« 小樽の人気のお餅屋さん「みなともち」の大福餅を久しぶりに | トップページ | 間もなく小樽の夏が一番盛り上がる「第50回おたる潮まつり」が開催 »

2016年7月26日 (火)

小樽の勝納川散歩〜勝納川に架かる橋を巡る【まとめ記事】

Otaru_20160705_143850rt


今回は、これまで断片的に紹介していた勝納川についての記事を、主に勝納川に架かる橋にスポットをあてて、まとめてみたいと思います。

小樽の勝納川は、奥沢水源地を通って天神・奥沢方面から市街地を流れる二級河川で、元々大きな川のない小樽の中では“川らしい川”です。現在は川沿いには散策路が整備され、静かな風景が続きますが、かつては、その豊富で綺麗な水を求めて、小樽の産業を支える工場が建ち並んでいたことでも知られています。

まずは、天神十字街近くに架かる恩根内橋から、下流に向かって橋ごとに、これまでの記事をまとめています。
まだ、市街地の全流域ではないのですが、それぞれに記事のリンクを貼ってあるので、気になる橋や場所の記事があったら、読んでみてください。
※写真の撮影時期が、まちまちなのでご了承を。

恩根内橋

Otaru_20160705_143442

まず、天神十字街から毛無山方面に向かって、すぐに架かっている橋が、車もよく通る恩根内(おんねない)橋です。

毛無山方面の道路は、途中、分かれて望洋台から朝里方面への抜け道にもなっているので、この橋を車で通る方は多いのではないでしょうか。

Otaru_20160705_143504

※掲載記事はこちら。
勝納川に架かる恩根内橋から下流に向かいます
勝納川に架かる恩根内(おんねない)橋から


蛍雪橋

Otaru_20160705_144032

恩根内橋の次は蛍雪橋ですが、この橋は現在は使用されてないのか、草に覆われていてました(反対側に渡れないようでした)。

それがかえって、興味を引かれますが、こんな橋もあったんですね。

※掲載記事はこちら。
勝納川に架かる草むらに隠れた古い小さな橋は「蛍雪橋」


清美橋

Otaru_20160705_144655

蛍雪橋の次は清美橋ですが、この間の川沿いには、長靴などのゴム製品でお馴染みのミツウマの工場が建ち並んでますね。

清美橋自体は、位置的には近隣の方々以外は渡らない橋かもしれませんね。

※掲載記事はこちら。
ミツウマの工場の間を通って勝納川に架かる清美橋へ


小樽市上水道勝納川水管橋(水道橋)

Otaru_20160705_145457

清美橋の次は勝納川水管橋(水道橋)です。
水管橋ということですが、人一人が渡れる足元が板の橋が架かってました。あっ、板といってもしっかりとした橋です。

ただ、こんなところに水管橋があるとは、知りませんでした。

Otaru_20160705_145600

※掲載記事はこちら。
勝納川に架かる小樽市上水道勝納川水管橋(水道橋)を渡る


栄橋

Otaru_20160705_150251

勝納川水管橋の次は栄橋ですが、この区間から川の横の道路脇に散策路が整備され始めます。また、片側で川の水際まで下りて歩ける散策路も整備されてます。

この辺りからは、これまでの流域と違い、周囲が一気に開けた感じになるんですよね。橋のすぐ横には、スーパーチェーンシガの奥沢店が建ってます。

Otaru_20160705_150059

※掲載記事はこちら。
勝納川に架かる栄橋の手前からは散策路が整備され始めます
勝納川に架かる「栄橋」周辺の様子


奥沢中央橋

Otaru_20160705_152338

栄橋の次は奥沢中央橋です。この辺りは勝納川が奥沢町と真栄町の境になっているのですが、結構、交通量も多い橋ですね。

ここからは、川の両岸に散策路が整備され、川沿いに下りて、水際を下流まで散策することができます。

Otaru_20160705_152316

※掲載記事はこちら。
勝納川を栄橋を過ぎて奥沢中央橋まで〜この辺りは散策路が整備されてます
勝納川に架かる奥沢中央橋とちょっと気になる共成稲荷大神


上の橋

Otaru_20150530_135538

奥沢中央橋の次は上の橋(かみのはし)です。もちろん、川沿いを散策できます。

この上の橋のすぐ横には、昨年、惜しまれながら小樽での生産を終えた北の誉酒造の「酒泉館」の建物がまだ建っています(2016年7月現在)。

Otaru_20150530_135507

※掲載記事はこちら。
勝納川の国道5号線からひとつ上流に架かる端「上の橋」


高砂橋(国道5号線)

Otaru_dsc05151

上の橋の次は、ちょっと距離があって、国道5号線の高砂橋です。この間は、川沿いの散策路を散歩するのも、なかなか気持ちのよい区間です。

もちろん、国道の橋なので、皆さんしょっちゅう通ってると思いますが、この橋の下も川沿いが散策路があって歩けるんですよね。

下流側見ると、右手に南樽市場がある風景は、見慣れた風景かもしれませんね。

Otaru_20150328_141725

※掲載記事はこちら。
勝納川の川沿いを散歩〜真砂橋から高砂橋を過ぎて北の誉の酒泉館のところまで歩いてきました
再び勝納川の鯉のぼり〜高砂橋から

※こちらの記事は、この辺りの区間の冬の散歩記事です。
冬のちょっとした風景〜雪の勝納川を眺めてみる


真砂橋

Otaru_dsc04997_2

国道5号線の高砂橋の次は、南樽市場の海側に架かる真砂橋です。

ここには、こどもの日に合わせて、川にたくさんの鯉のぼりが飾られるのが、風物詩にもなってますね。
※2016年の鯉のぼりの様子です。
すっかり春の風物詩〜今年も勝納川に鯉のぼりが飾られました【写真追記あり】

真砂橋の海側には、一般の橋ではなくて、JR函館本線橋梁が架かってます。

Otaru_dsc04996

※掲載記事はこちら。
春の勝納川に鯉のぼり〜真砂橋から


真栄橋

Otaru_20151220_131228_hdr

真砂橋からJR函館本線橋梁を挟んで、次は真栄橋です。
真栄橋という名前ですが、この辺りの住所は、勝納川を境に信香町と勝納町なんですよね。

ここから下流の橋は、間隔が短いです。

Otaru_20151220_131530

※掲載記事はこちら。
勝納川に架かる真栄橋と真栄橋歩道橋。場所はJRの橋梁のすぐ海側


河原橋

Otaru_20151220_131917

真栄橋の次に架かる橋が河原橋で、幅が車一台が通る程度の小さな橋です。

この辺りは川の周囲に建物があって、位置的には川を目にすることが、あまりないかもしれませんね。

(すぐ上に真栄橋が見えます)
Otaru_20151220_132024

※掲載記事はこちら。
勝納川に架かる小さな河原橋とその下流の旭橋


旭橋

Otaru_20151220_132445

河原橋の次が旭橋で、ここは結構車が通ります。あっ、ケーズデンキがすぐ近くです。

この辺りも川沿いの散策路が通ってるのですが、歩いたことはまだありません。

上流側の河原橋からすぐで、下流側の次の勝納橋とも比較的距離は近いです。
(見えるのは、下流側の次の勝納橋)
Otaru_20151220_132457

※掲載記事は、先ほどの河原橋と同じ記事に掲載してます。
勝納川に架かる小さな河原橋とその下流の旭橋


勝納橋(臨港線)

Otaru_dsc08713

旭橋の次が、臨港線(北海道道17号小樽港線)の勝納橋です。

車に乗っていると、あまり橋という感じがしないのですが、下には川が流れてます。

Otaru_dsc08716

※掲載記事はこちら。
臨港線に架かる勝納橋と凍る勝納川


おわりに

今回の小樽の勝納川散歩のまとめ記事は、ここまでです。

Otaru_20160723_154417_hdr

ちなみに勝納川は、勝納橋の先で第二期運河に入り、その流れが海へと注ぐ場所には勝納大橋があるのですが、その橋はまだ記事にはしてません。
※関連記事:勝納川は第二期運河へ

また、上流方面についても、地図を見ると、まだ清川橋や天神橋といった橋があり、川の水際ではないですが、散策路の整備されている区間もあるようなので、機会があったら、そちらにも行ってみたいと思います。

更に上流にある奥沢水源地については、カテゴリー「奥沢水源地(水すだれ)」にまとめてますので、そちらもどうぞ。

ということ、以上、長々と勝納川散歩でした。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 小樽の人気のお餅屋さん「みなともち」の大福餅を久しぶりに | トップページ | 間もなく小樽の夏が一番盛り上がる「第50回おたる潮まつり」が開催 »

小樽の川・橋」カテゴリの記事

コメント

「勝納川散歩」、力作でしたね。

私のこの川の印象というのは、今までは各企業中心に見てきたものでしたが、橋を中心とした今回のシリーズで、今度通る時は、当ブログを思い出すことでしょう。

投稿: dlbzw31 | 2016年7月26日 (火) 08時59分

dlbzw31さん、こんばんは。
本当は、関連記事の一覧を作るだけの予定だったのですが、気付いたらこんなに長い記事になってしまいました(^-^;
今回は、勝納川を辿るのにまとめやすかったので、橋にスポットを当てました。
勝納川沿いを歩くときの参考になれば嬉しいです。

投稿: 小梅太郎 | 2016年7月27日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽の勝納川散歩〜勝納川に架かる橋を巡る【まとめ記事】:

« 小樽の人気のお餅屋さん「みなともち」の大福餅を久しぶりに | トップページ | 間もなく小樽の夏が一番盛り上がる「第50回おたる潮まつり」が開催 »