« 船浜町と桜町を繋ぐ国道5号線高架下の熊碓川沿いの通路 | トップページ | 船浜町内から壁の上の国道5号線に上る階段があったので上ってみた »

2020年8月27日 (木)

船浜町の線路に並行して続く道路を行き止まりまで歩いてみた

Blog20200724-153957

平磯岬から西の海岸の東小樽海水浴場(船浜町)は、すぐ後ろを海岸に沿って線路が走っています。

線路を挟んで海岸と反対側は、船浜町の住宅地となっているのですが、その住宅地側に線路に沿って道路があって、先日、船浜町に行った時にその道路を歩いてきました(写真は7月24日撮影)。

船浜町の線路に並行して続く道路を行き止まりまで歩いてみた

ちなみに平磯岬から朝里方面に細長く位置する船浜町は、線路と山側の国号5号線との間が住宅地となっています。

その細長い町の中を通る道路は、途中から線路に並行して、時折、住宅街に入っていく道はあるものの、ほぼ一本道で線路沿いに続いているんですよね。

Blog20200724-153221

Blog20200724-153320

Blog20200724-153339

線路の向こうは海です。

Blog20200724-154008

(振り返ってみたところ)
Blog20200724-154011

時折、電車がやってくると、すぐ近くを大きな音と共に通るので、かなりの迫力です。

Blog20200724-153705

Blog20200724-153714

ただ、電車がすぎると、あたりはとたんに静かな海沿いの町となります。

しばらく歩いていくと、道路は行き止まりになりました。

Blog20200724-154143

歩いた距離としては300mほどと、思ったより短かかったです。

船浜町の範囲としては、この先の朝里川までが範囲になるのですが、歩けるのはここまでなんですね。

Blog20200724-154102

なんか、道路の端っこって、これ以上行けない所まできたという感じで、いいかも(笑)

(あっ、また電車がきた)
Blog20200724-154121

ということで、船浜町の線路のすぐ横の道路を行き止まりまで歩いてきた、その様子でした。

※今回歩いてきた道路。

※船浜町の位置。

Blog20200724-154254

※この時に船浜町を歩いて、その様子を連載中の小樽チャンネルマガジン2020年8月号Vol.57に「船浜町を歩く」というタイトルで掲載させていただきました。今回はそのタイアップ記事ですね。

【関連記事】
船浜町と桜町を繋ぐ国道5号線高架下の熊碓川沿いの通路
船浜町内と小樽港縦貫線を繋ぐ道路(勾配11%の短い坂道)
東小樽海水浴場とそのすぐ後ろに線路のある風景(2020年シーズンの東小樽海水浴場の開設は終了してます)
平磯岬をぐるっと回る道路からの海の見える風景
「桜地下歩道」を通って国道5号線を桜町から船浜町に渡る

スポンサーリンク

|

« 船浜町と桜町を繋ぐ国道5号線高架下の熊碓川沿いの通路 | トップページ | 船浜町内から壁の上の国道5号線に上る階段があったので上ってみた »

小樽の通り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船浜町と桜町を繋ぐ国道5号線高架下の熊碓川沿いの通路 | トップページ | 船浜町内から壁の上の国道5号線に上る階段があったので上ってみた »