« 【小樽雪あかりの路25】あかりの路会場の運河プラザ〜前庭と中庭にもロウソクが灯ってます | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】マリンウェーブ小樽とホープ・ワンによるマリーナ会場〜長さ40mの滑り台に灯る雪あかり »

2023年2月15日 (水)

【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声

Otaru_20230211-204606

第25回小樽雪あかりの路」が、2023年2月11日(土)〜18日(土)の期間で開催中で、夜の小樽の街が暖かなロウソクの灯りで照らされています。

3年ぶりの通常開催となっている今年の小樽雪あかりの路は、公式会場としては、運河周辺をメインに、手宮線会場(大幅縮小になってます)、芸術村会場、天狗山会場、そして、市内各所に町内会や学校、会社単位で参加している「あかりの路会場」があります。もちろん、市民も自由に参加してるので、市内のあちこちでロウソクが灯っています。

さて、そんな中、公式会場のひとつ、芸術村会場にいってきました。

小樽芸術村は、家具・インテリアのニトリによる、小樽の歴史的建造物を活用して開設した複合的な芸術空間で、その施設である旧三井銀行小樽支店・似鳥美術館・ステンドグラス美術館に囲まれた中庭が会場になってるんですよね。

会場前の通り、そして会場内にロウソクが素敵に灯っていました。

(会場前の色内大通り沿い)
Otaru_20230211-204404

Otaru_20230211-204622

Otaru_20230211-204438

Otaru_20230211-204516

Otaru_20230211-204442

Otaru_20230211-204425

そして、ここには小樽青年会議所による、大きな滑り台が作られているんですよね。

Otaru_20230211-204511

もともと、子供や家族連れでも楽しめるような企画ということで、この大きな滑り台を作ったそうです。

子供たちにとっては、こういった遊びがあるのは楽しいですよね。

私も見にいった時にも、子供たちの楽しそうな歓声が響いてました。

Otaru_20230211-204523

ということで、小樽雪あかりの路の芸術村会場の様子でした。

子供連れのご家族は、こちらで楽しむのもいいかもしれませんね。

芸術村会場での開催期間は、イベントと同じ2月18日(土)までで、ロウソクの基本点灯時間は1700〜21:00で(各会場や天候によって変更になります)、滑り台もこの時間に開放されているそうです。

※公式サイト:小樽雪あかりの路 – 雪に灯す、静夜の揺らめきに想い耽る

Otaru_20230211-204620

【関連記事】
※小樽雪あかりの路についての記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« 【小樽雪あかりの路25】あかりの路会場の運河プラザ〜前庭と中庭にもロウソクが灯ってます | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】マリンウェーブ小樽とホープ・ワンによるマリーナ会場〜長さ40mの滑り台に灯る雪あかり »

小樽雪あかりの路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【小樽雪あかりの路25】あかりの路会場の運河プラザ〜前庭と中庭にもロウソクが灯ってます | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】マリンウェーブ小樽とホープ・ワンによるマリーナ会場〜長さ40mの滑り台に灯る雪あかり »