« 【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声 | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】北運河会場の様子〜ライトアップされた旧北海製罐第3倉庫と大盛況の北運河雪あかり横丁 »

2023年2月16日 (木)

【小樽雪あかりの路25】マリンウェーブ小樽とホープ・ワンによるマリーナ会場〜長さ40mの滑り台に灯る雪あかり

Otaru_20230212-172530

第25回小樽雪あかりの路」が、2023年2月11日(土)〜18日(土)の期間で開催中で、小樽のあちこちでロウソクの灯りが優しく揺れています。

3年ぶりの通常開催となった今年の小樽雪あかりの路は、公式会場としては運河周辺をメインに、手宮線会場(大幅縮小)、芸術村会場、天狗山会場があり、さらに市内各所に町内会や学校、会社単位で参加している「あかりの路会場」があって、それぞれ独自の手作りの雪あかりを灯しています。

そんなあかりの路会場の一つ、マリンウェーブ小樽と総合人材サービス会社のホープ・ワンが共同でオブジェの制作をしている、築港地区のマリーナ会場に行ってきました。

あっ、ガイドブックにマリーナ会場の表記はないのですが、皆さんそう呼んでいるみたいなので、ここでもそう呼びますね(以前もここはマリーナ地区会場といってましたしね)。

場所はウイングベイ小樽のすぐ前の、ヨットやボートがたくさん停泊している小樽港マリーナ(マリーナプロムナード)です。

マリーナ会場の開催期間は、最初の2日間の2月11日(土)・12日(日)と、間をおいてイベント最後の2日間となる2月17日(金)・18日(土)なんですね。

なので、この投稿をしている段階では、残すところ2月17日(金)・18日(土)のみなので注意です。

例年、この会場では長い雪の通路が作られて、そこに沿ってロウソクが灯されていたのですが、今年は趣向を変えて、家族連れが楽しめる、傾斜が緩やかな40mの長〜い滑り台を作っているんですよね。

Otaru_20230212-172154

Otaru_20230212-172158

(後ろにすぐウイングベイ小樽)
Otaru_20230212-172206

そして、その滑り台に沿ってロウソクが並んでいます。

Otaru_20230212-172216

Otaru_20230212-173004

この滑り台は14:00~16:00の時間で利用可能で、その後、17:00~19:00の時間でロウソクが灯されます。

なので、滑り台を楽しみたい方は時間に注意です。

私は2月12日(日)に行ってきたのですが、残念ながら滑り台の時間に間に合わなかったので、ロウソクの灯りを楽しんできました。

滑り台の上からも眺めてみたのですが、もちろんロウソクの灯りも綺麗ですが、これは滑ったら楽しそうですね。

(階段を上って滑り台の上へ)
Otaru_20230212-173241

Otaru_20230212-173610

滑り台の先はこんな感じ。
Otaru_20230212-172403

奥から振り返って見ると、ここはウイングベイ小樽の建物の灯りを背景にした眺めになって、これもなんとも素敵なんですよね。

Otaru_20230212-172447

Otaru_20230212-172450

Otaru_20230212-172530

Otaru_20230212-173824

Otaru_20230212-172550

Otaru_20230212-173658

ホープ・ワンの方に少しお話を伺うことができたのですが、最初の2日間は、たくさんの子供たちが滑り台を楽しんでくれて、とても賑わったそうで、楽しくて何度も滑る子供もいたとか。

ソリは会場で用意しているそうなので、いきなり行っても滑れるそうです。ただ、ソリを持参してきた子供もいたそうですよ。あっ、もちろん、大人もOKとのことです。

私が行った、滑り台が終わった後のロウソクの灯りを楽しむ時間には、カメラを構えた方が3組いただけで、とても静かだったのですが、今回は滑り台がメインとはいえ、その静けさの中、滑り台に沿って灯るロウソクの灯りはやはりとても綺麗でした。

Otaru_20230212-173856

ここは市中心部の会場に比べると、もともと人がそんなに集まる場所ではないのですが、それでもいつもとても素敵な雪あかりを見せてくれるので、以前から穴場スポットとして紹介しているんですよね。

今回は子供も楽しめる滑り台があるので、ウイングベイ小樽に家族でお出かけの際は、せっかくですから、この会場まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。滑り台の時間は14:00~16:00です。

そして、17:00~19:00の時間であれば、素敵な雪あかりの路が見られます。

マリーナ会場の開催日は、残すところ2月17日(金)・18日(土)のみなので、時間と共に日程に注意です。

『小樽雪あかりの路25』 | 株式会社ホープ・ワン

※公式サイト:小樽雪あかりの路 – 雪に灯す、静夜の揺らめきに想い耽る

※小樽港マリーナの場所。

【関連記事】
※2020年のマリーナ地区会場の様子。
【小樽雪あかりの路22】マリーナ地区会場の様子〜雪の通路に並ぶキャンドルがとても綺麗な築港の穴場スポット
※小樽雪あかりの路についての記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« 【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声 | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】北運河会場の様子〜ライトアップされた旧北海製罐第3倉庫と大盛況の北運河雪あかり横丁 »

小樽雪あかりの路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声 | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】北運河会場の様子〜ライトアップされた旧北海製罐第3倉庫と大盛況の北運河雪あかり横丁 »