« 小樽運河の北側の北運河地区周辺にあるお店や観光施設などを紹介する観光マップができてます | トップページ | 小樽市総合博物館運河館でトピック展「額縁の世界〜名脇役のお仕事」が開催中 »

2020年10月13日 (火)

ペットボトルの「小樽の水」が販売終了に(在庫があるのでしばらくは購入できそうです)

Otaru_20190217-112844t

小樽はありがたいことに水が美味しくて、水道からの水を毎日普通に飲んでいます。

なんと、そんな小樽の水をペットボトルに詰めた「小樽の水」という商品があって、隠れたご当地人気(?)商品だったりするんですが、その「小樽の水」が販売終了になるそうです。

小樽市のHPによると…

ボトルドウォーター「小樽の水」については、製造を継続することが困難となりましたので、在庫(2021年9月賞味期限)限りで販売を終了することとなりました。
なお、令和2年10月1日現在で在庫は400箱程度あります。引き続きご購入いただけますので、よろしくお願いいたします。
長年ご愛顧いただき、ありがとうございました。
小樽市 :小樽の水

ということで、まだ在庫があるので、しばらくは販売は続くようですが、なぜ製造が困難になったのかは分かりませんが、終了は決まってしまったようですね。

「小樽の水」は、観光地のショップなどで販売してます。

上記サイトの商品説明によると…

小樽の水は、恵まれた自然環境の中で育まれ、炭酸ガスや酸素などがほどよく溶けていることなどから清涼感があります。そして、ミネラルがバランスよく含まれ、口当たりが良いため、おいしいと言われています。
ボトルドウォーター「小樽の水」は、このおいしい水を原材料とし、ヤシガラ活性炭や加熱殺菌処理により塩素を取り除いて、自然のおいしさを詰めたものです。
小樽市 :小樽の水

Otaru_20190217-112852t

ということで、この商品は2005年から販売していたそうですが、こういう小樽の名前のついた、しかも「水」という、ちょっと珍しい商品はなかなか面白かったので、なくなってしまうのは残念ですね。

在庫があるうちに、私も記念に買っておこうかな。

小樽市 :小樽の水

【関連記事】
ペットボトル「小樽の水」の人気が低迷しているそうです
ペットボトルの小樽の水

スポンサーリンク

|

« 小樽運河の北側の北運河地区周辺にあるお店や観光施設などを紹介する観光マップができてます | トップページ | 小樽市総合博物館運河館でトピック展「額縁の世界〜名脇役のお仕事」が開催中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽運河の北側の北運河地区周辺にあるお店や観光施設などを紹介する観光マップができてます | トップページ | 小樽市総合博物館運河館でトピック展「額縁の世界〜名脇役のお仕事」が開催中 »