« ニュースより/都通りの全店舗を終日休業にして、アーケードの屋根の雪下ろしを2月5日に実施 | トップページ | 冬のちょっとした風景〜橋の上から見た小樽の冬の線路 »

2015年1月23日 (金)

ニュースより/小樽はスリップ事故が多発しているようです

先日(2015年1月20日)、小樽の桜町で路線バスが、スリップして道路脇の雪山に衝突し、乗客23人のうち10人が軽いけがをするという事故がありました。

2015年1月21日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄によると、前の車が速度を落としたため止まろうとしたもののタイヤが滑ってしまい、このままだと追突すると運転手が判断して、あえて雪山に突っ込んだそうです。

私は現場の坂道は知らないのですが、ロードヒーティングのある坂道だそうです。ただ、場所によってはロードヒーティングもしっかりと効いてない場所もありますしね。

ニュースになっていないだけで、例えば、先ほどの新聞記事によると、20日の日中で7件ものスリップ事故があったそうですから、雪の坂道はやはり危険です。

怪我をされた方は大変でしたが、実際、バスに乗ってみると、よくこんな悪路をこの大きな車体を操って運転できるなと、感心してしまうくらい、この時期は荒れている道路があちこちにあるんですよね。

さすがプロだと思うのですが、それでも今回のよう事故が起きてしまうんですよね。

(以下の写真は事故とは関係ありません)
Otaru_20150107141727

先日、街中で見たバスは、後輪にチェーンを巻いてましたが、全車かどうか分かりませんが、坂の街・小樽では、チェーンを巻いてないと、立ち往生してしまうような道路がたくさんありそうですね。

ここ最近の天候は、個人的な感覚なんですが、何だか厳しい冷え込みになったと思ったら、翌日は温度が上がって雪が融けて、その後また急に冷え込んでと、気温の上下差が激しいような気がしてます。

そのせいか、道路の雪も、一度融けてまた凍るんで、ツルッツルになるんですよね。

Otaru_20150118_16_11_33

車のスリップ事故はもちろん、歩行中の転倒事故など、慣れた雪国の生活とはいえ、やっぱり注意は必要ですね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« ニュースより/都通りの全店舗を終日休業にして、アーケードの屋根の雪下ろしを2月5日に実施 | トップページ | 冬のちょっとした風景〜橋の上から見た小樽の冬の線路 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

スパイクタイヤ時代アスファルトを削る…粉塵等々の問題はありましたが、結果的にスパイク禁止にしスタットレスにした事が全面ツルツル道路を生み出すと言う皮肉な事態になってしまいました。スタットレスでタイヤロックかかると最早スケートリンクの如くです。桜町中央バスのドライバーさんよくぞ回避出来たと思います。私が上京後にスパイク禁止になり帰省の都度その恐さ知らず父親の車乗り回してましたがこの記事戒めにしより安全運転心がけたく思います。何かの模範回答の様ですが…(笑)

投稿: T75 | 2015年1月23日 (金) 21時26分

T75さん、こんばんは。
昔はスパイクタイヤでしたね。そして、粉塵等の問題もありましたね。
そうか、スタッドレスタイヤによって、ツルツルのアイスバーンが生まれやすくなるんですね。確かにですね。
いや〜、雪道は本当に危険です。
結局は、日頃から安全運転を心がけることですよね。

投稿: 小梅太郎 | 2015年1月24日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュースより/小樽はスリップ事故が多発しているようです:

« ニュースより/都通りの全店舗を終日休業にして、アーケードの屋根の雪下ろしを2月5日に実施 | トップページ | 冬のちょっとした風景〜橋の上から見た小樽の冬の線路 »