« 今年も小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)をひとつ口に入れて雪かきのお供に | トップページ | 「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン開催中!!〜夜の小樽をテーマにTwitterとInstagramで投稿を募集 »

2021年1月17日 (日)

いよいよ妙見市場が解体!?〜建物周囲に足場が組まれてました

Otaru_20210115-150620

先日、2020年(令和2年)3月31日をもって閉店した旧妙見市場に行くと、建物周囲に足場が組まれ、正面部分はシートで覆われていました。

いよいよ解体工事が始まるようです。

Otaru_20210115-150634

もともと閉店後の建物は、2021年3月までに解体する方針ということだったんですよね。

Otaru_20210115-150722

妙見市場は於古発川(おこばちがわ)の上に建つという、とても珍しい立地の市場で、カマボコ型が特徴の建物は1964年(昭和39年)に建てられたものだったのですが、建物の老朽化がかなり進み、維持費も負担になっていたとのことで、2020年3月いっぱいでの閉店となってしまいました。

当初はA・B・C棟と3棟あったのですが、店舗が徐々に減って2012年にA・B棟が解体され、その後は閉店まで山側にあったC棟のみで営業していたんですよね。

Otaru_20210115-150750

そのC棟も解体されるとのことで、川の上に建つという、このとても珍しい市場建築もついに姿を消してしまうんですね。寂しいですね。

(昨年12月撮影)
Otaru_20201219-110757

【関連記事】
妙見市場の歴史と閉店間際の様子〜2020年3月31日をもって閉店した“妙見市場の想い出”
いよいよ妙見市場が閉店してしまいます(2020年3月31日をもって閉店)
まもなく閉店してしまう「妙見市場」に買い物に行ってきたので市場の様子を

スポンサーリンク

|

« 今年も小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)をひとつ口に入れて雪かきのお供に | トップページ | 「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン開催中!!〜夜の小樽をテーマにTwitterとInstagramで投稿を募集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)をひとつ口に入れて雪かきのお供に | トップページ | 「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン開催中!!〜夜の小樽をテーマにTwitterとInstagramで投稿を募集 »