« 坂の向こうに小樽の港が見える「薬師神社の坂」 | トップページ | 「駅なかマート タルシェ」にて三浦群来さんの小樽が舞台の小説「Invitation」プレゼント企画実施中 »

2020年5月 5日 (火)

小樽から情報発信をするこんなサイトができてます!!「キタル、オタル。」

小樽にこんなサイトができてます!!

キタル、オタル。

Otaru_20200505-122808
※サイトキタル、オタル。トップページのスクリーンショットより。


新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いて外出自粛要請も続く中、小樽からの情報発信を絶やさぬことを目的とした「楽しむ時間を育てるための小樽ファンサイト」ということで、小樽観光協会によって4月24日に公開されました。

今は観光や旅行に出かけることはできませんが、そんな中でも観光の街・小樽の情報を積極的に発信していこうというものですね。

現在、サイトにはピックアップ情報として、
買って応援!オンラインで購入できる小樽セレクト
食べて応援!小樽の飲食店のテイクアウト・デリバリー情報
おしえて「小樽よいとこ」Twitter&Instagramキャンペーン!

といった情報を掲載しているほか、小樽市総合博物館のFacebookページからの「小樽百景」と題した記事や、日本遺産関連の記事といったコンテンツが掲載されています。

個人的には、小樽市総合博物館のFacebookページからの記事がサイトに掲載されるのは、後から閲覧する上でも、とても助かりますね。

このサイトの主たる運営は小樽観光協会が担っているということですが、サイトには観光協会のほかに、すでに上記の小樽市総合博物館、そして小樽市観光振興室といったところの記事が掲載されていて、今後はサイトを利用する団体なども広げていき、枠組みを超えた総合型の小樽情報発信を展開していくとのことです。

今のところはまだ、コンテンツの数は多くはないですが、今後の展開がとても楽しみで、私も定期的にサイトを覗いてみようと思っています。

キタル、オタル。|小樽を楽しむ時間を育てるための超発信型小樽ファンサイト

※関連ニュース
【プレスリリース】『キタル、オタル。』公開しました | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
小樽市 :キタル、オタル。
・2020年4月30日付北海道新聞夕刊マイたうん札幌・道央圏蘭

スポンサーリンク

|

« 坂の向こうに小樽の港が見える「薬師神社の坂」 | トップページ | 「駅なかマート タルシェ」にて三浦群来さんの小樽が舞台の小説「Invitation」プレゼント企画実施中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小梅さま。全国の主要観光地では、様々な方法で「元気発信」をしているようですが、小樽も「キタル、オタル。」で「元気発信」を続けているんですね。という事で「キタル、オタル。」アクセスして、コンテンツを拝見しました。色んな情報が一度に見られて面白いですね。ところで小梅さん、船見坂を直進してニュータウン入り口に入ると、目の前に三角屋根の大きな家が少し上の方にありますよね。その手前左手にコンクリートブロックの壁があり、草が生えて少し分かり辛いんですが、その壁に沿って階段があります。その階段を上って左手に進むと、西陵中学の正門の脇に出る山道が続いています。今の季節なら、道端の草木が成長していないので、その山道から富岡町や稲穂町、少し道を進むと前方に市民会館なども遠望出来ます。もし行かれた事がなければ、是非、近い内に足を運ばれてみて下さい。夏場は草木が繁って眺めが遮られますので、今のうちですよ‼

投稿: 多摩HT | 2020年5月 6日 (水) 17時59分

多摩HTさん、こんばんは。
そうですね、小樽もこの新しいサイト「キタル、オタル。」で、元気ですという発信をはじめました!!
このサイトは、観光協会だけではなく、小樽市や商工会議所など、組織をまたいで共有されるプラットフォームとなるそうで、今後の展開も楽しみです。
あっ、その船見坂の上った先まで行ったことがありますが、壁に沿った階段を左に進むと西陵中学の正門の脇にでるんですね!!
地図で見たことがあったのですが、行ったことはありません!!
眺めもいいのですね!!
確かに、山道でしたら今の時期がチャンスですよね。
情報をありがとうございます。いや〜、行けるかな〜

投稿: 小梅太郎 | 2020年5月 7日 (木) 02時50分

小梅さま。西陵中学の正門脇から、逆ルートを辿ってニュータウン入り口の方に出るという方法もありですよ。その場合、途中、左手に展望台の下に出る山道への入り口もあります。私も何度かその山道を上って展望台に出た事があります。20分くらいで着きました。小樽札幌圏は、今週末~日曜は雨という殆ど予報出てるようですね。ご紹介した道は、日当たりが悪く、雨が降った場合、足下が泥濘ますので、晴れの日がしばらく続いてから、行かれると良いと思います。因みに富岡ニュータウンに入って、すぐ右手海側にFleurという、眺めの良いカフェがある筈です。営業中ならば、そこで一服されて、景色を楽しんで下さいませ。

投稿: 多摩HT | 2020年5月 7日 (木) 07時12分

この場を三回もお借りして、申し訳なく思っています。薬師神社の坂へのコメントに関しまして、まかろんさんが玉屋食品の看板についての情報をお寄せ下さっていた事を、先ほど確認しました。勿論、拝読致しましたので、御安心下さいませ。なお、当該記事のコメント欄に、改めて拙文を寄稿しましたので、小梅さん、そしてまかろんさん、お読み下さい。

投稿: 多摩HT | 2020年5月 7日 (木) 09時04分

多摩HTさん、こんばんは。
逆ルートも了解しました!!
あ〜!!旭展望台に上る道のことは聞いたことがあるのですが、この途中にあるのですね。う〜ん、そちらも気になる〜!!
晴れの日が続くタイミングですよね。それが一番のネックかも。
うまくタイミングの合う日があるといいのですが。
Fleurというカフェ、覚えておきます!!

まかろんさんの玉屋食品の看板についての情報、読んでもらえたんですね。よかった!!
そちらのコメントもこれから読ませていただきます。

投稿: 小梅太郎 | 2020年5月 9日 (土) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂の向こうに小樽の港が見える「薬師神社の坂」 | トップページ | 「駅なかマート タルシェ」にて三浦群来さんの小樽が舞台の小説「Invitation」プレゼント企画実施中 »