« 北海製罐株式会社小樽工場(旧北海製罐倉庫)の歴史的建造物4棟について(事務所・工場・旧第2倉庫・第3倉庫) | トップページ | 小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りを見に行ってきました »

2017年8月19日 (土)

桜町と熊碓村〜今回の桜町の記事のまとめ

小樽市街地の東側に位置する桜町は住宅街なので、住んでいないとなかなか行く機会はないんですが、先日、桜町本通りを中心にあちこち歩いてきました。

20170720_141644

その様子を投稿したこれまでの記事については、最後にまとめたいと思います。

桜町本通りを中心とする一帯は、昭和9年(1934年)に東小樽の土地開発時に設計された街並みで、イギリスのE.ハワードが明治時代に発表した田園都市の構想をもとにしていると言われていて、その象徴的となるものが桜ロータリーなんですね。

20170720_133517r

もともとこのあたりは朝里村大字熊碓村という村で、「桜町」という名前は公募によって昭和18年(1943年)に熊碓村から改名されて付けられた地名です。

熊碓”という地名は、小樽市民であれは、聞き慣れた地名ですよね。

東小樽海水浴場は熊碓海水浴場(熊碓海岸)と今も呼ぶ人は多いでしょうし、熊碓神社なんかもよく知られています。

(桜本通りを抜けると国道5号線があって、その先は海)
20170720_144626

そして、桜本通りの横には熊碓川が流れていますね。

20170720_141732

熊碓川は、途中で桜本通りと交差したりして、ところどころでその姿を見ることができます。

20170720_142752

ということで、桜町には行ってみたいお店もあるので、また、今度機会を見つけて巡ってきたいと思います。


今回の桜町の記事のまとめ(2017年7月)

では、ここからは、今回、桜町本通りを中心にあちこち歩いてきた様子についての記事をまとめておきます。

放射状に5本の道路が伸びる桜ロータリー

桜ロータリーからまっすぐ続く坂道の先の高台に建つ熊碓神社へ

桜ロータリーから熊碓神社までの坂道から横に入る通りに名前が付いてた

桜町にあった気になる建造物は水道施設「桜低区配水池」でした

桜町の「ぱんじゅう処 あんあん」でぱんじゅうを買ってきた

桜町にある近隣公園「さくら公園」〜ん?隣接するグラウンドは…

桜町の高台に建つ量徳寺東小樽支院の建物

桜町の「長昌寺の坂」と夫婦銀杏

平磯岬の高台に建つ豪華な銀鱗荘は歴史的建造物の旧猪俣邸

銀鱗荘入り口横に建つ小樽ゆかりの俳人・高浜年尾句碑


※過去の関連記事
「桜地下歩道」を通って国道5号線を桜町から船浜町に渡る

※参考
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)
・小樽チャンネルMagazine Vol.18「小樽れっけん」
「桜町」と「堺町」 - 関西学院大学社会学部 島村恭則ゼミ
桜 (小樽市) - Wikipedia


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 北海製罐株式会社小樽工場(旧北海製罐倉庫)の歴史的建造物4棟について(事務所・工場・旧第2倉庫・第3倉庫) | トップページ | 小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りを見に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜町と熊碓村〜今回の桜町の記事のまとめ:

« 北海製罐株式会社小樽工場(旧北海製罐倉庫)の歴史的建造物4棟について(事務所・工場・旧第2倉庫・第3倉庫) | トップページ | 小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りを見に行ってきました »