« 「小樽市プレミアム商品券」の2次販売に約2,000人の行列。2日間で約8,000人が殺到で早くも完売 | トップページ | 夏季公開中の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)を見に行ってきました »

2015年8月11日 (火)

市立小樽文学館にて企画展「小樽・坂道物語展」開催中(まだ行ってませんが、是非行きたい!)

Otaru_20150524_095112rr


現在、市立小樽文学館にて、とても面白そうな企画展が開催されています。

企画展「小樽・坂道物語展

期間は8月8日(土)~9月6日(日)で、時間は9:30~17:00まで。
休館日は月曜日です。
入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

小樽は坂の街でも知られてますが、「船見坂」や「地獄坂」といった、観光ガイドブックにも乗っているよく知られた坂道から、名前は付いているものの、一般には知られてない坂道、そして、もちろん名前などない坂道と、とにかく坂道ばかりです。

このブログでも、小樽の坂道をよく取り上げてますが、生活する上で、何かと大変ではあるその坂道もまた、小樽らしさのひとつですよね。

小樽文學舎の公式サイト内の市立小樽文学館のページによると、

小樽は海と坂道の街であり、「船見坂」「外人坂」「地獄坂」「励ましの坂」など愛称で呼ばれる坂道は50にも及びます。季節ごとに、風景も足もとの状況も大きく変化する坂道は、行き交う人々にこの街で暮らす実感を、身体の感覚として与えてきました。詩歌、小説、映画にもさまざまな坂道が描かれ、そうした「坂道」に伴う数々の物語を作品の一部や写真、絵画などで構成します。会場内に坂道の急斜を実感できる装置も作成します。
小樽文学館

とのことです。

私はよく、汗をかいて、ヒ〜フ〜いいながら坂を上ったら、振り返って今上ってきた坂道、そしてその先に続く景色を眺めるんです。
そこから見える風景のひとつひとつが、小樽ならではと思っていて、それをこのブログでも紹介しています。

当ブログの坂道についての記事は、カテゴリー「 小樽の坂」にまとめてますのでどうぞ。

いや〜、それにしても、今回の文学館の企画展「小樽・坂道物語展」は、まるで坂好きの私のための企画展ですね(笑)
これは必ず行きたいと思います!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 「小樽市プレミアム商品券」の2次販売に約2,000人の行列。2日間で約8,000人が殺到で早くも完売 | トップページ | 夏季公開中の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)を見に行ってきました »

イベント」カテゴリの記事

コメント

ギリギリセーフですヽ(´▽`)/
文学館には帰樽時必ず立ち寄りますが、この情報のお陰で見逃すことなくすみました。
小樽に着いたら即行って来ます。
水源地にも・・・天気が良ければいいなー。

投稿: EKO | 2015年8月19日 (水) 16時32分

EKOさん、こんにちは。
この企画展は興味深いですよね。
日程が間に合って良かったですね。
私もまだ都合が付かないのですが、絶対行かねば!
水源地、晴れるといいですね。

投稿: 小梅太郎 | 2015年8月20日 (木) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市立小樽文学館にて企画展「小樽・坂道物語展」開催中(まだ行ってませんが、是非行きたい!):

« 「小樽市プレミアム商品券」の2次販売に約2,000人の行列。2日間で約8,000人が殺到で早くも完売 | トップページ | 夏季公開中の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)を見に行ってきました »