« 当地検定「おたる案内人」を実施する小樽観光大学校による講座「まちかど教室」の今年度の残りは(5・6・8・10月)は中止 | トップページ | 国道5号善沿いの住の江市場跡地に河辺石油の給油所ができるようです »

2020年7月 3日 (金)

船見坂沿いの旧ホテル稲穂の建物が覆われて工事中です

Otaru_20200621-140608

JR小樽駅のすぐ近くで、船見坂沿いの旧ホテル稲穂の建物が覆われて工事中です。

ホテル稲穂は、2020年1月5日をもって休業していたんですよね。

といいつつ、いや〜、すいません、実はこの件はあまりにも情報がなくて、はっきりとしたことが分からなくて申し訳ないのですが、ホテル稲穂は1月で法人としては解散したようで、ホテル内も片付けていたのですが、改装の為に休館というお知らせが旅行サイトに掲載されていたりもしていたんですよね。

いったい、その辺りがどうなっているのか、結局その後、一般に向けてのアナウンスはなかったと思うのですが、先日、読者さんから改装工事が始まっているというコメントをいただきまして、まずは見にいってみました。

工事中ですね(6月21日の様子。船見坂の下の方です)。
Otaru_20200621-140558

Otaru_20200621-140608

で、工事の看板を見てみると、(仮称)アルファベッドイン小樽駅前改修工事、という名称ですね。

Otaru_20200621-140536

私は知らなかったのですが、アルファベッドという名称のホテルグループがあるようですね。
Alphabed - アルファベッド - 私だけが知るくつろぎ空間で心地よいひとときを。

結局、ここでも詳しいことは分からなかったのですが、ひとまず、改修工事ということで、どうやら新しく宿泊施設として生まれ変わりそうですね。

しばらくは、様子を気にしておこうと思います。

【関連記事】
船見坂の「ホテル稲穂」が休業!?【情報提供】

スポンサーリンク

|

« 当地検定「おたる案内人」を実施する小樽観光大学校による講座「まちかど教室」の今年度の残りは(5・6・8・10月)は中止 | トップページ | 国道5号善沿いの住の江市場跡地に河辺石油の給油所ができるようです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この稲穂ホテルの裏側から、小樽駅への抜け道が好きでショートカットしてましたね。三角市場は避けて、啄木の歌碑を見てましたね。
ところで、旧稲穂ホテルのそばのアリンコモウダッシュに去年の秋に行きました。
評判のオムライスが美味しかったし、お客は一杯でしたが、このコロナ禍でああいう個人のレストランが心配ですね。

投稿: John 1940 | 2020年7月 3日 (金) 15時02分

小梅太郎さん、こんばんは。
アリンコモウダッシュのオムレツは美味しいですよね。
お店の雰囲気もとても良く、ゆったりできます。
評判のマフィンも食べてみたいのですが売り切れで、まだ食べたことがありません。
子どもの頃からのお店や新しく見つけたお店、次回の帰省で行きたいと楽しみにしています。
館は元気かな〜

投稿: EKO | 2020年7月 3日 (金) 17時04分

皆様、こんにちは‼ホテル稲穂は実家への道中にあるホテルで、いつも行き帰りには目にしていました。余り流行っているようには見えなかったので、いつかは閉館のひを迎えるものと思っていましたが、いざ現実となると、寂しい気がします。話題になっているアリンコ・モウダッシュという店は、一度も入った事はありません。その前の前の、フランス料理のビストロ時代には一度だけ利用した事があります。冬場の寒い時で、同郷の同業者と利用しました。確かジェフがフランス人で、日本の方と結婚されたと聞いてます。オムライスが大好きなので、帰省出来た時には立ち寄ってみたく思います‼啄木の歌碑、私もよく知っています。懐かしいです。冬、雪の降っている中で、その啄木の歌碑を見ると、また一段と風情があって良いものですよ。

投稿: 多摩HT | 2020年7月 3日 (金) 19時44分

皆さんと同じくアリンコモウダッシュ大好きです❣️
コロナになってからは行っていませんが、小樽に行ってはアリンコか三幸かなると、みよ福…
懐かしい、行きたいっ。昔風オムレツ食べたい。マフィンはいつもテイクアウトしてます。
ところとで、直しているホテルの山側向かいに国鉄の独身寮ありましたよね?
もう何か立ったんですか?

投稿: 桃 | 2020年7月 3日 (金) 23時49分

多摩HTさん、あの旧ホテル稲穂の近くは何度も通ったんですけど、確かにお客さんが入っている姿を見た記憶がございませんね。大丈夫かな?と思ってましたね。
アリンコモウダッシュは、この小梅さんのブログを読んで行きたくなったのですよ。
何年か前の記事ですね。
それから、啄木にはとてもとても敵いませんが、私も『小樽北運河かもめや日記』というブログにJohn 1940でコメントしてますから、また検索してくださいね。私の定宿です。
小梅さん、よそのブログの宣伝をしてすみません!

投稿: John 1940 | 2020年7月 4日 (土) 01時13分

John 1940様。『小樽北運河かもめ屋日記』というブログ、知りませんでした。ご教示有り難うございます。実は私も今の三角市場には閉口しています。大学一年時分の三角市場は、「近隣市民」の市場でしたが、学部四年~大学院進学の頃には、今のような「観光客」の市場に豹変していました。その頃帰省して前を通りかかると、小樽駅側の入り口付近の商店の人が、「お兄さん、いい格好してどこから来たの?」といきなり話しかけられ、呆れましたね。以前は良い物ばかりを商う良い市場でしたのに。船見坂を下った正面に中央市場がありますが、そちらを覗かれた事はありますか?三角市場よりは、まだましな市場の面影を残しています。

投稿: 多摩HT | 2020年7月 4日 (土) 09時32分

小梅太郎さん、こんにちは。
今日は雨模様です。
カモメやさんのことは何年か前に小樽を検索していて知り、宿泊してみたいと思いましたが、なんとなく敷居が高く未だ実現していません。
心残りにならないように実現したいです。

小梅太郎さん、同じコメントを送ってしまいました。削除、よろしくお願いします。

投稿: EKO | 2020年7月 4日 (土) 11時54分

John 1940さん、こんにちは。
稲穂ホテルの裏側、私もよく通ります!!
アリンコモウダッシュ、行きましたか!!
ここ、大人気です。コロナ禍の中でも元気に営業しているようです。


EKOさん、こんにちは。
アリンコモウダッシュ、オムレツの美味しさはもちろん、お店の雰囲気もいいですよね。
マフィンも美味しいです!!けど、私も久しく食べてないです。オムレツも。食べたい!!
館はどうだったかな〜
(コメント片方、削除しました)


多摩HTさん、こんにちは。
目立たないホテルでしたが、立地の良さから便利に利用していた方も多かったようなのですが…
新しい宿泊施設がどういうところなのか、気になりますね。
アリンコモウダッシュは2015年にオープンしたオムライスのお店なのですが(マフィンも人気)、お店の雰囲気もよくとても人気です。
そうでした、以前はフランス料理のお店でしたね(私は行ったことがないのですが…)。
小樽駅を背景とした啄木の歌碑、風情がありますね。
三角市場、昔は呼び込みが酷くて、敬遠されることが多く、その印象で今も行かない市民が多いですが、市場内食堂を充実させて、観光に特化したことにより、とても活気があって人気の市場となっています。
ただ、やはりこのコロナ禍で、厳しい状況になっているので、なんとか頑張ってもらいたいです。


桃さん、こんにちは。
桃さんも!!アリンコモウダッシュ大人気!!
よく行かれているのですね。早くコロナが落ち着くといいですね。
ホテルの山側向かいの建物、今もありますね。
地図上ではJR北海道小樽寮となってますが、未確認です。ごめんなさい。


みなさん、アリンコモウダッシュ好きですね。やっぱり人気のお店ですね。
あ〜、私も久しく行ってないので、食べに行きたくなりました!!


John 1940さん、多摩HTさん、EKOさん、こんにちは。
「かもめや日記」、実は私も好きなブログで、よく読んでいるんですよ。
女将さんの文章が、とても素敵なんですよね。
かもめやは、私も一度、訪れてみたいです。

投稿: 小梅太郎 | 2020年7月 4日 (土) 12時10分

ECO さん、かもめやのおかみさんはブログを読むとちょっと難しそうな人に思えますが、会って話すととても気さくで楽しい人ですから是非とも一度お泊まりくださいね。宿と合えばクセになりますよ。
実は、かもめやさんと小梅さんとは同時にブログを見付けたのですよ。だからどちらも小樽を盛り上げようとしておられますから応援してます!
多摩HT さん、中央市場は入りましたがやってる店が少なくて寂しいので、すぐに出てしまいました。観光と地元の商いを上手くやるのはとても難しいですよね。京都の錦市場も同様ですよね。

投稿: John 1940 | 2020年7月 4日 (土) 12時25分

John 1940様。そうなんですよね、今の中央市場は出店数が少ないので、なんとも寂れた感じが否めないのです。以前はそうでもなく、私の小学校~高校までの仲の良い友達の家も、かつては中央市場にお店を出して営業していました。中央市場と言うと、小梅さん、EKO さん、よいよいさんには御記憶がおありかと思いますけど、二棟目の運河側の出入り口の所に、山田帽子店と言うお店があり、しばしばテレビなどでも取り上げられていましたね。もうそのお店も無くなったと思います。

投稿: 多摩HT | 2020年7月 4日 (土) 13時35分

John 1940さん、ありがとうございます。
コロナが落ち着いて、かもめやさんの受け入れが始まっていたら是非宿泊させて頂きたいと思います。
多摩HTさん、残念ながら山田帽子店は記憶にありません。
18歳までしか小樽に住んでいず帰省したとはいえ行動範囲の狭かった私にはボーッと過ごしていたそれまでの記憶しかないんです。
小梅太郎さんのブログやそこで紹介された写真集などを取り寄せて、記憶を辿り胸をキュンキュンさせているところです。

投稿: EKO | 2020年7月 4日 (土) 15時59分

多摩HT様、山田帽子店、おぼえていますよ。残念ながら買い物をしたことはないのですが、市場の角の小さなお店でガラス戸の出入り口からミシンのあるお店の中の様子がよく見えました。テレビで取り上げられた時には すでにご主人はご高齢でしたから、お店がなくなってからも かなり経っていると思います。ここ数年の間に小樽の市場、ずいぶんなくなってしまい、昔の賑わいを知っている者としては寂しい限りです。 
山田帽子店で思い出しましたが、花園町には とらや帽子店というお店がありました。覚えている方はほとんどいらっしゃらないかな。父の友人のお店でした。昭和の小樽にはいろいろな専門店がありましたね。

投稿: よいよい | 2020年7月 4日 (土) 20時32分

よいよい様。そうでしたよね、出入り口にはミシンのある作業場が見えて、ベレー帽を被ったご主人が、ミシンに向かっていましたよね‼そしてとらや帽子店、勿論、覚えていますも実は小学校入学の時に、そこで学生帽を買って貰ったんです。よいよいさんの、お父上のお知り合いのお店だったんですね‼僕の記憶違いかも知れませんが、とらや帽子店の地殻に、店頭のガラスケースに、プラモデルを飾っていたお店があった筈ですが、よいよいさんは御記憶にありませんか?それから、とらや帽子店の近くには、釜飯の花屋があり、JRの高架の近くには、納豆料理を食べさせてくれる杉何とか、と言うお店もあり、何回か利用した事があるんです。よいよいさんのコメントで、花園銀座の色んな事を思い出せました。とっても懐かしいです‼

投稿: 多摩HT | 2020年7月 4日 (土) 21時34分

多摩HT様、とらや帽子店、ご存じでしたか。学生帽、懐かしいですね。弟もとらやさんであつらえました。いろいろなお店の思い出おありですね。私はあまり覚えていないのですが、大きなオムライスをたべる男の子の看板が怖かったのは帽子店の近くのお店ではなかったでしょうか。

投稿: よいよい | 2020年7月 4日 (土) 21時59分

よいよい様。その看板も覚えています‼ありましたよね。確かに子供心には不気味な感じの絵でした。とらや帽子店には、よく連れて行かれて帽子を買って貰いましたね。それから、同じ並び、もう少し先に進んだ所には、佐々木銃砲店がありましたよね。私が小学校三年生くらいの時には、夏場になるとカエルを売っていて、買って貰った事が何度かあります。その佐々木銃砲店からさらに進んで、角磯ハブタイのある交差点から二軒ほど先には、武田部道具店、さらにその少し先の右側の奥まった所に東宝映画館もあり、ゴジラ関係の映画を観に行きましたし、オリビア・ハッセイが主演をつとめた『ロミオとジュリエット』も観に行きました。雪が音もなく降っている日でした。

投稿: 多摩HT | 2020年7月 4日 (土) 22時46分

よいよい様。EKO 様。銀座街の懐かしいお店と言うと、左文字書店がありましたよね‼入り口入ってすぐ左手の階段を上ると参考書売り場に通じ、店舗一階奥に通じる階段もあり、御世話になった書店です。参考書や問題集以外にも、趣味の本として、一階の奥まった所にはクラシック音楽の棚があり、音楽之友社から出された専門書が沢山あって、よく買ったものです。音楽繋がりで言うと玉光堂はもとより、その少し先の光栄堂楽器店では、オーケストラのスコアやピアノの楽譜を買っていました。工藤書店はクラスメートのお店なんです。EKO さん、僕も18歳まで小樽で、現役で受かったため、高校卒業して直ぐに東京に出ることになりました。

投稿: 多摩HT | 2020年7月 5日 (日) 08時15分

多摩HT様、昨日のコメントから色々思い出していたところです。まさに左文字書店、あの階段がちょっとおしゃれでしたね。工藤書店は高校の教科書購入の指定書店でした。丸文書店もありましたね。レコードの玉光堂、楽器や楽譜の光栄堂(こちらはお店を改装して頑張っています)、マネキンに流行の生地をドレスのように巻き付けてウインドウを飾っていた河野商店、昆布せんべいのお店、額縁屋さんなどなど、懐かしさでいっぱいです。佐々木銃砲店の亀は記憶にないのですが、今頃の季節は店頭に花火が並んでいたと思います(記憶違いかも・・)、武田部道具店には剣道の武具がまるで身に着けているかのように飾られていました。近くには映画の看板を描くお店も。そして向かいは女子にはちょっと恥ずかしいストリップ劇場が。いつごろまであったかしら。50年ちかく前の話です。思い出を語り合うことができて本当に楽しかったです。ありがとうございました。

投稿: よいよい | 2020年7月 5日 (日) 13時18分

小梅太郎さん、みなさん、こんにちは。
左文字はよく利用していました。
丸文も利用していましたが、左文字は天井も高く明るい感じが記憶にあります。
小中高時代は二階にお世話になったかな^_^
楽譜を買ったのは左文字、丸文、玉光堂、、、どこだっかな〜
そうそう、花園銀座街があんなに坂だったとは小樽を離れて気がつきました。
慣れとは不思議なものですね。

投稿: EKO | 2020年7月 5日 (日) 13時37分

多摩HT様、佐々木銃砲店で売られていたのは、
カエルだったのですね。失礼しました。

投稿: よいよい | 2020年7月 5日 (日) 13時42分

よいよい様。EKO 様。ストリップ劇場は知らなかったです‼そういうのがあったのですね。武田部道具店のショウウィンドウですよね、剣道具一式を身につけた人形があったのは。そして店内には右側ですか壁に竹刀が並べてありました。武田部道具店のはす向かいには、紙専門のお店もありましたよね。また角磯ハブタイから花園十字街に向かうと、ちょうど角には落雁の宝船で有名な吉之屋さんもありました。そこの女将さんが、母の書道の御弟子さんで、小樽の実家に週一で見えてました。左文字は本当に繁栄していた頃の小樽を象徴する書店でしたね。米華堂のモンブラン、左文字で買った本を、そこに行ってモンブランを食べながら散読しました。昨日コメントした納豆料理屋さん、確か杉源と言う店名かと思います。私たちが小学校~高校頃の銀座街には個性的で、如何にも小樽らしいお店が沢山でした。ニューギンも、地下が北海ホテルと繋がっていて面白かったですよね‼本当に懐かしいです‼

投稿: 多摩HT | 2020年7月 5日 (日) 14時08分

山田帽子店、知っています。
毎日前を通っていました。
でも我が家は帽子はとらやでした。
「シャポーとらや」が店名でしたね。
丸文ではアルバイトしていました。
週の初めには前週の人気本ベスト3の本を宝船の落雁屋さん並びの道新(間違いだったらごめんなさい)に届けていました。

投稿: 桃 | 2020年7月 9日 (木) 00時36分

またまた失礼します。
昨日アリンコ行ってきました。
相変わらず美味しかったです。

投稿: 桃 | 2020年7月 9日 (木) 00時37分

桃さん、こんばんは。
桃さんも、色々とお詳しいですね!!
私は山田帽子店もとらやも記憶にないんですよね〜
みなさんの記憶力には驚きます!!
アリンコモウダッシュに行かれたのですね!!
いいですね〜

投稿: 小梅太郎 | 2020年7月10日 (金) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当地検定「おたる案内人」を実施する小樽観光大学校による講座「まちかど教室」の今年度の残りは(5・6・8・10月)は中止 | トップページ | 国道5号善沿いの住の江市場跡地に河辺石油の給油所ができるようです »