると、夜の案内所となる「ナイトインフォメーション」は、年中無休で営業時間は17:00〜22:00まで。担当者(ナイトコンシェルジュ)が交代制で常駐する案内所となり、要望に応じお店を紹介したり、店への道案内なども行うそうで、観光客はもちろん、市民の利用も想定しているそうです。

市内観光はコロナ禍から回復傾向で宿泊客も増加傾向にある中、歓楽街である花園地区への客の流入数の回復は遅れているとのことで、夜の消費拡大に本腰を入れるとのことなんですね。

花園地区ではコロナ禍で閉店したお店もあり、今も以前のようには忘年会や歓迎会などは開かれてなく、厳しい状況が続いているんですね。

加えて、宿泊施設側にとっても、これまで小樽が日帰り観光地として定着してきたこともあって、夕食などの夜に紹介できる店が分からないといった事情もあるそうで、そういった宿泊施設側にも案内所を活用してもらいたい考えとのことです。

Otaru_20230410-143313t

案内所では、基本的に事前に登録を申し込んだ飲食店を中心に紹介する方針とのことで、現在店舗を募集中で、花園地区以外も受け付けているそうですよ。

ということで、5月中旬にサンモール一番街に夜の飲食店を紹介する「ナイトインフォメーション」ができる予定です。うまく機能して、たくさん活用してもらって、小樽の夜の街が賑わうといいですね。

【小樽観光協会ナイトインフォメーション開設】登録飲食店募集 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
「おたる屋台村レンガ横丁」入り口横に、6日間の「1坪アンテナショップ」オープン
サンモール一番街の「一坪アンテナショップ」は毎回6日間だけの営業〜現在は手作りシルバーアクセサリーの販売と製作体験ができるショップが出店(8月11日まで)

スポンサーリンク

|

« 花園高架下商店街は2023年3月末で閉鎖になっています〜店舗部分は解体予定 | トップページ | 銭函地区の情報満載イラストマップ付フリーマガジン「OTARU 銭函の秘密マップ vol.4」が発行されています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花園高架下商店街は2023年3月末で閉鎖になっています〜店舗部分は解体予定 | トップページ | 銭函地区の情報満載イラストマップ付フリーマガジン「OTARU 銭函の秘密マップ vol.4」が発行されています »