« あれ!?「北のアイスクリーム屋さん」は閉店してるの!?〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧嶋谷倉庫 | トップページ | 感染者が確認されて休業していた南樽市場と新南樽市場は再開してます »

2021年6月26日 (土)

運河近くの小さな石造倉庫「旧嶋谷倉庫」は小樽市指定歴史的建造物〜あれ!?「シマ」の字が“島から“嶋”に!?

Otaru_20210615-151314

小樽運河沿いの臨港線の1本山側の細い道路沿いに小さな石造の倉庫があります。

この倉庫は、小さいながらも小樽市指定歴史的建造物の「旧嶋谷倉庫」です。

明治25年(1892年)建築の木骨石造の倉庫です。

(その小ささでかえって目立ってるかも)
Otaru_20210615-151234

場所は、臨港線沿いの中国料理レストラン「好(ハオ)」(こちらも小樽市指定歴史的建造物の旧通信電設浜ビル)の裏手になります。

(この臨港線の1本山側の細い通りは、かつて出抜小路と呼ばれた通りです)Otaru_20210615-151222

横は小樽芸術村のステンドグラス美術館(小樽市指定歴史的建造物の旧高橋倉庫)で、色内大通り側から見ると、小樽芸術村の旧三井銀行小樽支店(小樽市指定有形文化財)横の広場の奥に位置してます。

Otaru_20210615-151332

Otaru_20210615-151356

小樽市のHP内から、建物の概要について引用させていただきます。

木骨石造の特徴をよく伝える小さな倉庫です。室内側に木で骨組みを造り外壁に石を積む構造です。木と石は「かすがい」(鋼の両端を曲げ、先を尖らせたもの)でつないでいます。この構造の建物は、小樽市内に約350棟あることが平成4年の調査で確認されています。
小樽市指定歴史的建造物第42号【旧嶋谷倉庫】 | 小樽市

ということで、小さくても小樽の歴史を今に伝える建物なんですね。

Otaru_20210615-151240

Otaru_20210615-151248

※この建物に入っていた「北のアイスクリーム屋さん」は閉店したとのことです(閉店時期などの詳細は不明です)。

旧嶋谷倉庫の建物名の表記について

で、今回、市のHPの建物概要について改めて見て、あれ!?っと思ったのですが、建物名の表記が変わってました。
小樽市指定歴史的建造物第42号【旧嶋谷倉庫】 | 小樽市

以前は、建物名称の「シマ」の字は“島”でしたが、“”に変わってます。

実はこのことについて、市の建設部新幹線・まちづくり推進室にお尋ねしたのですが、表記に疑義が生じて調査したそうで、以前から両方の表記が存在しているものの、もとの会社「嶋谷汽船」の創業者血縁の嶋谷徹氏の著書「嶋谷海運業史」において、社名表記が「嶋」で一貫していることもあって、令和2年より「嶋」の字を採用することが妥当と判断し改めたそうです。

小樽市指定歴史的建造物の案内板の表記も変わっていました。

Otaru_20210615-151256

※今回、旧嶋谷倉庫の建物名表記について、建設部 新幹線・まちづくり推進室にて確認させていただきました。また、北のアイスクリーム屋さん閉店の件も確認させていただきました。この場を借りてお礼させていただきます。どうもありがとうございました。

【関連記事】
あれ!?「北のアイスクリーム屋さん」は閉店してるの!?〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧嶋谷倉庫
※以前の旧嶋谷倉庫についての記事です。
こじんまりとした石造倉庫「旧島谷倉庫(現 北のアイスクリーム屋さん)」は歴史的建造物
※その他の関連記事
富岡町の気になる坂道を上ってみたら、その先に歴史的建造物の旧島谷汽船社長宅が建っていた

スポンサーリンク

|

« あれ!?「北のアイスクリーム屋さん」は閉店してるの!?〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧嶋谷倉庫 | トップページ | 感染者が確認されて休業していた南樽市場と新南樽市場は再開してます »

歴史的建造物 倉庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれ!?「北のアイスクリーム屋さん」は閉店してるの!?〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧嶋谷倉庫 | トップページ | 感染者が確認されて休業していた南樽市場と新南樽市場は再開してます »