« 「第10回小樽堺町ゆかた風鈴まつり」が8月3日・4日の2日間で開催〜ちょっとだけ通りを歩いて風鈴の音色に涼んできました | トップページ | 長橋のむつみトンネルの地下歩道〜トンネルの途中に入り口!?線路の下を通って地上とむつみトンネルをつなぐ通路 »

2019年8月 7日 (水)

長橋の旧国道と長橋バイパスを繋ぐ長橋小学校通の「むつみトンネル」の様子

Otaru_20190706-141126

長橋の旧国道(長橋大通り)沿いの長橋小学校のすぐ先に、信号のある交差点があるのですが(セイコーマート、ダイソー&アオヤマ100YEN PLAZA小樽長橋店のある交差点です)、ここを国道5号線の長橋バイパス方面に曲がると、その先にトンネルがあるんですよね。

このトンネルは「むつみトンネル」といいます。

(長橋小学校のすぐ先の交差点を左折)
Otaru_20190706-135043

(その先にトンネル)
Otaru_20190706-135118

Otaru_20190706-135255

ちなみに、旧国道と長橋バイパスを繋ぐこのむつみトンネルを通る道路には、「長橋小学校通」という名前が付いているようです。

Otaru_20190706-135141

長橋地区は、旧国道と国道5号線の長橋バイパスの間を分断するように線路が走っているので、結構、お互いに行き来しにくいんですよね。

線路を渡る方法としては、長橋地区には踏切がいくつかあって、このブログでも、長橋踏切平尾踏切稲荷踏切といった踏切の様子を投稿しましたが、ここにトンネルもあったんですね(踏切はあとJR小樽駅方面から長橋に入ってすぐの上砂留踏切もありますね)。

Otaru_20190706-135318

当然なんですんが、ここがトンネルということは、線路が上を走っているというわけですね。

むつみトンネルの様子ですが、トンネル入り口にプレートがあって、1989年12月とあるのは完成日かな!?長さについては、延長172.4mと書かれてますね。

Otaru_20190706-135333

実際に歩いてみたのですが、トンネルに入ってすぐに、やや左に曲がっていて、そのためか外側から見ると、中は真っ暗でしたが、歩いてみると、それほど暗くはないですね。とはいえ、やっぱりトンネルですから、音も響きますし、ちょっと怖いかも。

Otaru_20190706-141413

両側の歩道部分が結構広く、さらに車道部分としっかり分断されています。

Otaru_20190706-135425

ここは長橋小学校通というくらいですから、子供たちも通行するでしょうし、ひょっとしたら自転車でも通るかもしれないので、このくらいの歩道の余裕と安全確保は必要かもしれませんね。

そして、トンネルを抜けました。

Otaru_20190706-135625

ちょっと上り坂になっていたようですね。

Otaru_20190706-135615

トンネルを出たその先で、長橋バイパスと合流します。

振り返ってみたところ。

Otaru_20190706-135736

そして、長橋バイパスと合流です。

Otaru_20190706-135750

Otaru_20190706-135850

長橋バイパス側からむつみトンネルへむかう道路の入り口にも、長橋小学校通の看板がありました。

Otaru_20190706-142339

ということで、旧国道と国道5号線の長橋バイパスを繋ぐ、長橋小学校通の「むつみトンネル」の様子でした。

そういえば、近くにむつみ公園という小さな公園があって、共睦(きょうぼく)会館というのもあって、“睦(むつみ)”という言葉が共通しているのですが、何に由来するのかな!?

 

【関連記事】
※長橋地区関連の記事はカテゴリー「長橋地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 「第10回小樽堺町ゆかた風鈴まつり」が8月3日・4日の2日間で開催〜ちょっとだけ通りを歩いて風鈴の音色に涼んできました | トップページ | 長橋のむつみトンネルの地下歩道〜トンネルの途中に入り口!?線路の下を通って地上とむつみトンネルをつなぐ通路 »

小樽の通り」カテゴリの記事

長橋地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「第10回小樽堺町ゆかた風鈴まつり」が8月3日・4日の2日間で開催〜ちょっとだけ通りを歩いて風鈴の音色に涼んできました | トップページ | 長橋のむつみトンネルの地下歩道〜トンネルの途中に入り口!?線路の下を通って地上とむつみトンネルをつなぐ通路 »