« 堺町通りのルタオパトス前にルタオの移動販売のワゴン車が止まってました | トップページ | 手宮緑化植物園は八重桜の他、色とりどりのツツジが綺麗に咲いてます(5月20日の様子) »

2017年5月20日 (土)

小樽市民会館の敷地内に銅像が建つ藤山要吉と公会堂

Otaru_20170519_174212


海運業で財を成した、小樽を代表する豪商のひとりに“藤山要吉”という人物がいます。

現在、小樽市民会館の正面左手の奥まったところに、その藤山要吉の銅像が建っているんですよね。

あまり目立たないところに銅像が建っているのですが、もちろん、小樽の発展に貢献した人物です。

Otaru_20170519_174142


藤山要吉と公会堂

藤山要吉は所有していた船を戦争に提供(供出)することによって、膨大な補償金を手に入れ「船成金」とも言われたそうで、海運業の他にも漁業、農業など様々な産業を手がけて、その財力は本当に凄かったようです。

藤山要吉にまつわるエピソードとしてよく知られているのが、小樽市民会館の道路を挟んだ向かいに建つ、趣ある和風建築の小樽公会堂(旧小樽区公会堂)に関する話です。

Otaru_20170427_143825

この公会堂の建物は、そもそもは明治44年に皇太子(後の大正天皇)の本道行啓に際してのご宿泊所として建てられたものなのですが、その費用を全額寄付したのが、この藤山要吉という方なんですね。すごいですね。

Otaru_20170427_143840

ちなみに、建築にあたったのは、大虎の棟梁・加藤忠五郎という方です(この方、よくこの建物の大工として名前が出てくるので、有名な方なんですね)。

その後、公会堂として使われるのですが、もともとこの建物が建てられたのは、現在の市民会館の場所なんですよね。で、市民会館建設のために、昭和35年に現在地に移築されたそうです。

(小樽市民会館)
Otaru_20170502_141219

(左手の奥まったところに銅像が建ってます)
Otaru_20170519_174120

Otaru_20170519_174128

市民会館に建つ藤山要吉の銅像の側面を見ると、当時の安達与五郎市長による碑文が書かれているのですが、その日付は昭和33年6月となっているので、銅像は公会堂が移設される前からあったのですね。

Otaru_20170427_143624

ということは、公会堂の建物は移動したけど、銅像は元の場所に残ったということでしょうかね。

Otaru_20170519_174152


おわりに

ということで、今回は小樽市民会館の敷地内に銅像の建つ藤山要吉について、ちょっと調べてみました。

Otaru_20170519_174201

あれは誰だろうと、普段は何気なく見ている銅像も、その人物と小樽との関わりを知ると、とても興味深いですね。

※参考
小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
小樽市 :旧小樽区公会堂・旧岡崎家能舞台
第8章 海運業 藤山要吉と板谷宮吉

【関連記事】
小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)と紅葉
小樽市民会館は今年で開館50周年


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 堺町通りのルタオパトス前にルタオの移動販売のワゴン車が止まってました | トップページ | 手宮緑化植物園は八重桜の他、色とりどりのツツジが綺麗に咲いてます(5月20日の様子) »

小樽ゆかりの人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/65303036

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽市民会館の敷地内に銅像が建つ藤山要吉と公会堂:

« 堺町通りのルタオパトス前にルタオの移動販売のワゴン車が止まってました | トップページ | 手宮緑化植物園は八重桜の他、色とりどりのツツジが綺麗に咲いてます(5月20日の様子) »