« 【小樽雪あかりの路22】朝里川温泉会場の様子〜自然の川の中でロウソクが揺れる人気のメーン会場 | トップページ | 【小樽雪あかりの路22】小樽未来創造高校で観光PR映像を壁に映し出しているということで見に行ってきました(2/7・10のみの開催) »

2020年2月13日 (木)

今シーズンの冬の天気はどうなってるの!?2月12日(水)の小樽の日中の最高気温はなんとプラス8℃超え

Otaru_20200212-145722

いったい、今シーズンの冬の天気はどうなってるんでしょうね。

2月12日(水)の小樽の日中の最高気温は、なんとプラス8.2℃(13:33)まで上がりました(冒頭の写真はメルヘン交差点)。

この気温で、市街地の道路の雪はほとんど溶けて、少しは外れた道路などは、まるで春の雪解け時期のように、ぐちゃぐちゃになって、所々水溜りもできてしまってました。

Otaru_20200212-143523

う〜ん、ほんと、どうなっているのか。

(国道5号線)
Otaru_20200212-143122

(所々に水溜り)
Otaru_20200212-143346

小樽にがっつり雪が降ったと、このブログで報告したのが2月7日(金)でした(→小樽に雪ががっつり降りました。一気に積もりました〜2月5日に大雪で6日に最大積雪深58cmを記録)。

その後も、2月9日(日)には深夜にマイナス13.9℃を記録するなど寒い日が続き、雪も結構降り続いて、11日(火・祝)には積雪深は69cmまでになっていたんですよね。

しかし、最初に書いたように、12日(水)のこの気温。この時期の感覚からいうと、“暖かい”といっていいくらいで、積雪深も12日の24:00で、47cmまで一気に減ってしまいました。

※参照
気象庁|過去の気象データ検索
小樽(道央)の過去のアメダス(2020年02月12日) - 日本気象協会 tenki.jp

予報では、この暖かさは13日(木)も続くようですが、ここで気になるのが、開催中の小樽雪あかりの路への影響ですよね。

私は12日は見に行ってないのですが、せっかく作ったオブジェなどが溶けてしまって、メンテナンスが大変ではないかと心配です。

影響がなるべく少ないといいですね。

やはり冬は普通に冬らしいのがいいのかな。

スポンサーリンク

|

« 【小樽雪あかりの路22】朝里川温泉会場の様子〜自然の川の中でロウソクが揺れる人気のメーン会場 | トップページ | 【小樽雪あかりの路22】小樽未来創造高校で観光PR映像を壁に映し出しているということで見に行ってきました(2/7・10のみの開催) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小梅太郎さん、こんにちは。
小樽の雪がこんなに溶けていてびっくりです。

9日にお邪魔しましたヨ。
氷に閉じ込められた可憐な花や雪のおうちに可愛らしいロウのお人形がいて、他にも色々あってとても楽しかったです。

消えてしまったロウソクに再び火をつけている方々がいて、そのおかげでメルヘンな世界が保たれているんだな、と感心しました。

自分はしっかり防寒していったんですけど、カメラのバッテリーランプが点滅して少し焦りました^^

また雪が降るといいですね、まだ2月中旬だから。

投稿: まるこ | 2020年2月13日 (木) 11時04分

小梅様。本当に季節が一ヶ月ほど、先に進んだような気温でしたね。東京でも今日は、八王子や府中などで、最高気温が19度近くまで行きました。小樽は降雪量がある分、雪融け時分には、足元が汚れて困りますよね。私が高校生の頃は、スタッドレスタイヤが無く、スパイクタイヤでしたので、融雪季には道路のアスファルトが大量に削られ、それが風に煽られて舞い上がり大変でした。当時は稲穂一丁目に自宅があったので、紀伊國屋書店に教科書を買って帰宅するだけで、毛髪がごわごわパサパサして、帰宅後に直ぐシャワーを浴びたものです。転倒なさらぬよう、呉々もお気をつけ下さいませ。

投稿: 多摩HT | 2020年2月13日 (木) 17時07分

多摩HTさん、スパイクタイヤはなつかしいですね。チェーンを巻いていた車もよく見かけました。せっかくの雪のイベントが打撃を受けてしまうような暖かさですね。四季の移りかたが少しずつ変わって来ているのでしょうか。

投稿: ムサママ | 2020年2月13日 (木) 21時11分

ムサママさん、今晩わ。四季の移ろいが変化してきているか否かは、なかなか難しい問題で、何とも言えませんよね。温暖化してきている、という人も居れば、そうじゃない、という人もいらっしゃいますし。四季の移ろいの大枠は、まだそんなに変わっていないのでしょうが、遠方の海水温の変化が、エルニーニョやラニーニョ、或いは今季のようなダイポールモード現象を惹き起こし、それが偏西風の蛇行方向に影響を与え、暖冬や猛暑、冷夏などの現象を生んでいるのが、現段階なのかも知れないですよね。ただ大学時代と現在との夏の暑さは、明らかに質が変わっていますし、34℃や35℃には滅多にならなかったのは確かですね。チェーンタイヤ、それも良く見かけました。これもアスファルトを削るという理由で、見かけなくなりましたね。

投稿: 多摩HT | 2020年2月13日 (木) 21時38分

まるこさん、こんばんは。
よかった〜、まるこさんは9日に見にこられたのですね。
そうなんです。ここ数日、気温がぐっと上がり、この時期としては異常なくらいに雪解けが進んでいるんです。
小樽雪あかりの路、楽しまれたようですね。
その日は確か、かなり寒かったですが、イベントとしてはコンディションの良い日で、ロウソクの明かりも綺麗に見られたのではないでしょうか。
このイベントは、ロウソクやオブジェのメンテナンスをしてくださっている、ボランティアの皆さんに支えれらたイベントで、本当に感謝しています。
なんとか最後の週末は、冬らしい天気になってくれるといいのですがね。
小樽雪あかりの路に来てくださり、ありがとうございました。
また機会があったらぜひ!!


多摩HTさん、こんばんは。
いや〜、2月にこの気温、この状況はびっくりですね。
そちらも気温が上がって、なんと19℃ですか。暑いですね。
そうなんです、こちらは雪解けすると、道路がぐちゃぐちゃで、足元が大変になるんですよね。
確かに、昔はスパイクタイヤで、春の粉塵が問題になってましたね。
いったん溶けた後に気温が下がると、ツルツル路面になりますよね。
気をつけて歩きます!!


ムサママさん、多摩HTさん、こんばんは。
そうそう、昔は鎖のチェーンも多かったですね。
この高い気温で、すでに中止になった関連イベントや、会場でのオブジェも溶けているようで、少なからず影響が出ているようです。
今後もこういう変な天気が続くのでしょうかね。
こうなると、寒く、雪のある生活は大変ですが、やっぱり冬は冬らしい天気がいいのかな、と思ってしまいます。

投稿: 小梅太郎 | 2020年2月15日 (土) 04時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【小樽雪あかりの路22】朝里川温泉会場の様子〜自然の川の中でロウソクが揺れる人気のメーン会場 | トップページ | 【小樽雪あかりの路22】小樽未来創造高校で観光PR映像を壁に映し出しているということで見に行ってきました(2/7・10のみの開催) »