« 色内大通り沿いの旧丸本水産の建物が解体されてます | トップページ | 海沿いの町・船浜町【まとめ記事】〜7月に歩いてきた船浜町の記事のまとめ »

2020年9月 4日 (金)

小樽運河最後の艀は場所を移動してすっかり解体されています

Otaru_20200901-164325

小樽運河に残る最後の(はしけ)が解体されるというニュースがあったのが、7月26日のことでした(2020年7月26日付北海道新聞朝刊第3社会欄)。

その後、8月17日から解体作業が始まるということで、私もその前にと、小樽運河の北側、通称・北運河の端のすぐ手前に残る、艀の最後の姿を見に行きましたが、現在はこんな状況です(2020年9月1日撮影)。

Otaru_20200901-164312

Otaru_20200901-164329

対岸に移動していて、もう底の部分以外は何もありませんね。

解体作業は本当に17日からすぐに始まったようで、そのことはニュースにもなっていて、17日の撤去作業で、艀をロープで引っ張り対岸に移動して、その日のうちに作業員が甲板の木材などを取り除いたそうです(※参照:2020年8月18日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄)。

この艀は、1969年建造の鋼製で、市内の郵船海陸運輸(現ノーススタートランスポート)が1989年に市に寄贈したものだそうで、市が北運河に停泊させていたのですが、近年は継ぎ目や穴から浸水し、一部が水没するなど老朽化が進み、改修も困難との判断で、解体・撤去となってます。

艀が停泊していた元の場所は、主人がいなくなり、案内板だけがまだ残っていました。

Otaru_20200901-164407

ちなみに、こちらが元の姿です。
Otaru_20200812-160854

解体されるとあっという間ですね。

※関連ニュース
「小樽最後のハシケ」、市民らに見守られ解体進む - 小樽経済新聞

【関連記事】
小樽運河に残る最後の艀(はしけ)の様子〜8月17日から解体予定
ニュースより/小樽運河に残る最後の艀(はしけ)が撤去へ

スポンサーリンク

|

« 色内大通り沿いの旧丸本水産の建物が解体されてます | トップページ | 海沿いの町・船浜町【まとめ記事】〜7月に歩いてきた船浜町の記事のまとめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色内大通り沿いの旧丸本水産の建物が解体されてます | トップページ | 海沿いの町・船浜町【まとめ記事】〜7月に歩いてきた船浜町の記事のまとめ »