« 撮影スポットとしてすっかり人気の「船見坂」に車道に出て撮影しないように注意書きが貼られてます | トップページ | 都通りのちょっと前まで空き地になっていたところに建物ができつつあります。ここには確かあのお店が!? »

2019年3月13日 (水)

祝津漁港にて群来が見られたそうです(2019年3月11日)

現在、小樽沿岸ではニシン漁が行われていますが、3月11日(月)に祝津でまた「群来」が見られたそうです。

「群来(くき)」は、産卵期を迎えた雌ニシンが、大群で沿岸に押し寄せて産卵し、それに合わせて来た雄ニシンの精子によって、海面が乳白色に染まる現象のことですが、今年は何度かあって、ニュースにもなっていますね。

残念ながら、私はまだ群来を実際に見たことはないんですよね〜
なかなか、タイミングよく見に行くことができません。

なので、写真もないので、今回は小樽チャンネルのFacebookページの投稿を掲載させていただきます(埋め込み機能使用してます)。

様子がよく分かる写真ですね。
それにしても、祝津漁港内で発生したんですね。

実は、少し前の3月6日(水)には、張碓から銭函1丁目にかけての沿岸で群来が確認されていて、そちらは小樽市総合博物館のFacebookページに投稿されていました。こちらです。


今年は2月20日(水)の朝に、船浜町から朝里、張碓町にかけての沿岸で、今年初めての群来が確認されたというニュースがあって(その日は塩谷でも確認されたとのこと)、その後も上記のように確認のニュースがあります。

一時期は全く獲れなくなった小樽のニシンは、関係者による稚魚の放流などの努力によって、沿岸にニシンがまた戻ってきて、ここ数年、群来が確認されているんですよね。そして、そのおかげで、新鮮で安い小樽産のニシンが、再び食卓に上るようになっています。

1月10日から始まっている小樽のニシン漁は、3月25日まで続きますので、もうちょっと地物のニシンが食べられますね。

※すいません、自分で見に行くことができなかったので、今回も市内での報告を紹介させていただいてます。

【関連記事】
ニュースより/今年も小樽の沿岸にニシンの群来(くき)がやってきた(2019年2月20日のニュース)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 撮影スポットとしてすっかり人気の「船見坂」に車道に出て撮影しないように注意書きが貼られてます | トップページ | 都通りのちょっと前まで空き地になっていたところに建物ができつつあります。ここには確かあのお店が!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝津漁港にて群来が見られたそうです(2019年3月11日):

« 撮影スポットとしてすっかり人気の「船見坂」に車道に出て撮影しないように注意書きが貼られてます | トップページ | 都通りのちょっと前まで空き地になっていたところに建物ができつつあります。ここには確かあのお店が!? »