« 間もなく「第52回おたる潮まつり」(7月27日〜29日)が開幕!!〜前日の小樽の街の様子 | トップページ | いよいよ「第52回おたる潮まつり」開幕!!〜初日7月27日の潮ふれこみと花火大会の様子 »

2018年7月27日 (金)

小樽港第3号ふ頭に停泊中のクルーズ客船「飛鳥II」を見に行ってきました(2018年7月26日)

Otaru_20180726_140555


今年も小樽港に多くの豪華クルーズ客船が寄港していて、その豪華で巨大な姿を見せてくれています。

7月26日(木)には「飛鳥II」(日本船籍、50,142トン)が小樽港の第3号ふ頭に寄港しました。

第3号ふ頭にクルーズ客船が停泊すると、その姿がJR小樽駅からも見ることができるんですよね。

Otaru_20180726_140626

小樽駅から港方面に真っ直ぐ緩やかに下る中央通りの先に、飛鳥IIの姿を見ることができます。

Otaru_20180726_140600

中央通りを下って行くと、次第にその巨大な姿が近づいてくるんですが、その眺めは周囲との比率がなんだかアンバランスで、それがまた、非日常的な眺めでなかなか迫力あります。

Otaru_20180726_141133

こういう眺めを見ることができるのも、海が近い小樽ならではですね。

ところで、通りにピンクの提灯が並んでいるのが見えますが、これはおたる潮まつりの提灯ですね。

Otaru_20180726_141252

小樽の夏が盛り上がる「第52回おたる潮まつり」が、7月27日(金)〜29日(日)の3日間の日程で開催され、飛鳥IIが寄港した26日はその前日ということで、街中はすっかり潮まつりを迎える準備ができてるんです。

潮まつりのメイン会場となる、第3号ふ頭基部の中央ステージにまで行くと、そのステージと並ぶように、奥のふ頭に停泊中の飛鳥IIが見えました。

Otaru_20180726_145311

Otaru_20180726_145315

飛鳥IIとおたる潮まつりのコラボですね。

Otaru_20180726_145430r

そして、第3号ふ頭に停泊中の飛鳥IIです。

Otaru_20180726_145541

いや〜、何度か見てますが、やっぱり巨大で豪華で、圧倒されますね。

Otaru_20180726_145646

そうそう、あとから知ったのですが、沖に小さく見えているのは、帆船の「海王丸Ⅱ」なんですね。

(この船)
Otaru_20180726_145615

海王丸Ⅱは実習航海訓練中で、26日午後に小樽港北防波堤先の沖合いに仮停泊したそうで、小樽港への入港は7月30日(月)の予定で、8月3日(金)まで停泊する予定だそうです(参照:沖に"海王丸"、港に"飛鳥Ⅱ" 夏の小樽港賑わう! (小樽ジャーナル))。


ということ、小樽港の第3号ふ頭に寄港していた「飛鳥II」の様子でした。

Otaru_20180726_145721

※小樽港へのクルーズ客船の寄港予定日時や停泊ふ頭は、小樽市HPに詳しく掲載されていますが、日時などの予定は変わることもあるので、見学に行く方は直前に確認したほうがいいですね。
小樽市 :2018年 小樽港クルーズ客船寄港予定

※クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参考:小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭について)。

【関連記事】
※今年度見にいったクルーズ客船の記事です。
小樽港第3号ふ頭に停泊するクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」を見に行ってきました(2018年6月19日)
2018年度最初のクルーズ客船「ノルウェージャン・ジュエル」が5月11日に勝納ふ頭に寄港しました

※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 間もなく「第52回おたる潮まつり」(7月27日〜29日)が開幕!!〜前日の小樽の街の様子 | トップページ | いよいよ「第52回おたる潮まつり」開幕!!〜初日7月27日の潮ふれこみと花火大会の様子 »

海・港・運河・海岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽港第3号ふ頭に停泊中のクルーズ客船「飛鳥II」を見に行ってきました(2018年7月26日):

« 間もなく「第52回おたる潮まつり」(7月27日〜29日)が開幕!!〜前日の小樽の街の様子 | トップページ | いよいよ「第52回おたる潮まつり」開幕!!〜初日7月27日の潮ふれこみと花火大会の様子 »