« 【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣 | トップページ | 小樽も寒いです。11日・12日の最低気温はマイナス10℃を切りました »

2017年1月12日 (木)

入船の高台にある中区配水池は工事中〜入船・松ヶ枝の配水池について

Otaru_20161228_121751


入船小学校のグラウンドの裏手を上った高台にあるこの施設、水道施設の中区配水池という現役の施設です。

写真は昨年(2016年)12月撮影で、この広場には円柱状の変わった物体が立ち並んでいるのですが、この時すでに雪に埋まっていて、先端がちょっと見えてるだけですね。

実は、そのさらに前の10月にもここを見に行っていて、その時の写真がこちらです。

※以下の写真は2016年10月撮影です。
Otaru_img_2709

円柱状の物体(これは通気口だそうです)が並ぶ光景は、何だか奇妙ではあるんですがとても印象的で、結構好きな風景です(笑)

で、ここが現在工事中なんですよね(本当は工事中ということを投稿したかったんです。もっと早くに…)。


入船の中区配水池は工事中

Otaru_20161025_124732
(写真は2016年10月撮影)

横の看板には“配水池をつくっています”と書かれていて、中区配水池築造工事という名称で工事がされてます。期間が平成30年3月9日までということで、来年ですね。先は長いですね。

Otaru_20161006_144110

そこで気になるのが、先ほどの円柱状の物体がどうなるのかなんですが、写真を撮っている時に警備の方が、このちょっとかわった形状の施設は貴重らしいのでそのままらしいよ、って教えてくれました。

Otaru_img_2557

さて、この配水池という施設についてなんですが、以前、北海道新聞朝刊の折込紙の「新ねっとわーく小樽 No.16(2015年11月)」に、詳しく掲載されていたので、その内容を元に書き留めておきたいと思います。


入船・松ヶ枝の配水池について

まず、浄水場で作られた水を溜めておくのが配水池ですね。これで安定して水を供給できるわけです。

ここ入船の中区配水池は今なお現役ながら、昭和2年に完成したものとのことなんですよね(昭和37年に増設)。

Otaru_img_2572
(写真は2016年10月撮影)

この敷地の地中には、水を溜めるための施設が隠れているわけですが、地上の円柱状の通気口を含めて、歴史的建造物ともいえるものなんですね。

Otaru_img_2573

円柱状の形が特徴的な通気口があるのは、この時期に作られた施設だけだそうですよ。

ちなみに、この場所から坂道を下りていったところに、低区配水池もあるんですが、なんとそちらは大正3年に小樽の水道が創設された際にできた、市内最古の配水池だそうです。

Otaru_20161025_125045

低区配水池には、円柱状の施設はなくて、一見、ただの何もない広場に見えます。

Otaru_20161025_125118

中と低があるなら高もあって、高区配水池は松ケ枝町の高台の旧松ヶ枝配水センターの近くにあり、そちらは中区配水池と同じ昭和2年完成で(昭和34年増設)、円柱状の通気口もあるのですが、周囲も立ち入り禁止のために見ることはできません。

市内には数多くの配水池があるそうですが、中でもこの3つの施設は大規模なものだそうで、ここから送られる水は、色内から築港周辺まで、小樽市街中心部の大部分をカバーするそうですよ。

そういえば、この配水池のある高台周辺は、地元の方々から水道山と呼ばれてるんですよね。

そうそう、先ほど出てきた旧松ヶ枝配水センターは、昭和46年開設ながら平成15年に天神浄水場に機能を移したことによって、現在は閉鎖しているのですが、建物下が配水池となっていて、それは今も使用されているそうです。

Otaru_img_2334

Otaru_img_2336

参考:新ねっとわーく小樽 No.16(2015年11月)


おわりに

Otaru_img_2574

ということで、入船の中区配水池に加えて、低区配水池と高区配水池についてでしたが、今回は中区配水池が工事なのをきっかけに記事を掲載したのですが、「新ねっとわーく小樽 No.16(2015年11月)」に掲載されていた内容を、いつか書き留めておこうと思っていたんですよね。

それが、ようやくできました。

【関連記事】
入船と奥沢の境の坂道を歩く〜松ヶ枝町から上って入船小学校裏の下り坂へ
入船町の上水道配水センター
松ヶ枝町の気になる変わった建物は高圧量水器室(?)
松ヶ枝町の気になる四角い建物は「小樽市水道松ヶ枝配水センター」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣 | トップページ | 小樽も寒いです。11日・12日の最低気温はマイナス10℃を切りました »

その他の気になる建物」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させてもらってます(^^)

私は入船小の卒業生なので中区排水池とても懐かしいですね。
当時はあの光景が不気味で中々近寄れなかったです。笑
そして低区排水池もあったとは・・・
以前、低区排水池から歩いて1〜2分のところに住んでたのですが全く知らなかったです・・・(^^;
勉強になりました。

投稿: 5109210 | 2017年1月13日 (金) 08時43分

5109210さん、こんばんは。
いつも見ていただき、ありがとうございます。
入船小の卒業となると、ここ中区配水池はお馴染みの場所ですね。
確かに、一見得体の知れないものが並んでいて、ちょっと不気味でもありますね。
低区配水池の近くに住んでいたのですね。
低区配水池のほうは、ただの広場にしか見えないので、普通は分かりませんよね。

投稿: 小梅太郎 | 2017年1月14日 (土) 00時15分

30年ほど前、幼少期に祖母(故人)が遊んでくれたあの不思議な場所はなんだったのだろうと、住所を頼りに検索した結果、こちらの記事に辿り着きました。消火栓の様なものがたくさん立ち並んだ場所でかくれんぼをしたという記憶しかありませんでしたが、消火栓ではなく円柱状の通気口だったのですね。祖母が通気口の影に隠れてワッと驚かしてきた姿を思い出し、懐かしい気持ちになりました。また、幼少期のおぼろげな記憶が夢ではなかったと知ることができてスッキリしました。この場所を記事にして下さりありがとうございます。

投稿: | 2019年2月15日 (金) 03時22分

こんばんは。
コメントありがとうございます。
子供の頃に、ここで遊んでいたのですね。
子供の頃に、この不思議な物体を見たら、“あれはなんだったんだろう!?”って、記憶に残りますよね。
懐かしい思い出とともに、おぼろげな記憶がスッキリされたということで、この記事がお役に立ってよかったです!!

投稿: 小梅太郎 | 2019年2月16日 (土) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入船の高台にある中区配水池は工事中〜入船・松ヶ枝の配水池について:

« 【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣 | トップページ | 小樽も寒いです。11日・12日の最低気温はマイナス10℃を切りました »