« 小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)を雪かきのお供に | トップページ | 冬のちょっとした風景〜臨港線へと下る赤坂の上からの小樽港の眺め »

2019年1月 7日 (月)

小樽総鎮守・住吉神社のどんど焼きに行ってきました(2019年度)

20190107_134723


今年も1月7日(月)に、小樽総鎮守・住吉神社どんど焼きに行ってきました。

この日は午後に行ったのですが、昼頃までは曇りで時々雪が降る天気ながら、朝から多くの方が、正月のしめ飾りなどを持って、ここ住吉神社に訪れてきていたようです。

20190107_134159

(恒例の大絵馬が掲げられています)
20190107_134433

(午後もたくさんの方が訪れてました)
20190107_134427

どんど焼きの場所は、住吉神社の国道5号線沿いの鳥居をくぐってすぐ左の広場(第一鳥居脇公園)で、入り口では係りの方がプラスチック類の燃やせないゴミを分別してくれています。

20190107_134758

20190107_134859

そして、各々が持ってきたしめ飾りなどを炎の中に投げ入れ、今年一年の無病息災などを願ってました。もちろん、私も。

20190107_134610

20190107_134701

これも毎年のことですが、すぐ横の参道には賽銭箱が設置され、ここでお参りができるようにもなっています。

20190107_134512

住吉神社へは、1月2日に初詣にきていて、それに続いてのどんど焼ですが、この日も社殿までいって、参拝してきました。

20190107_135311

(境内の様子)
20190107_135026

20190107_135735

そうそう、手水舎の水が凍ってました。
20190107_135657

20190107_135654

以下は、住吉神社のサイトに記載されている、どんど焼きについてです。

神社神札御守、破魔矢、注連飾り(しめかざり)等神社に関係するものを、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。住吉神社では第一鳥居脇公園内で執り行います。
行事・例祭のご案内 of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

20190107_140233

このどんど焼きですが、小樽では市内各所の神社で毎年1月7日のみで行われることが多いようですが、住吉神社に関しては、1月7日(午前8時より午後4時まで)と8日(午前8時より正午まで)の2日間行われています。

20190107_134445

【関連記事】
小樽総鎮守・住吉神社に初詣に行ってきました(1月2日の様子)〜2019年小樽初巡り

※昨年のどんど焼きの様子です。
2018年も小樽総鎮守・住吉神社のどんど焼きに行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)を雪かきのお供に | トップページ | 冬のちょっとした風景〜臨港線へと下る赤坂の上からの小樽港の眺め »

住吉神社」カテゴリの記事

コメント

住吉神社のどんと焼きは、7日は中止になったそうですね。
男性がどんと焼きの火の中に飛び込んだって、ニュースになってました。
参拝客には、残念なことですね。

投稿: N | 2019年1月 8日 (火) 16時39分

Nさん、こんばんは。
そうなんですよね。私も帰ってからそのニュースを見て、驚きました。
私が訪れてから、1時間後くらい(3時すぎ)のことだったようで、そこから受付は中止になったようです。
残念なことですね。

投稿: 小梅太郎 | 2019年1月 9日 (水) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/67567402

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽総鎮守・住吉神社のどんど焼きに行ってきました(2019年度):

« 小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)を雪かきのお供に | トップページ | 冬のちょっとした風景〜臨港線へと下る赤坂の上からの小樽港の眺め »