« JR小樽駅のすぐ近く、中央通り沿いに「ローソン小樽駅前店」が4月2日(木)オープン予定 | トップページ | 【小樽雪あかりの路22】カトリック小樽教会富岡聖堂(2月10日の様子)〜ロウソクの灯りに浮かび上がる異国情緒溢れる教会は美しく幻想的 »

2020年2月18日 (火)

都通りの中央通り側から入ってすぐのところに魁陽亭の店舗が近日オープン予定という看板が掲げられています

都通りを中央通り側から入ってすぐのところの、現在はシャッターが閉まっている店舗前に、こんな看板がありました。

Otaru_20200210-211120

株式会社魁陽亭」の店舗が、この場所で近日オープン予定ということですが、“なにができるかお楽しみに!”ということで、どんなお店かとか、いつからとか、そういった情報はありませんね(汗)

Otaru_20200210-211124

ちなみに、この株式会社魁陽亭というのは、三本木急坂の途中にある、小樽市指定歴史的建造物でもある老舗料亭「海陽亭(旧魁陽亭)(かいようてい)」の再生を進めている小樽の事業会社です。
※サイトはこちら:海陽亭 | KAIYOTEI

さらに、その横に掲げられている、こちらの看板ですが。

Otaru_20200210-211133

ここに書かれている2020年2月8日(土)オープンの「魁陽亭 越治」というのは、同じ魁陽亭が運営する、寿司屋通りの花園銀座商店街入り口角の建物2階にオープンしたばかりの、昼は文学カフェで、夜は炭火焼き割烹料理店になるという、新しいお店のことですね(まだ行ってませんが…)。

ということで、魁陽亭の新しい店舗のオープンを知らせる都通りの看板についてでしたが、さて、ここにいったいどんなお店がいつできるのか、それも楽しみにしばらくは、ここの場所の様子を気にしておこうと思います。

Otaru_20200210-211145

【関連記事】
花園銀座商店街入り口角のビル2階に「BOOKCAFE & BAR & HOSTEL 魁陽亭 越治」が2月8日(土)にオープンニュースより/歴史的建造物の「旧魁陽亭」が再生に向けて改修工事予定。隣接地に新設するホテルとともに開発

スポンサーリンク

|

« JR小樽駅のすぐ近く、中央通り沿いに「ローソン小樽駅前店」が4月2日(木)オープン予定 | トップページ | 【小樽雪あかりの路22】カトリック小樽教会富岡聖堂(2月10日の様子)〜ロウソクの灯りに浮かび上がる異国情緒溢れる教会は美しく幻想的 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JR小樽駅のすぐ近く、中央通り沿いに「ローソン小樽駅前店」が4月2日(木)オープン予定 | トップページ | 【小樽雪あかりの路22】カトリック小樽教会富岡聖堂(2月10日の様子)〜ロウソクの灯りに浮かび上がる異国情緒溢れる教会は美しく幻想的 »