« 人気の小樽運河クルーズに乗ってきた!!小樽運河の魅力を再発見。船上からの風景は新鮮でした | トップページ | 小樽の昼カラで発生した新型コロナのクラスターは収束へ。営業自粛要請も解除に »

2020年7月19日 (日)

小樽堺町通り商店街作成の「PR動画 〜 絆 〜」に加藤浩次さんが応援メッセージ

新型コロナウイルスの感染症拡大の影響は、観光の街・小樽でも大きく、人気の観光スポットの堺町通りでも観光客の姿が激減しています。

そんな厳しい状況の中、小樽堺町通り商店街では、SNSでも話題になっている「自虐ポスター」シリーズを作成し続け、小樽愛で笑顔を忘れず、前向きに元気を発信しています。

そして今回、自虐ポスターシリーズのもう一つの物語として、利他の精神と仲間の大切さをテーマにした「PR動画 〜 絆 〜」を作成してます。

そして、その動画には、小樽出身で多方面で活躍しているタレントの加藤浩次さんが出演して、応援メッセージを寄せてくれているんですよね。

その動画「PR動画 〜 絆 〜」がこちらです。
(YouTubeチャンネル「【小樽】堺町とゆかいな仲間たち」から)

みんなで力を合わせて、お互いに助け合ってと、力強く応援メッセージを送ってくれている加藤浩次さんは、無償で協力してくれたそうです。

先日は、小樽出身のサカナクションの山口一郎さんが、小樽PR動画に出演してくれてましたよね。

小樽出身の著名な方が、故郷小樽をのためにこうやって応援してくれるのは、とっても嬉しいですね。

小樽市民も頑張っていきましょう!!

※こちらは小樽堺町通り商店街のFacebookページから。

※堺町通り商店街では、様々な情報を主にFacebookページで発信しているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
小樽堺町通り商店街 - ホーム(Facebookページ)

※関連ニュース:2020年7月18日付北海道新聞朝刊第4社会欄

【関連記事】
小樽堺町通り商店街がちょっと自虐的なポスターで元気を発信中!!
小樽青年会議所制作のサカナクション山口一郎さんも出演する小樽PR動画「忘れられないの小樽」がYouTubeで公開
ニュースより/小樽市での新型コロナウイルスのクラスター発生による感染拡大の状況を書き留めておきます【追記あり:7月5日時点】

スポンサーリンク

|

« 人気の小樽運河クルーズに乗ってきた!!小樽運河の魅力を再発見。船上からの風景は新鮮でした | トップページ | 小樽の昼カラで発生した新型コロナのクラスターは収束へ。営業自粛要請も解除に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小梅様。加藤浩次さん、東京在住が30年余になる筈ですが、故郷の小樽に向けて、熱い、そして厚い思いを語ってらっしゃいましたね。考えてみると、小樽出身もしくは小樽に縁のある著名人って、意外にいらっしゃいますよね。順及び時代不同に石原兄弟はもとより、水ノ江滝子、なかにしれい、室田日出男、宮本信子、坂口良子、木ノ内みどり、サカナクション、小林多喜二、伊藤整、初代観光庁長官の本保芳明各氏、私の業界関係では山内昌之、山内進、岩村忍、高橋伸夫(親族ではありません)各氏などでしょうか。既に鬼籍にハイラレタ方もいれば、現役を退かれた方もいらっしゃいますが、人口数に比べてこれだけの方々が輩出されているのは、嬉しいし心強いですよね‼そう言えば大学一年の時に、父の用向きに同伴して伊藤整夫人の御宅に伺った事を思い出しました。何の用向きだったのか、記憶にはありませんが、伊藤整を支えて来たという自負からか、凛とした方だった事は記憶にあります。初夏の暑い日でした。

投稿: 多摩HT | 2020年7月19日 (日) 14時27分

多摩HTさん、こんばんは。
本当に、こうやって加藤浩次さんが応援メッセージをよせてくれて、嬉しいですね。
確かに、小樽出身、小樽ゆかりの著名人って、古くから結構いますね(すいません、挙げてくださって方々の中には、存じあげない方もいらっしゃいますが…)。
本当に、そうやった活躍されているのを見ると、同郷ということだけでも、嬉しくなりますし、今回のように気にかけてくださっていると思うと、心強いですね。
なんと、伊藤整夫人に!!それもまた、すごいエピソード!!

投稿: 小梅太郎 | 2020年7月20日 (月) 01時27分


一介の読者さん、こんばんは。
内容が個人を攻撃するような内容であると受け取ったため、まずはコメント非表示とさせていただいたことをご了承願います。

ただ、不特定多数の読者が集まってもらっている当ブログにおいては、多くの方がコメント欄を目にしている、その上で誰でも気軽にコメントの書き込みができる、そういった点で管理人として配慮が足りなかったかもしれません。

もうこのコメントは見ていただけないかもしれませんが、当ブログにおいて、そのようなお気持ちにさせてしまい、管理人として大変申し訳なく思います。

投稿: 小梅太郎 | 2020年7月20日 (月) 23時35分

たまたま、一介の読者さんのコメントを読みました。多摩HT さんのコメントを自慢話と受け取るか否かは個々人によるとしても、他人に対しての嫌がらせ云々では全然ありませんから、私はへぇ!いろんな人が居るなあと思っていました。
それと、このブログ主の小梅さんには何の落ち度もないと思いますけどね…

投稿: John 1940 | 2020年7月21日 (火) 17時05分

John 1940さん、ありがとうございます。
私も単に楽しいエピソードとして読んでいたのですが、受け取り方は人それぞれで、そういう受け取り方もあったかと、再認識するところもありました。
もちろん全ての方が満足いくようなブログ運営は無理でしょうが、小樽が縁で訪れてくれた読者の方々には、リピーターさんも初めて読みにこられた方も、皆さんに楽しんでもらいたいと思っています(ちょっと欲張りかな)。

投稿: 小梅太郎 | 2020年7月22日 (水) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人気の小樽運河クルーズに乗ってきた!!小樽運河の魅力を再発見。船上からの風景は新鮮でした | トップページ | 小樽の昼カラで発生した新型コロナのクラスターは収束へ。営業自粛要請も解除に »