« 「おたる雛めぐり2016」で運河ターミナルから堺町通りをめぐってきました〜運河ターミナル・利尻屋みのや・ホクレンふうど館・北一硝子アウトレット | トップページ | 小樽公園の白樺林横から花園グラウンドへ雪の一本道を歩いてきました »

2016年3月 3日 (木)

「おたる雛めぐり2016」参加の歴史的建造物「坂牛邸」〜田上義也記念室は閉館してます

小樽市内44カ所の参加店・施設で、様々な雛人形が展示される恒例のイベント「おたる雛めぐり2016」が、2月20日(土)~3月6日(日)の日程で開催中です。

その参加施設の1つ、小樽公園の南側(入船町側)の道路沿いに建つ、小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」に、先日(2月28日)行ってきました。

Otaru_20160228_114841

この何とも素敵な外観の坂牛邸は、田上義也氏の設計による昭和2年(1927年) 建築の邸宅です。

実はですね、ここ坂牛邸は平成22年から、設計者の田上義也記念室として、週末(基本は毎週金・土・日曜)に公開されていたのですが、知らないうちに閉館してしまっていたんです。

Otaru_20160228_112733

玄関横にあった、プレートもありません。

Otaru_20160228_112738

※閉館に気付いた時の記事がこちら。
雪の坂牛邸〜あれ?田上義也記念室のプレートがない?

つまり、それまでは建物内を見学できたのが、記念室の閉館によりそれができなくなったんですよね。

Otaru_20160228_114817


で、「おたる雛めぐり2016」ですが、毎年、坂牛邸も参加していたので、今年はどうなるのかと思っていたのですが、今年も参加してます。

ということは、記念室の閉館で建物内に入れなかったのが、このおたる雛めぐりの期間中は、建物内に入れるということですね。

ただし、坂牛邸での雛めぐりの公開日は金・土・日のみなので、残るは3月4日(金)~3月6日(日)です。
時間は10:00~15:00と、終わる時間が早いので要注意です。

Otaru_20160228_112721

玄関に入って、1階左奥の和室に、小樽出身の人形作家・石田節子さんの創作人形と、クラフト作家・田中眞理さんの作品などが展示されています。作家さんの作品ということもあって、今回、写真撮影は遠慮しておきました。

また、建物内の写真撮影は、目的が個人使用のみということなので、掲載は控えておきますね。

雛めぐりと建物内が気になる方は、是非、今週末に坂牛邸まで出かけてみてください。入場は無料です。

こちらの小樽観光案内所スタッフさんのブログで、おたる雛めぐりの坂牛邸の様子が掲載されていますので、参考まで。
「おたる雛めぐり」…№40坂牛邸.その2 | 小樽観光案内所スタッフブログ

※おたる雛めぐり2016の公式サイトはこちらです。
おたる 雛めぐり

Otaru_20160228_114813

そうそう、坂牛邸にいて案内してくれた方に聞いたのですが、この坂牛邸について、田上義也記念室は閉館してしまいましたが、今後、公開に向けて、何らかの動きはあるかもしれないということでしたので、ちょっと期待してます。


NPO小樽ワークスのサイトがリニューアル

さて、元々この坂牛邸は、小樽の歴史的建造物の保存・活用に取り組む、NPO小樽ワークスが維持管理していたのですが、先日、田上義也記念室の閉館に気付いた時に、ちょうどNPO小樽ワークスのサイトも繋がらず、いったいどうしたのか!?と思っていたんです。

それはどうやらサイトがリニューアル中だったようで、現在は公開されています。

※NPO小樽ワークスのリニューアルされらサイトはこちら。
NPO 小樽ワークス

今回のリニューアルでは、小樽の歴史的建造物のより詳細な資料やその英語訳ページの新設、ウェブページのスマートフォンへの対応などが行われたようです。

以前のサイトでは、坂牛邸を中心に掲載されていたのですが、より小樽全体の歴史的建造物に焦点を当てたようです。

NPO小樽ワークスも、次にどのような活動をするのか、気になりますね。

【おたる雛めぐり2016関連記事】
「おたる雛めぐり2016」で運河ターミナルから堺町通りをめぐってきました〜運河ターミナル・利尻屋みのや・ホクレンふうど館・北一硝子アウトレット
住吉神社にて開催された「おたる雛めぐり記念雅楽演奏会」を聴きにいってきました
JR小樽駅で「おたる雛めぐり2016」で展示中のお雛様を見てきました
まだ見に行ってませんが「おたる雛めぐり2016」が2月20日(土)より始まりました

Otaru_20160228_115037

【坂牛邸関連記事】
雪の坂牛邸〜あれ?田上義也記念室のプレートがない?
坂牛邸の庭で馬酔木が白い花をたくさんつけてます
再び坂牛邸へ
冬の坂牛邸
小樽公園の白樺林の紅葉と坂牛邸

Otaru_20160228_115039


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 「おたる雛めぐり2016」で運河ターミナルから堺町通りをめぐってきました〜運河ターミナル・利尻屋みのや・ホクレンふうど館・北一硝子アウトレット | トップページ | 小樽公園の白樺林横から花園グラウンドへ雪の一本道を歩いてきました »

イベント」カテゴリの記事

コメント

今回も、坂牛邸の近くまで歩いて行きましたが、雪で行けませんでした。でも、何とかまた公開を再会して欲しいですよね。
あ、妙見小僧も見ましたよ。寒そうでした!
寒いよね、あの姿じゃあね。

4月にも行きます。

投稿: John 1940 | 2016年3月 3日 (木) 15時10分

John 1940さん、こんにちは。
坂牛邸の記念館の閉館は残念です。
ただ、また公開されることになるかもしれない、ということなので、期待したいですね。
この時期の妙見小僧は、かなり寒そうですよね(笑)
次は雪解けの小樽ですね!

投稿: 小梅太郎 | 2016年3月 4日 (金) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/63291693

この記事へのトラックバック一覧です: 「おたる雛めぐり2016」参加の歴史的建造物「坂牛邸」〜田上義也記念室は閉館してます:

« 「おたる雛めぐり2016」で運河ターミナルから堺町通りをめぐってきました〜運河ターミナル・利尻屋みのや・ホクレンふうど館・北一硝子アウトレット | トップページ | 小樽公園の白樺林横から花園グラウンドへ雪の一本道を歩いてきました »