« ん?周囲にツララが伸びて寒そうな「妙見小僧」がビニールをまとってる? | トップページ | 産業会館のある交差点の山側の一角が、広い更地になっています。先日移転したカフェ&バー「ブリッジ」のあった建物もすでに解体 »

2020年1月12日 (日)

文化庁メディア芸術祭小樽展が1/11開幕。よく分からないけどますば産業会館と運河プラザの展示に行ってみたら、なんだかこれは面白い!!(1/26まで)

文化庁メディア芸術祭小樽展(文化庁主催)が、1月11日(土)~26日(日)の日程で、市内4会場で開催されています。

文化庁メディア芸術祭小樽展 
「メディアナラティブ ~物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」

Otaru_20200111-125259

※会場内の作品写真はありません。

このイベントは、文化庁がアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰すると共に、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル(チラシより)ということで、1997年から毎年開催されていて、今年は小樽での開催となってんですね(今年は長崎でも開催)。

今回、市内の4つの会場、運河プラザ小樽市産業会館小樽市立文学館市民センターマリンホールで、作品展示や上映など様々な企画を展開しています。

※詳細は文化庁メディア芸術祭小樽展

“ナラティブ”ってどういうことなのか、“物語”と表現されてますが、そのニュアンスまではやっぱり分かりません…

で、この文化庁メディア芸術祭小樽展ですが、う〜ん、こういうイベントが開催されているということを知らない一般市民も多そうで、知っていても、何をしているのかまでは、正直ちょっと分かりにくいかもしれませんね。

1月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、開幕を知らせる記事が掲載されましたが、ポスターやビラ、それにメディアの宣伝なども、あまり事前に目にしなかったんでんすよね。

(今回のポスター)
Otaru_20200111-100515

私はイベントの開催は少し前の新聞報道で知ってはいたのですが、どんなことをやるのかはよく分からないまま開催日になりました(今もほとんど把握してません…)。

ちなみに、4会場でどのよなことが催されているか、サイトを元にざっと記しておきますね。
※詳細は文化庁メディア芸術祭小樽展|会場案内を。

小樽市産業会館【展示】
アート、エンターテインメント、アニメーションの様々な企画を展示。メディア芸術から広がる今を体感。

運河プラザ三番庫【展示】
アートとサイエンスが織りなす作品を展示。

市立小樽文学館【展示】
第21回・第22回マンガ部門受賞・入選作品を展示。

小樽市民センター・マリンホール【上映】
1月24日(金)・25(土)に長編アニメーション上映。
※整理券が必要(期間中に産業会館内で配布)。

他にもトークショーやシンポジウムも行われています。
※詳しくは文化庁メディア芸術祭小樽展|イベントを。

でですね、内容がよく分からずも、とにかく行ってみようと、実は初日の11日に産業会館と運河プラザの展示を見に行ったのですが…

(産業会館は2階が会場。歩道橋からも直接入れます)
Otaru_20200111-123353

これは面白いです!!見るだけでも面白いです!!

これはですね、詳しいことは何にも知らなくても、きっと楽しめると思います。

特に印象的だったのが、産業会館のテーブル上の円錐形のセンサーに触れると、様々な影が動き出す近森基氏の「KAGE」という作品などの展示、そして、運河プラザの展示作品はどれもいつまでも眺めていられそうな興味深いアート作品で、また、改めて見に行こうと思ってます(児玉幸子さんの「コミュニケーションの泉」は面白く、チームラボの「百年海図巻 アニメーションのジオラマ」は見飽きません)。

これはきっと、難しいことは考えず、最先端のメディア作品を体感してみる機会ととらえて、まずは行ってみるのがいいかもしれません。

それも入場無料ですから、ひょっとして、逃したらもったいない機会かもしれません。

(運河プラザ)
Otaru_20200111-130418

イベントが始まり、ちょっと小樽市民は置き去りにされてちゃってる感じがしてるんですが、せっかく、こういうイベントが小樽で開催されているので、気になる方は、とりあえず会場に足を運んでみるといいかもしれません。また言いますが、入場無料ですから。

(運河プラザは入って左奥の三番庫が会場。扉を開けると展示があります)
Otaru_20200111-130516

見てきた今も、このイベントについては説明がうまくできない程度の理解なんですが、体感して面白かったので、それでもいいかなと思っています。

文化庁メディア芸術祭小樽展

※関連ニュース
・2020年1月8日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2020年1月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽で「文化庁メディア芸術祭」 街中で芸術に「触れる」16日間、開幕迫る - 小樽経済新聞
文化庁メディア芸術祭 小樽展「メディアナラティブ ~物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」…(1/11~1/26) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
小樽でメディア芸術祭開幕!(小樽ジャーナル)

スポンサーリンク

|

« ん?周囲にツララが伸びて寒そうな「妙見小僧」がビニールをまとってる? | トップページ | 産業会館のある交差点の山側の一角が、広い更地になっています。先日移転したカフェ&バー「ブリッジ」のあった建物もすでに解体 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ん?周囲にツララが伸びて寒そうな「妙見小僧」がビニールをまとってる? | トップページ | 産業会館のある交差点の山側の一角が、広い更地になっています。先日移転したカフェ&バー「ブリッジ」のあった建物もすでに解体 »