« 冬のちょっとした風景〜夕暮れ時の雪のメルヘン交差点 | トップページ | 小樽も極寒!!〜1月24日の朝はこの冬一番の冷え込みでした »

2017年1月24日 (火)

厄介な雪かきをスポーツにして楽しんでしまう「第4回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2017」が今年も2月18日に開催

こちらの冬は、毎日の雪かきが本当に大変なんですが、その厄介な雪かきをスポーツにして楽しんでしまおうというイベント「第4回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2017」が、今年も開催されます。

Otaru_20170123_235738

開催日は、2017年2月18日(土)で、メイン会場は今年もおたるマリン広場(第3号埠頭多目的広場)ですね。

スポーツの力で高齢化に伴う除雪問題を解決し、地域の活力再興と交流促進を実現しよう!
スポーツ雪かき | 日本スポーツ雪かき連盟 Official Website

というキャッチコピーの大会ですが、特徴のひとつとして、メイン会場のおたるマリン広場にくる前に、午前中に第1競技として市内でのボランティア雪かきが組まれていて、昨年は松ヶ枝地区で、今年は最上地区の高齢者居住地域の生活道路を雪かきするそうです。

そして、メイン会場のおたるマリン広場で13時からの開会式後に開催されるのが、雪の塊をスコップで崩し、スノーカート(ママさんダンプ)で10メートル離れた地点に運ぶタイムを競う第2競技の「スノーショベリング&ムーブトライアル」で、これが盛り上がるんですよね。

今年からは一般参加の他に、次のような4部門も新設してます。
LGスポ雪チャンピオンシップ(自治体対抗戦)
インカレスポ雪チャンピオンシップ(大学対抗戦)
ウイメンズスポ雪チャンピオンシップ(女子対抗戦)
ビギナーズスポ雪チャンピオンシップ(初心者対抗戦)

(昨年の様子から)
Otaru_20160227_135549

Otaru_20160227_135757

そして第3競技が、雪だるまの大きさ、数、装飾をポイント化して競う「スノーマンコンテスト」です。

今大会から、参加したすべてのチームの中で最も優秀な成績を収めたチームを「ワールドスポーツ雪かきチャンピオン」として表彰し、優勝旗を授与するそうです。

今年は前日の2月17日(金)に、「雪かきサミット」として、各地域の雪かき事情を話し合い、参加者の交流を深めるレセプションも開催されるそうですが、“国際”と名前が付いているだけあって、実際にも様々な国からも参加してるんですよね。

もう本当に本格的な競技になっていて、実施が国際スポーツ雪かき選手権実行委員会で、主催が一般社団法人 日本スポーツ雪かき連盟、そして、大学生だけで組織された団体「プロジェクトY!」によって、ルール改定が行われています。

さらには今年から、参加者を受入れてもらえる小樽市内の宿泊施設を「スポーツ雪かき選手村」として募集していて、認定された選手村は、国際スポーツ雪かき選手権のサイト内で紹介しています。

ということで、毎年どんどん内容がバージョンアップしていってますが、今年もなんだか楽しそうです。

詳しくは、大会公式サイトで。
スポーツ雪かき | 日本スポーツ雪かき連盟 Official Website

※参考ニュース
第4回国際スポーツ雪かき選手権!2/18開催 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
・2016.12.02北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2017.1.18北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
※昨年の記事です。
雪かきをスポーツに!〜「第3回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2016」が開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 冬のちょっとした風景〜夕暮れ時の雪のメルヘン交差点 | トップページ | 小樽も極寒!!〜1月24日の朝はこの冬一番の冷え込みでした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
雪かき、大変ですよね
小樽の実家は年寄りの両親が二人で暮らしていますが、いつまで自力で雪かき出来るのか…毎年心配してます。遠くにいて直ぐに手伝いに行けないので尚更です。
そんな雪かきが本格的にスポーツになっていたとは!今回初めて知りました。
大変さを逆手に取ってスポーツとして楽しむ、そして大会前には高齢者宅の雪かきボランティアまで!
素晴らしいですね。
機会があれば参加したいです。もう20年以上雪かきしてないから無理かな?

話は変わりますが、小梅さんの記事の内容はもちろん、他の方のコメントも楽しませていただいてます。
子どもの頃の、まだ今よりずっと活気があった小樽の記憶がよみがえり、懐かしくて。
近くにそんな話を出来る人もいないので、小梅さんや他の読者さんと思い出を共有しているようで嬉しいです。
これからも楽しませていただきます。

投稿: 梅子 | 2017年1月24日 (火) 22時10分

雪はねのデメリットをメリットに変える発想とか見習わなければなりません。私の住む街は一昨日昨日の大雪で道には動かない車で大渋滞イライラしているのか?怒鳴り合いしている方々も(゚-゚)
見ているこちらが恥ずかしい…
ちなみに私は職場まで1、5キロの道のりを3時間かけて出勤しました(笑)

投稿: 小樽が故郷 | 2017年1月24日 (火) 23時35分

梅子さん、こんばんは。
そうですね。やっぱり雪かきは大変です。
近所にも年配の方が多いですが、雪かきは重労働ですから、心配される気持ちはよく分かります。遠くにいると、尚さらですね。
それにしても、そんな雪かきをスポーツ競技にしてしまったこのイベントは、面白いですよね。
ボランティア活動が組み込まれているのは、本当に素晴らしいです。
雪かき体力は、普段とはまた別なので、20年のブランクは大きいかも(笑)

このブログは、確かに皆さんから寄せられるコメントも小樽愛に溢れていて、読んでいても懐かしく楽しいですよね。
そんな思いをこれからも共有してもらえたら嬉しいです。
是非、当ブログで楽しんでください。


小樽が故郷さん、こんばんは。
厄介な雪かきを楽しんでしまおうという、この発想は素晴らしいですよね。
そういえば、今回はそちらが大雪でニュースにもなってましたが、本当にすごい積もったようですね。
雪で動けないとか、普段、そちらでは出会わないような状況ですから、特にイライラしてしまうのでしょうね。
1.5キロを3時間!?お疲れ様でした(^^;;

投稿: 小梅太郎 | 2017年1月25日 (水) 01時40分

梅子さん、初めまして。

はい、私も小樽生まれ小樽育ち、家内も小樽出身で、現在関西に
住んでおり、当ブログの小梅さんの記事と、梅子さんと同じく、
読者の皆様のコメントを読むことを毎日の楽しみにしています。

犬よりも猫が好き、桜よりも梅が好き、テレビよりFMラジオが
好きな、dlbzw31でした。

投稿: dlbzw31 | 2017年1月25日 (水) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厄介な雪かきをスポーツにして楽しんでしまう「第4回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2017」が今年も2月18日に開催:

« 冬のちょっとした風景〜夕暮れ時の雪のメルヘン交差点 | トップページ | 小樽も極寒!!〜1月24日の朝はこの冬一番の冷え込みでした »