« ニュースより/小樽長橋郵便局は2019年12月6日で開局90周年 | トップページ | 睦橋〜最上町と緑町の住宅街をつなぐ道路の小さな橋【於古発川を下る】 »

2019年12月17日 (火)

【訃報】小樽運河保存、その後の小樽の観光振興に尽力した小川原格さん死去のニュース

小樽運河の保存運動の中心的な役割を担い、その後も運河を中心としたまちづくりに取り組み、小樽の、さらには後志の観光振興に尽力し続けた、小樽の重鎮・小川原格(おがわらただし)さんが15日午後に亡くなりました。

小樽の老舗の蕎麦屋「藪半」の店主でも知られる小川原格さんの訃報は、2019年12月16日付北海道新聞夕刊で知ったのですが、訃報を伝える記事は顔写真入りで大きく掲載されていました。

ニュースによると、すい臓がんのために札幌市内の病院で死去したとのことです。1948年(昭和23年)小樽生まれの小川原格さんは71歳でした。

(藪半の過去に撮影した写真から)
Otaru_20141205174524

私は、残念ながら直接の面識はなく、お話をさせていただいたことはないのですが、もちろん、お名前とその活躍の経緯は各所で拝見させていただき、一方的に尊敬をさせていただいていました。一度、じっくりお話を聞いてみたかったです。

小川原格さんは、国土交通省の観光カリスマに選ばれているほか、北海道からは2018年に北海道150年記念事業に関連して特別功労賞が贈られています。
小川原 格(おがわら ただし) | 観光カリスマ一覧 | 人材の育成・活用 | 政策について | 観光庁
※参照:観光に貢献!小川原格さんに特別功労賞(小樽ジャーナル)

小川原格さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Top Page(小樽・蕎麦屋・籔半)

※参照:小川原格さん死去 71歳 小樽運河保存に尽力:北海道新聞 どうしん電子版

スポンサーリンク

|

« ニュースより/小樽長橋郵便局は2019年12月6日で開局90周年 | トップページ | 睦橋〜最上町と緑町の住宅街をつなぐ道路の小さな橋【於古発川を下る】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュースより/小樽長橋郵便局は2019年12月6日で開局90周年 | トップページ | 睦橋〜最上町と緑町の住宅街をつなぐ道路の小さな橋【於古発川を下る】 »