« 第30回おたる運河ロードレース大会が、今年も6月17日(日)に開催されます | トップページ | ニュースより/小樽市の平成29年度(2017年度)の観光入込客数が14年ぶりに800万人台へ!! »

2018年6月 6日 (水)

蒸気機関車アイアンホース号は故障で大阪で修理中〜クラウドファンディング制度を利用して修理費の寄付を募っています

Otaru_dsc00740


結構大きなニュースにもなっていたので、ご存知の方も多いかと思いますが、小樽市総合博物館本館で実際に走行していた蒸気機関車アイアンホース号は、現在、修理のために運び出されていて、博物館にはありません。

機関車のボイラーに重大な故障が見つかり、昨年度(2017年)の運行を通常より早い10月19日に中止して、今年4月には大阪での修理のために博物館から搬出されたんですよね。

蒸気機関車のボイラーを修理できる工場は数が少なくて北海道にはないので、まず、札幌の工場へ移動してボイラーを取り外し、そのあと大阪の工場へ運んで、大規模な修理を行なっているようです。

アイアンホース号は、1909年(明治42年)米国ポーター社製ということで、製造後110年近くもたつんですよね。しかも、実際に運行してましたからね、


蒸気機関車アイアンホース号復活プロジェクト〜クラウドファンディングで寄付募る

ということで、小樽市では、この夏からの運行再開に向けて、現在、蒸気機関車アイアンホース号復活プロジェクトとして、修理費1200万円にうち600万円を、インターネットでのクラウドファンディング(CF)の制度を利用して寄付を募っています。

蒸気機関車アイアンホース号復活プロジェクト~北の鉄道発祥の地小樽に再び蒸気機関車の汽笛を鳴らそう!~
募集期間:2018年4月23日〜7月21日
目標金額:600万円

申し込みは「ふるさとチョイス」のサイトからです。
蒸気機関車アイアンホース号復活プロジェクト~北の鉄道発祥の地小樽に再び蒸気機関車の汽笛を鳴らそう!~|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

また、その寄付のお礼の品も、色々と趣向を凝らして用意しているようで、関連グッズの他に、金額によって、アイアンホース号の運転席で記念写真撮影や出発前準備見学といった体験系のお礼も用意されているようです。

詳細は、先ほどの「ふるさとチョイス」の申し込みサイトにて確認できます。

この記事を書いている6月6日現在、目標金額600万円に対して、60.9%の達成率になっています(終了まで46日/90日)。

また、アイアンホース号の走る姿を見るために、たくさんの寄付が集まるといいですね。

以下は、サイトに掲載されている、小樽市からのが挨拶文です。

小樽は北海道で最初に開通した官営幌内鉄道の起点のまちです。
アイアンホース号は、北海道を最初に走った機関車「義経号」「弁慶号」「しづか号」と同じH・K・ポーター社によって1909年アメリカで製造されました。小樽市総合博物館では国指定重要文化財「旧手宮鉄道施設」の機関車庫と転車台を使用して運行をしてきました。
ところが昨年10月に機関車のボイラーに重大な故障が見つかり、運行を休止せざるを得ないことになりました。
アイアンホース号の修理を行い、再び北の鉄道発祥の地小樽に蒸気機関車の汽笛を鳴らすためにご協力下さい。
蒸気機関車アイアンホース号復活プロジェクト~北の鉄道発祥の地小樽に再び蒸気機関車の汽笛を鳴らそう!~|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

(掲載写真は2011年9月29日撮影)
Otaru_dsc00739


アイアンホース号修理についての補足

Otaru_20180619_145341

※小樽市HP内にも、このクラウドファンディングについての案内ページがあります。
小樽市 :蒸気機関車アイアンホース号・ガバメントクラウドファンディングについて

※これは自治体がプロジェクトオーナーとなって、プロジェクトがふるさと納税の適用となるクラウドファンディングで、ガバメントクラウドファンディング(GCF)と呼ばれます。参考:GCFとは、ふるさと納税で応援するクラウドファンディング|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

※関連情報は、小樽市総合博物館のFacebookページにても随時投稿されています。
小樽市総合博物館 - ホーム

※小樽市HP内のアイアンホース号のページ。
小樽市 :蒸気機関車アイアンホース号
小樽市 :アイアンホース号の運行休止

※関連ニュース
・2018年6月2日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(小樽倉庫がアイアンホース号修理費として125万円をクラウドファンディングに寄付)
・2018年4月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄/2018年4月28日付夕刊
・2018年4月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
蒸気機関車アイアンホース号が修理のため札幌へ出発(4/23) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会
3ヶ月間のお別れ!アイアンホース号修理へ出発 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
小樽市総合博物館の蒸気機関車アイアンホース号が安全装置故障のため今年度(2017年)運行中止のニュース


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 第30回おたる運河ロードレース大会が、今年も6月17日(日)に開催されます | トップページ | ニュースより/小樽市の平成29年度(2017年度)の観光入込客数が14年ぶりに800万人台へ!! »

小樽市総合博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/66802041

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸気機関車アイアンホース号は故障で大阪で修理中〜クラウドファンディング制度を利用して修理費の寄付を募っています:

« 第30回おたる運河ロードレース大会が、今年も6月17日(日)に開催されます | トップページ | ニュースより/小樽市の平成29年度(2017年度)の観光入込客数が14年ぶりに800万人台へ!! »