« 手宮緑化植物園・手宮公園・小樽稲荷神社の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2020】 | トップページ | 旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理工事が本格的に始まっています。工事は令和5年(2023年)6月までの予定 »

2020年10月30日 (金)

色内大通り沿いの旧丸本水産跡地は更地に。ん?株式会社魁陽亭所有地!

Otaru_20201020-160131

色内大通り沿いの運河公園近くの、旧丸本(まるほん)水産株式会社の建物が解体されているという話題は、このブログでも取り上げましたが(→色内大通り沿いの旧丸本水産の建物が解体されてます)、その後、すっかり解体されて、跡地は更地になっています。

※写真は2020年10月20日撮影。
Otaru_20201020-160558

ここに建っていた旧丸本水産株式会社の建物については、もとは昭和3年(1928年)に日本通運小樽支店として建てられたという、なかなか歴史のある建物で、横には渡り廊下でつながった住宅部分の建物もあり、裏にはその前に料亭があった頃の石蔵もあったんですよね。

この旧丸本水産の建物については、先ほどの解体時の記事のほか、次のような記事も書いているので読んでみてください。
先日、壁が剥がれ落ちた色内の建物は旧丸本水産株式会社(旧日本通運小樽支店)

ところで、すっかり更地になった解体跡に土地ですが、よく見るとこんな看板が立っていました。

Otaru_20201020-160156

株式会社魁陽亭の所有地となっていますね。

看板の下には「KAIYOTEI KOSHIJI」の文字もありますが、花園銀座商店街入り口角の2階に今年(2020年)2月にオープンしたカフェがその「魁陽亭 越治」で、運営会社が株式会社魁陽亭でしたね。

いや〜、何ができるのでしょうかね。

ちょっと気になりますね。

株式会社魁陽亭といえば、三本木急坂の途中にある、小樽市指定歴史的建造物でもある老舗料亭「海陽亭(旧魁陽亭)(かいようてい)」の再生を進めている事業会社ですが、そちらもどうなっているのか、とても気になるところです。

魁陽亭 越治|KAIYOTEI KOSHIJI
海陽亭 | KAIYOTEI

※位置的には、隣が小樽市指定歴史的建造物の旧日本郵船(株)小樽支店残荷倉庫で、その隣が重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店になります。
Otaru_20201020-160640

【関連記事】
花園銀座商店街入り口角のビル2階に「BOOKCAFE & BAR & HOSTEL 魁陽亭 越治」が2月8日(土)にオープン
ニュースより/歴史的建造物の「旧魁陽亭」が再生に向けて改修工事予定。隣接地に新設するホテルとともに開発
小樽商大が歴史的建造物「旧魁陽亭」の調査研究を紹介する公式サイトと公式Facebookページ開設

スポンサーリンク

|

« 手宮緑化植物園・手宮公園・小樽稲荷神社の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2020】 | トップページ | 旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理工事が本格的に始まっています。工事は令和5年(2023年)6月までの予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手宮緑化植物園・手宮公園・小樽稲荷神社の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2020】 | トップページ | 旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理工事が本格的に始まっています。工事は令和5年(2023年)6月までの予定 »