« 小樽道新文化センター『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』第1回目が無事(?)開催の報告 | トップページ | 【石垣のある風景】小樽駅近く、国道5号線沿いのコンビニの後ろにある高さも幅もある石垣 »

2019年1月14日 (月)

小樽チャンネルマガジン2019年1月号(Vol.38)の電子版が発行になってます。紙媒体は順次配布

私・小梅太郎が連載を持たせてもらっている、フリーペーパーの小樽チャンネルマガジン(編集発行:株式会社K2)の2019年1月号(Vol.38)が発行されてます。

まずは、電子版が発行されていて、紙媒体は順次配布される予定とのことで、まだ私の手元にはありません。
※電子版はこちらから;小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル

※写真は今月号が未入手なので、先月号です。
Otaru_20181219_162630


2019年1月号(Vol.38)」の私・小梅太郎の連載記事のタイトルは「相生町を歩く」です。

昨年11月号から連載が始まり、今号で3回目となるわけですが、読んでいただいている皆さんはお分かりと思いますが、連載は小樽の街を“歩く”シリーズになってます。

実際に私がその街のあちこちを歩いてきて、知られたスポットはもちろん、その他にも普段はなかなか気づかないような、その街の魅力を紹介できればいいなと思っています。


この小樽チャンネルマガジンは、「ウェブサイト+デジタルサイネージ+ラジオ+マガジン」で、小樽の情報を発信する「小樽チャンネル」が毎月発行するフリーペーパーです。

普通の観光情報誌とはちょっと違う、地域に密着したスポット紹介から小樽関連のサブカルチャー情報まで、これで無料でいいのかというくらい盛りだくさんなので、気になる方は是非、手にとって読んでみてください。

小樽チャンネルマガジンは、順次、小樽市内の商店街・銀行・郵便局・飲食店・観光案内所・ホテル・美容室などで配布予定になってます(置いている場所の詳細はこちら:マガジン設置場所 | 小樽チャンネル

市外の方は電子版か、もしくは定期購読(有料)にも対応してくれるそうですよ(詳細は電子版の最後から2ページ目に記載されてます。電子版はこちらから:小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル

ということで、小梅太郎の連載も掲載されている、小樽チャンネルマガジン2019年1月号(Vol.38)の宣伝でした。

さ〜て、次回はどこを歩こうかな〜

※公式サイト:小樽チャンネル-小樽の観光・グルメ・生活情報を毎日更新!-

【関連記事】
連載中の「小樽チャンネルマガジン2018年12月号(Vol.37)」が発行になってます。先行で電子版が。紙媒体は順次配布予定
連載中のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2018年12月号(Vol.37)が配布されています


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 小樽道新文化センター『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』第1回目が無事(?)開催の報告 | トップページ | 【石垣のある風景】小樽駅近く、国道5号線沿いのコンビニの後ろにある高さも幅もある石垣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
講演、無事に終わったようで、おめでとうございます。
って、まだまだ続くんですよね。
緊張なさるでしょうね。

電子版、見ました。
相生町と言えば私の地元だったもので、懐かしかったです。
某グループが橇で滑り降りた坂、本当に急ですよね。
今思えば、良くあんな坂を上り下りしたと思います。
もうとっても無理です。

投稿: はは | 2019年1月15日 (火) 19時53分

ははさん、こんばんは。
ありがとうございます!!なんとか初回は無事終了しました。
そうなんです。まだまだこれから続くんですが、少しでも落ち着いて、受講してくださる方々に楽しんでもらえるように頑張ります!!
電子版、読んでいただきありがとうございます!
相生町、懐かしんでもらえてよかったです。
あの坂は本当に急ですよね、私もへとへとです(^-^;

投稿: 小梅太郎 | 2019年1月15日 (火) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/67591748

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽チャンネルマガジン2019年1月号(Vol.38)の電子版が発行になってます。紙媒体は順次配布:

« 小樽道新文化センター『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』第1回目が無事(?)開催の報告 | トップページ | 【石垣のある風景】小樽駅近く、国道5号線沿いのコンビニの後ろにある高さも幅もある石垣 »