« 花園公園通りのイチョウ並木の黄葉(11月8日の様子)【小樽の紅葉2021】 | トップページ | あがた森魚さんのトーク&ライブが市立小樽文学館で11月14日(日)に開催されます »

2021年11月11日 (木)

富岡歩道橋は完全撤去されて横断歩道ができてます

Otaru_20211108-144122

富岡歩道橋が完全に撤去されて、新しく横断歩道ができてます。

8月下旬にこのブログでもお知らせした富岡歩道橋の老朽化による撤去工事についてですが、その工事のために2021年9月1日から歩道橋が通行できなくなって、その後まもなく工事も始まりました。

10月上旬に見たときにはもう上の通路部分がなくなっていて、先日11月8日(月)に見たときには、もう歩道橋は跡形もなく、すでに横断歩道ができてました。

Otaru_20211108-144130

Otaru_20211108-144200

風景もだいぶ変わりました。

Otaru_20211108-144254

Otaru_20211108-144507

Otaru_20211108-144533

とはいっても、しばらく経てば、ここに歩道橋があったことも忘れてしまうくらい、この風景に慣れるのでしょうね。

ちなみに、こちらが以前の富岡歩道橋のあった時の風景です(2021年8月撮影)。
Otaru_20210824-142803

それが、こうなりました。
Otaru_20211108-144130

こうだったのが。
Otaru_20210824-143038

こうなりました。
Otaru_20211108-144234

このブログでは、歩道橋の上から見る風景が、遠くまで見渡せたりと、日常とは違った風景を見ることができたりするということもあって、街歩きの一つとして歩道橋に注目していて、その様子をカテゴリー「歩道橋から」にまとめているんですよね。

ここにあった富岡歩道橋の上からの風景も、なかなかよくて、こんな眺めでした。Otaru_20210824-143215

坂の下は浅草通り/日銀通りの先に海が見えました。左には小樽市指定歴史的建造物の旧遠藤又兵衛邸が見えます。

山側はバス通りでもある通りは左に曲がっていて、まっすぐ先の突き当たりには、浅草寺(あさくさでら/浅草観音寺)があって、左手遠くには天狗山も眺めることができました。
Otaru_20210824-143210

コープさっぽろみどり店の立派な石垣の様子も、こういった角度から見ることができました。
Otaru_20210824-143307

もうこういった風景は見ることができませんが、歩道橋の老朽化はかなり進んでいましたし、歩道橋の上り下りは大変なので、撤去はしょうがないですかね。

今後は横断歩道を利用することになります。

【関連記事】
富岡歩道橋が撤去工事中〜上の通路部分はもうなかった
富岡歩道橋が撤去工事のために9月1日から通行できなくなります

スポンサーリンク

|

« 花園公園通りのイチョウ並木の黄葉(11月8日の様子)【小樽の紅葉2021】 | トップページ | あがた森魚さんのトーク&ライブが市立小樽文学館で11月14日(日)に開催されます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小梅太郎さま

貴ブログで改めて気づいたのですが、コープは立派な石垣の上にあるのですね。この石垣は何ですか?

投稿: know the moon | 2021年11月12日 (金) 12時07分

こんばんは。私も歩道橋好きです。太郎さんのブログの歩道橋シリーズも大好きです。
街の様子が変わってゆくことに抵抗はありますが、次の風が入って来なければその街の発展も止まってしまいますよね。後ろばかりではなく、前も見なくてはいけませんね。
明日は参加出来なくて残念ですが、来月の講座ははりきって行きますので、どうぞよろしくおねがいします。

投稿: ムサママ | 2021年11月12日 (金) 20時21分

know the moonさん、こんばんは。
そうなんですよね。ここの石垣は本当に立派ですよね。
具体的に、ここにどのような建物が建っていたのかは分かりませんが、この場所は大正末期の地図には「三菱社宅」と記入されていて、三菱系列の支店長宅などが並んでいたそうです。
ブログで次のような記事を書いているので、参考にしてください。
http://koume-taro.cocolog-nifty.com/otaru/2020/09/post-6bb780.html
(富岡町のコープさっぽろみどり店の石垣に以前建っていた建物の写真)


ムサママさん、こんばんは。
歩道橋って、普段と違う眺めが見られて、とても面白いですよね。
そうですね。これまでのものがなくなるのには、寂しさや抵抗はどうしてもありますよね。
昔ながらのそのままのものと、新しく変わっていくものと、それぞれが調和して、街が発展していくといいですね。
明日は残念ですが、来月、お会いできるのを楽しみにしています!!

投稿: 小梅太郎 | 2021年11月13日 (土) 00時18分

小梅太郎さま

ご回答をありがとうございます。
三菱ですか、当時の小樽の繁栄はすごかったのですね。太郎さんのブログのお陰で小樽を違った角度から見ることが出来ます。ありがとうございます。

投稿: know the moon | 2021年11月14日 (日) 09時40分

know the moonさん、こんにちは。
私もまだまだ知らない小樽がたくさんあって、まだまだ小樽に興味が尽きません!!

投稿: 小梅太郎 | 2021年11月15日 (月) 12時36分

歩道橋がなくなったのは残念ですが、あったらあったで歩行者が歩道橋を通らず道路を乱横断するのが後を絶たず危険な状態でした。また一つ歩道橋からの景色が見れなくなっていくのは老朽化による保守の費用を捻出するのが、歩行者の通行量に合わずだんだん難しくなってきたのでしょうね。

投稿: | 2021年11月17日 (水) 21時37分

こんばんは。
確かに、歩道橋を上って渡るのは、それなりに大変ですし、歩道橋を使わず道路を渡ってしまう方もいますよね。危ないですね。
老朽化による保守を考えると、きっと今後は撤去の方向になるのでしょうね。
歩道橋からの眺めを見られなくなるのは残念ですが、それもやむを得ないですね。

投稿: 小梅太郎 | 2021年11月17日 (水) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花園公園通りのイチョウ並木の黄葉(11月8日の様子)【小樽の紅葉2021】 | トップページ | あがた森魚さんのトーク&ライブが市立小樽文学館で11月14日(日)に開催されます »