« バス停「清水町」から「桜陽高校下」までの勾配15%の坂道 | トップページ | ニュースより/小樽観光ガイドマップ「もっともっともっと小樽」の2021年度版は発行を見送り »

2020年11月20日 (金)

小樽写真研究会「堂堂展vol.29」が市立小樽美術館で開催しているので見に行ってきました(11月23日まで)

Otaru_20201118-164106r

市立小樽美術館で、2020年11月18日(水)〜11月23日(月・祝)の期間で、小樽写真研究会による写真展「堂堂展vol.29」が開催されています。

場所は市立小樽美術館1階の一番奥にある市民ギャラリーです。時間は10:00〜17:00(22・23日は16:00まで)で、入場は無料です。

ということで、観にいってきました。

小樽写真研究会は、「DEEP」という企画で小樽のある地区をテーマに、著名の写真家さんたちでもある会員各自の視点で撮影した写真を発表し続けているんですね。

で、今回の「DEEP」の町は、「塩谷・桃内・忍路・蘭島」ということで、今回もと〜っても面白かったです。

私も何度か塩谷・桃内・忍路・蘭島方面を歩いてますが、“あ〜あそこだ〜!”とか“ここってどこだろ〜”とか、日常のふとした風景や状況を切り取った写真の数々は、本当に興味深く観させてもらいました。

その他に、入って右の部屋では自由テーマでの写真も展示されています。

Otaru_20201118-151000

この堂堂展は、期間中にもう一度見にいきたいです。

※参考:小樽写真研究会 堂堂展 Vol.29 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽写真研究会「堂堂展vol.28」が市立小樽美術館開催しているので見に行ってきました(7月15日まで)

スポンサーリンク

|

« バス停「清水町」から「桜陽高校下」までの勾配15%の坂道 | トップページ | ニュースより/小樽観光ガイドマップ「もっともっともっと小樽」の2021年度版は発行を見送り »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バス停「清水町」から「桜陽高校下」までの勾配15%の坂道 | トップページ | ニュースより/小樽観光ガイドマップ「もっともっともっと小樽」の2021年度版は発行を見送り »