« 「館ブランシェ」の奥の喫茶が復活〜セルフサービスから通常サービスに | トップページ | 第21回小樽市都市景観賞と都市景観奨励賞が発表されました(平成27年) »

2015年11月30日 (月)

小樽運河が幻想的な「青の運河」に【小樽ゆき物語】

今年の冬も、小樽運河を幻想的な青色のイルミネーションで彩るイベント「青の運河」が始まってます。

Otaru_20151124_170403

期間は、2015年11月21日(土)~2016年1月31日(日)までで、小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」が11月21日(土)から始まってますが、その一環として、昨年に続き今年も開催されてます。

小樽運河の浅草橋から中央橋にかけてが、青色LEDの電球約1万個で彩られているんですよね。

イルミネーションが点灯するのは、日没~22:30までとのことです。
(参考:「オープニングセレモニー・点灯式」…小樽・余市ゆき物語 | 小樽観光案内所スタッフブログ

Otaru_20151124_170513

Otaru_20151124_170253

Otaru_20151124_170156

見に行った時は、雪が降っていて、まだ完全に日が暮れてなかったのか、ちょっと明るいのはご勘弁を。

Otaru_20151124_170033

Otaru_20151124_165921

Otaru_20151124_165832

初日の21日には、小樽運河の浅草橋街園でオープングセレモニーがあったそうですよ(行けませんでしたが…)。

遠くから運河に近づくと、ぼんやりと青色が浮かび上がってくるのですが、実際に運河で見てみると、これがなかなか幻想的で素敵なんです。

運河クルーズの船かな?船も青に彩られてました。
Otaru_20151124_170408

Otaru_20151124_165911

街灯にも電球が飾られてますね。
Otaru_20151124_170121

夜の運河は昼間と違い、人はまばらでとても静かなんですが、何だかとてもいい雰囲気なんですよね。

これから本格的な冬に入って、周囲が雪で真っ白になると、さらに素敵な眺めになりますね。

ただ、冬の夜の運河はとても寒いので、お出かけの際は暖かな服装で!

※今年の「小樽ゆき物語」は、お隣余市町の「余市ゆき物語」と同時開催となります。公式サイトはこちら。
小樽・余市ゆき物語[公式サイト] | 今までもそしてこれからも冬の小樽・余市ではじまるあなたの物語(ストーリー)

【関連記事】
※昨年の青の運河の様子はこちら、
小樽運河を青く幻想的に照らす「青の運河」が開催中/「小樽ゆき物語」より

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 「館ブランシェ」の奥の喫茶が復活〜セルフサービスから通常サービスに | トップページ | 第21回小樽市都市景観賞と都市景観奨励賞が発表されました(平成27年) »

小樽ゆき物語」カテゴリの記事

コメント

今日に限りませんが、実際の訪問月日と大体の撮影時刻を書いていただきたい。

投稿: 第六感 | 2015年11月30日 (月) 22時32分

私、「うるさいオヤジ」と言われていますが、第六感さんの
希望される「実際の訪問月日、撮影時刻」これは不要かと存じます。

なぜなら、実際の撮影日でない場合は、きちんとその説明もありますし、時間も、写真を見て、「ああ、お昼ごろ行かれたんだな」と察することが出来るからです。

あまりきちんとし過ぎると、このブログの良さの一つであるゆったりとした雰囲気が損なわれるかと思うのですが、如何でしょう、第六感さん。

投稿: dlbzw31 | 2015年12月 1日 (火) 13時02分

小梅太郎様
寒い中のでの撮影ご苦労様です。
青く輝く運河がキレイです。
ゆき物語の期間中は運河プラザの時間を延長して
営業しているようで観光協会の本気度がうかがえます。
出来れば堺町通りなど界隈のお店もこの期間中は営業
時間を延長して欲しいですね。

平成27年度上期の観光入込客数は、413万と前年同期より
25万増加したようです。夜の観光に力を入れて小樽での宿泊を
増やすのが課題だと思います。


投稿: dialin6700 | 2015年12月 1日 (火) 14時50分

お返事有難うございます。分かりました。

投稿: 第六感 | 2015年12月 1日 (火) 16時42分

第六感さん、オバンです。

ウルサいこと言ってスミマセンでした。

これからもこの「小樽日記」、楽しみましょうね。

ところで。

ああ~、シャコの刺身食べたし。
小梅さんのせいで、ここ最近頭からシャコ、離れず・・・。

小梅さん!どーしてくれるんですかあああ~(笑)!

投稿: dlbzw31 | 2015年12月 1日 (火) 19時47分

第六感さん、dlbzw31さん、こんばんは。
貴重なご意見、ありがとうございます。

今のところ、全てに訪問月日や写真撮影時刻を明記する予定はございませんが、なるほど、いつ何どきの写真かの情報があったほうが親切な場合もありますね(上の写真は午後5時くらいの撮影で、このような様子でした)。

これまでも、季節ものの記事などには日付を記載してますが、写真のだいたいの時間も含めて今後も留意したいと思います。が、あくまでこちらで必要と判断した場合となるのはご了承願います。

dlbzw31さんに言っていただいた、当ブログのゆったりとした雰囲気、というのは大切にしたいと思います。
第六感さん、dlbzw31さん、これからも、当ブログをよろしくお願いします。


dlbzw31さん、小樽のシャコはとにかく美味しいですからね(^-^;
小樽の秋シャコ漁ももうすぐ終わりです。


dialin6700さん、こんばんは。
青の運河、行ってきました。やはり綺麗ですね。
けど、やっぱり寒かったです。
寒い夜の見学時には、運河プラザが開いていると、ホッと嬉しいんですよね。
確かに、観光関連スポットは、連動して営業時間が延長してもらえるといいのですが…
今後は小樽で宿泊してもら観光客を増やすのが、やっぱり課題なのでしょうね。

投稿: 小梅太郎 | 2015年12月 2日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽運河が幻想的な「青の運河」に【小樽ゆき物語】:

« 「館ブランシェ」の奥の喫茶が復活〜セルフサービスから通常サービスに | トップページ | 第21回小樽市都市景観賞と都市景観奨励賞が発表されました(平成27年) »