« 天神町のバス停横から真っ直ぐ続く坂道を上ってみた。横には建設中の北海道横断自動車道 | トップページ | JR小樽駅にてガラスアートギャラリー開催中。クリスマスツリーが一緒に飾られてます »

2016年12月16日 (金)

雪景色に囲まれて一層幻想的な「青の運河」を再び。運河プラザの浮き玉ツリー、ワイングラスタワー、キャンドル・バーの様子も【小樽ゆき物語2016-2017】

Otaru_20161210_204645


いや〜、今年は何だか12月からどんどん雪が降りますね。

先日10日の大雪で積もった雪も少しは解けたかと思ったら、15日もかなり雪が降って、また積もってます。

この12月の雪で、観光スポットもすっかり雪景色になってますが、現在小樽運河で開催中の「青の運河」は、雪景色の中でさらに幻想的な光景を見せてくれています。

実は、大雪が降った10日(土)に、その雪景色の中の「青の運河」を見に行ったので、当ブログではすでに青の運河は紹介済みですが、改めてその時の写真を掲載したいと思います。

(浅草橋街園から)
Otaru_20161210_204625

青の運河は、小樽の冬を彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」のメインとも言えるイベントで、小樽運河の浅草橋から中央橋の区間で、橋の欄干や運河沿いの散策路に青色LEDのイルミネーションが設置され、幻想的に運河を照らしているんですよね。

Otaru_20161210_204634

(この日はマイナス4℃)
Otaru_20161210_204616

Otaru_20161210_204558

Otaru_20161210_204535

(寒そうな景色なんですが、対岸の建物がいい雰囲気なんですよね)
Otaru_20161210_204435

Otaru_20161210_204310

Otaru_20161210_204051


Otaru_20161210_204104

(中央橋から)
Otaru_20161210_204146

やっぱり、周囲に雪が積もっている方が、一層綺麗ですね。
雪が降る北国の冬だからこそ、見ることのできる光景ですよね。

青の運河の開催期間は、来年の2017年1月31日(火)までで、点灯時間は日没~22:30までです。


この日は、運河プラザにも足を運びました。

Otaru_20161210_203701

まず、運河プラザの建物前には、こちらも小樽ゆき物語ではお馴染みの、浮き球ツリーが飾られてます。

Otaru_20161210_203649

ガラス製の浮き玉約200個に電飾を施したツリーで、夜にはその電飾がきらめいて、こちらも周囲の雪の中で映えますね。

Otaru_20161210_203706

浮き球ツリーの開催期間は、来年の2017年1月31日(火)までで、点灯時間は16:00〜24:00までです。

Otaru_20161210_203722

運河プラザ内に入ると、これまた小樽ゆき物語でお馴染みの「ワイングラスタワー」が飾られてます。

Otaru_20161210_203742

徐々に色が変わっていく高さ約3mのワイングラスタワーは、撮影スポットにもなってますね。

ワイングラスタワーの設置期間は、2017年2月12日(日)までです。

ちなみに運河プラザ内では、11月12日(金)〜12月24日(土)までの金・土曜日限定で、ワイングラスタワーを眺めながら地元のお酒を楽しめる「キャンドル・バー」が開店してます。

(入り口前の看板)
Otaru_20161210_203715

Otaru_20161210_203757

開店時間は各日18:00〜21:00までで、私が行ったのは、土曜の21時ギリギリでだったので、オーダーはしなかったのですが、ビールなどのアルコール類とおつまみが販売されているので、休憩がてら立ち寄ってみるのもいいですね。

Otaru_20161210_203812

カウンターは入って左奥にありました。

Otaru_20161210_203831


ということで、これらはロングランイベント小樽ゆき物語の一環ですが、11月12日(土)から始まった小樽ゆき物語は、年が明けて2017年2月12日(日)までで、今年もお隣の余市の「余市ゆき物語」と同時に、「小樽・余市ゆき物語」としても開催されています。

※期間中の様々なイベントについての情報は、小樽・余市ゆき物語の公式サイトでどうぞ。
小樽・余市ゆき物語[公式サイト] | 今までもそしてこれからも冬の小樽・余市ではじまるあなたの物語(ストーリー)

今年は何だか12月から雪が降り続き、景色も真冬のようになっていて、地元民としては雪かきが大変なんですが、観光スポット的には、どうせ冬で寒いのなら、北海道らしく雪景色のほうが、いいかもしれませんね。

何たって、“小樽ゆき物語”ですからね。

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」のまとめてます。

※「小樽ゆき物語2016-2017」関連の記事。
小樽運河を幻想的な青色のイルミネーションが照らす「青の運河」【小樽ゆき物語2016-2017】
運河プラザ内のワイングラスタワー【小樽ゆき物語2016-2017】
運河プラザ前できらめく浮き玉ツリー【小樽ゆき物語2016-2017】
JR小樽駅にて今年もガラスアートギャラリー開催中/小樽ゆき物語が始まってます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 天神町のバス停横から真っ直ぐ続く坂道を上ってみた。横には建設中の北海道横断自動車道 | トップページ | JR小樽駅にてガラスアートギャラリー開催中。クリスマスツリーが一緒に飾られてます »

小樽ゆき物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/64630771

この記事へのトラックバック一覧です: 雪景色に囲まれて一層幻想的な「青の運河」を再び。運河プラザの浮き玉ツリー、ワイングラスタワー、キャンドル・バーの様子も【小樽ゆき物語2016-2017】:

« 天神町のバス停横から真っ直ぐ続く坂道を上ってみた。横には建設中の北海道横断自動車道 | トップページ | JR小樽駅にてガラスアートギャラリー開催中。クリスマスツリーが一緒に飾られてます »