« 梁川通りの日本酒製造・販売の老舗「山二わたなべ」が酒造から撤退するというニュース | トップページ | 小樽市への移住を促進するプロモーション映像がYouTubeで公開されています »

2016年1月29日 (金)

ニトリが小樽の歴史的建造物(旧荒田商会・旧高橋倉庫・旧三井銀行小樽支店)を改装して美術館を開設するというニュース

Otaru_dsc05432r


小樽に嬉しいニュースがありました。

家具・インテリア製造小売り最大手のニトリホールディングスが、小樽の歴史的建造物を改装して美術館を開設するようです。
ニトリって札幌の会社なんですよね。

2016年1月28日付 北海道新聞朝刊に掲載されていたのですが、その美術館にする歴史的建造物というのが、旧三井銀行小樽支店旧荒田商会、そして旧高橋倉庫の3つの建物なんですね。

これらの建物は、いずれも現在は使われてないんです。なので、歴史的建造物の活用という点でも、とても嬉しいニュースなんですよね。

すでにニトリホールディングスは建物を取得していて、改装して年内の開業を目指すそうです。

北海道新聞の記事によると(引用はYahoo!ニュースより)

家具・インテリア製造小売り最大手ニトリホールディングス(HD、札幌)は北海道への文化貢献のため、小樽市に美術館を開設する方針を固めた。美術館にする建物として、同市中心部にある歴史的建造物を既に取得した。改装して年内の開業を目指す。同社は著名な画家による絵画やステンドグラス作品などを多く所有しており、どんな作品を展示するかは今後検討する。似鳥昭雄社長は「文化の普及と観光に役立てたい」と話している。
ニトリ、小樽に美術館 歴史的建造物を改装、年内にも (北海道新聞) - Yahoo!ニュース

ということで、展示内容は検討中で、美術館の名称や総事業費は決まっていないとのことです。


3つの歴史的建造物〜旧荒田商会・旧高橋倉庫・旧三井銀行小樽支店

ではここで、美術館にするという今回の3つの歴史的建造物について。

旧荒田商会旧高橋倉庫は、どちらも小樽市の歴史的建造物に指定されていて、小樽運河に近くの臨港線沿いに並んで建っているんですよね。

浅草橋側からすぐのところで、旧荒田商会が通り沿いにあり、その背後に旧高橋倉庫が建ってます。

(旧荒田商会)
Otaru_20141112151839t

(旧高橋倉庫)
Otaru_20141112151532

実はこの2つの建物は、最近まで石原プロによるエンターテインメント施設「おもしろ撮影館」として活用されていたんですよね。

平成24年(2012年)4月にオープンした「おもしろ撮影館」は、平成26年(2014年)9月に残念ながら早くも閉館してしまい、その後は未使用のままでした。

Otaru_dsc05243r
(おもしろ撮影館オープン時の様子)

旧荒田商会が昭和10年 (1935年 )建築で、旧高橋倉庫が大正12年(1923年)建築の木骨石造倉庫です。


そして、もう1つの旧三井銀行小樽支店は色内大通り沿いに建っているのですが、実は旧荒田商会と旧高橋倉庫とは、背中合わせに隣接しているんですよね。

Otaru_20151116_140131_hdr

昭和2年(1927年)建築のこの重厚な建物は、小樽市の歴史的建造物には指定されてないのですが、小樽を代表する銀行建築です。

銀行としては、平成14年(2002年)に三井住友銀行小樽支店として営業を終了し、その後は「白い恋人」の石屋製菓の所有となっていたのですが、一般開放はしてなかったんですよね(ん?今回、それでニトリが取得したということか!?)。

Otaru_20151116_140048_hdr

隣接している3つの建物が美術館として生まれ変わって、建物内にも入れるようになるのは、とても楽しみですね。

そうそう、旧三井銀行小樽支店の色内大通りを挟んで向かいに建つ、小樽市指定歴史的建造物の「旧越中屋ホテル(旧小樽グランドホテルクラシック)」は、先日、ホテルとして再開の予定というニュースがありました。
※こちらの記事。
ニュースより/現在未使用の歴史的建造物「旧越中屋ホテル」がホテルとして再開の予定

ひょっとして、観光客で賑わうスポットがこの一帯にまで広がるかもしませんね。

【関連記事】
隣り合う小樽市指定歴史的建造物の「旧荒田商会」と「旧高橋倉庫」
旧三井銀行小樽支店
ブラタモリ小樽〜タモリさんの足跡を辿る【後編】《水天宮〜花園町〜銀行の集まる交差点〜旧三井銀行小樽支店〜北運河》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 梁川通りの日本酒製造・販売の老舗「山二わたなべ」が酒造から撤退するというニュース | トップページ | 小樽市への移住を促進するプロモーション映像がYouTubeで公開されています »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

小梅太郎さんこんにちわ~ マイナス気温の続く中 情報発信ありがとうございます ニュースにて銀行は直ぐに分かったのですが…他の二箇所は(・・?でしたが… ブログにて( ^ω^)おっおっおっです  石原プロの【おもしろ撮影館】でしたか  オープンして間もなく 孫を連れて遊んできました  これからも( `・∀・´)ノヨロシク~

投稿: 梅子 | 2016年1月29日 (金) 16時33分

旧三井銀行は小樽市指定歴史的建造物には指定されてないんですね。所有者が指定による制約をきらったんでしょうか?それにしても、閉鎖が続くなか明るいニュースです。
小樽市指定歴史的建造物には、旧日本郵船(株)支店長社宅のように手入れをしていないせいか、???と思うものもありますね。

投稿: はてな氏 | 2016年1月29日 (金) 17時02分

美術館が出来るのですか~。楽しみですね。
そうそう旧三井銀行の所有は、何年か前からニトリさんになっていたはずです。

投稿: surigon | 2016年1月29日 (金) 23時36分

梅子さん、こんばんは。
寒い日が続きますよね。
そうそう、この3つの建物は、隣接してるんですよね。参考になって良かったです。
おもしろ撮影館に行かれたのですね。私は結局行く機会がないまま閉館して後悔したので、この美術館のオープンが楽しみです。


はてな氏さん、こんばんは。
歴史的建造物がこうやって活用されるのは、嬉しいですね。
旧三井銀行小樽支店は、まぎれもなく重要な歴史建造物でしょうが、小樽市の歴史的建造物には指定されてないようです。
確かに旧日本郵船(株)支店長社宅はどうしたのかな?って思いますね。


surigonさん、こんばんは。
3つの歴史的建造物で、美術館ができるそうです。
楽しみですね。
あっ、旧三井銀行小樽支店の所有はもう変わってましたか!?

投稿: 小梅太郎 | 2016年1月30日 (土) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニトリが小樽の歴史的建造物(旧荒田商会・旧高橋倉庫・旧三井銀行小樽支店)を改装して美術館を開設するというニュース:

« 梁川通りの日本酒製造・販売の老舗「山二わたなべ」が酒造から撤退するというニュース | トップページ | 小樽市への移住を促進するプロモーション映像がYouTubeで公開されています »