« 入船陸橋の入船通りから南樽駅側の鉄橋下が綺麗になって古い橋脚も出現してます | トップページ | 木々が一斉に芽吹いて爽やかな黄緑に色づいた小樽公園の白樺林の様子 »

2017年5月10日 (水)

ニュースより/小樽市の人口がついに12万人を割ってしまいました(2017年5月8日現在の速報値)

Otaru_20160514_142522rr


この話題を投稿するときは、どうにも寂しくなってしまうのですが、人口の話題です。

小樽市の人口がついに12万人を割ってしまいました。

2017年5月9日付北海道新聞夕刊に掲載されていたのですが、次のようなニュースになってました(引用はどうしんウェブより)。

小樽市は9日、住民基本台帳に基づく人口が11万9985人(8日現在の速報値)となり、12万人を割り込んだと発表した。ピークだった1964年の20万7093人に比べ、42%減った。
小樽市人口12万人割れ | どうしんウェブ/電子版(社会)

ということで、2017年5月8日現在の速報値ということですが、小樽市の人口が12万人を割って、11万9985人になってしまいました。

小樽市の人口は20万人を超えたこともあったんですが、13万人を割ったのが2012年6月で、毎年2千人前後減っているそうです。

新聞記事によると、統計が残る中では、市制施行した1922年(大正11年)が11万7953人ということなので、なんと現在は、大正時代の人口になってしまっているようです。

基本的には、少子高齢化による自然減が主な原因とのことで、この流れはちょっと止めるのは難しいのでしょうが、毎年2千人前後というのは、減少幅が大きいですよね。

観光地としては人気のある小樽ですが、なかなか移住してもらうまではいかないようです。

ちなみに、新聞記事によると、この小樽市の人口は、道内では帯広(16万7560人)についで7番目とのことです(2017年3月末現在)。

なんとか人口減少に歯止めがかかるといいのですがね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 入船陸橋の入船通りから南樽駅側の鉄橋下が綺麗になって古い橋脚も出現してます | トップページ | 木々が一斉に芽吹いて爽やかな黄緑に色づいた小樽公園の白樺林の様子 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
40過ぎのおじさんでもがんばらないといけませんね。

投稿: どう | 2017年5月10日 (水) 23時00分

どうさん、こんばんは。
どうさんも、よろしくお願いします!

投稿: 小梅太郎 | 2017年5月11日 (木) 01時19分

うちの息子は大学が小樽で、小樽に住みました。
息子からメールで「大学から、みんな住民票をきちんと移すようにと言われたけど、平日9~17迄に役所には行けない。代わりに行って」と。
で、私は行って来ましたが、『人口減を心配する役所は、大学に臨時出張したらいいのに』と、この記事読んで思いました;

投稿: さっぽっこ | 2017年5月13日 (土) 12時00分

さっぽっこさん、こんばんは。
なるほど、確かに、そうは言われても、なかなか平日に役所に行かれない、という方は多そうですよね。
人口減を食い止めるのは、なかなか難しそうではあるのですが、役所側としても、色々とできる対策がありそうですね。

投稿: 小梅太郎 | 2017年5月14日 (日) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/65259708

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースより/小樽市の人口がついに12万人を割ってしまいました(2017年5月8日現在の速報値):

« 入船陸橋の入船通りから南樽駅側の鉄橋下が綺麗になって古い橋脚も出現してます | トップページ | 木々が一斉に芽吹いて爽やかな黄緑に色づいた小樽公園の白樺林の様子 »