« 小樽は2月13日〜14日にかけてまた20cm以上の降雪で積雪深115cmを記録 | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声 »

2023年2月15日 (水)

【小樽雪あかりの路25】あかりの路会場の運河プラザ〜前庭と中庭にもロウソクが灯ってます

Otaru_20230211-201938

ロウソクの灯りが小樽の街を幻想的に照らす「第25回小樽雪あかりの路」が、2023年2月11日(土)〜18日(土)の期間で開催中です。

3年ぶりの通常開催となっている今年の小樽雪あかりの路は、公式の会場としては、運河周辺にある程度集約しているのですが、その他、大幅縮小になった手宮線会場、さらには芸術村会場、天狗山会場があります。

そして、市内各所には町内会や学校、会社単位で参加している「あかりの路会場」というのがあって、それぞれ独自の手作りの雪あかりを灯しているんですよね。
※参照:あかりの路会場 – 小樽雪あかりの路

そんなあかりの路会場のうちの一つ、運河近くの運河プラザの雪あかりを初日の2月11日に見てきました。

実施しているのは小樽観光協会で、運河プラザの建物前の前庭と、建物の中から入れる中庭で開催しています。

期間はイベントと同じ2月11日(土)〜18日(土)です(会場によっては、期間が短いこともあるので注意です。参考:あかりの路会場 – 小樽雪あかりの路)。

まず、こちらが前庭の様子です。

Otaru_20230211-201757

Otaru_20230211-201805

Otaru_20230211-201735

消防犬ぶん公も素敵に照らされてました。
Otaru_20230211-201745

そして、建物内へ。

Otaru_20230211-201819

建物内では、観光客の皆さんが休憩中で、右奥にはワイングラスタワーが飾られてます(こちらは2月19日まで)。

Otaru_20230211-202336

そして、カウンター横から中庭に入ると、静けさの中にロウソクの灯りが揺れていました。

Otaru_20230211-202039

Otaru_20230211-201938

Otaru_20230211-202001

Otaru_20230211-201956

Otaru_20230211-202016

Otaru_20230211-202025

期間最終日の2月18日(土)は、運河プラザ中庭から、建物がつながっているお隣・小樽市総合博物館運河館への通り抜けができるそうです。時間は18:00~20:00までとのことです。

実は2月11日(土)・12日(日)も通り抜けできたそうですが、時間が間に合わなくて、見られなかった…失敗した〜

※イベントのロウソクの基本点灯時間は1700〜21:00になります(各会場や天候によって変更になります)。

ということで、あかりの路会場の運河プラザの様子でしたが、前庭はもちろん、中庭も静かで、とてもいい雰囲気なので、期間中の運河プラザに休憩に立ち寄った方は、中庭の雪あかりも楽しんでみるといいかもしれませんね。

※公式サイト:小樽雪あかりの路 – 雪に灯す、静夜の揺らめきに想い耽る

※参考:「小樽雪あかりの路25」始まりました…(2/11)運河プラザ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
※小樽雪あかりの路についての記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。
運河プラザ前の消防犬ぶん公コレクション2016【追記あり】

スポンサーリンク

|

« 小樽は2月13日〜14日にかけてまた20cm以上の降雪で積雪深115cmを記録 | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声 »

小樽雪あかりの路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽は2月13日〜14日にかけてまた20cm以上の降雪で積雪深115cmを記録 | トップページ | 【小樽雪あかりの路25】芸術村会場〜大きな滑り台から子供たちの楽しそうな歓声 »