« 小樽の老舗「吉川食器店」が閉店!?在庫処分セールが行われています | トップページ | 今年も小樽運河から於古発川下流に鮭がきてます〜見ていてちょっと切なくなる »

2020年9月22日 (火)

フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2020年9月号(Vol.58)〜今号は「桜本通りを歩く」

Otaru_20200920-044144

はい、いつもの宣伝です。私・小梅太郎が連載を持たせてもらっている、フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」(編集発行:株式会社K2)の2020年9月号(Vol.58)が発行されてます。

“歩く”シリーズで連載をもたせてもらっている小樽チャンネルマガジン、今回は通りに注目して、桜町の国道5号線から山側に入っていく、バス通りにもなっている桜本通りを歩いてきました。

ということで、今号は「桜本通りを歩く」です。

通りの先には桜ロータリーというちょっと珍しいロータリー交差点があり、さらに通りは坂道の先の熊碓神社まで続いています。桜町も坂の街ですが、熊碓神社に向かう途中からの眺めがとても良かったりするんですよね。

興味のある方は、小樽チャンネルマガジン2020年9月号(Vol.58)を読んでみてください。

ちなみに、ここは市道で「桜町本通線」という名称とのことで、こちらの表記を目にすることも多いですが、地元の方はどっちで呼ぶことが多いのかな(それとも別の呼び方があるのかな?)。

Otaru_20200920-044217

小樽チャンネルマガジンは、観光案内所のほか、美術館・文学館、図書館、博物館、市内の商店街・飲食店・ホテルなどで配布されています。私は今回、文学館で入手しました。
※小樽チャンネルマガジンの設置場所の詳細はこちら:マガジン設置場所 | 小樽チャンネル

フリーペーパーが入手できなかったり、市外の方などは、小樽チャンネルのサイトで電子版を読むことができるので、そちらを利用していただければと思います。全バックナンバーを読むことができます。
※電子版はこちらから:小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル

ということで、小樽チャンネルマガジン2020年9月号(Vol.58)の宣伝でした。

そうそう、今号の真柄さんによる小樽写真は、先日解体になった運河の「艀」の解体日朝の写真で、これがなんともいえず、艀にお疲れさまと声をかけたくなるような素敵な写真なんですよね。さらに、小樽商大の高野先生による連載「小樽れっけん」も艀についてで、ここにしっかりと小樽運河最後の艀の記憶と記録が書き残されていますので、ぜひ。

【関連記事】
フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2020年8月号(Vol.57)〜歩くシリーズ復活!!今回は「船浜町を歩く」
桜町と熊碓村〜今回の桜町の記事のまとめ
小樽運河に残る最後の艀(はしけ)の様子〜8月17日から解体予定

スポンサーリンク

|

« 小樽の老舗「吉川食器店」が閉店!?在庫処分セールが行われています | トップページ | 今年も小樽運河から於古発川下流に鮭がきてます〜見ていてちょっと切なくなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小梅様こんにちは。
堺町通りも少しずつ人出が戻っているようですね。
桜のロータリーはくせ者です。海側から上ってくると一時停止はなく
その他の三方からの進入は一時停止があります。小樽は坂道なので
下からの進入は一時停止を求めてません(警察署の見解です)。
そのため、本来は既に交差点に進入している車輌が優先ですが、
あたかも上りで入ってくる車輌が優先するような作りです。
とても危険なロータリー(交差点)です。

投稿: dialin6700 | 2020年9月22日 (火) 14時44分

dialin6700さん、こんばんは。
堺町通りに行ってみましたが、本当にだいぶ人出が戻ってますね!!
なんと桜ロータリーはそうでしたか。気づきませんでした!!
下からの進入は一時停止を求めてないとは。
それは知らないと、なかなか危険ですね。

投稿: 小梅太郎 | 2020年9月23日 (水) 02時53分

 小梅太郎様 こんにちは。
桜ロータリー、珍しいロータリーで何とかと言う名前なのですよね。
交通信号機が無いロータリーです。
小樽チャンネル・Vol.58 きょう図書館で貰ってきました。
続けて読んでいます。無料で!読み応えありますね。
小梅様、いつもご足労・・・ありがとうございます。

投稿: hiro | 2020年9月23日 (水) 15時27分

hiroさん、こんにちは。
桜ロータリー、珍しいですよね。
名前はなんだろう。ラウンドアバウトかな?(よく分からなくてごめんなさい)。
小樽チャンネルマガジン、Vol.58も手にされたのですね。
フリーペーパーながら、本当に読み応えがありますよね。
もうすぐ紅葉で、散策にはいい季節ですね。

投稿: 小梅太郎 | 2020年9月24日 (木) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽の老舗「吉川食器店」が閉店!?在庫処分セールが行われています | トップページ | 今年も小樽運河から於古発川下流に鮭がきてます〜見ていてちょっと切なくなる »