« 旧岩永時計店(現 小樽オルゴール堂 堺町店) | トップページ | 旧北海雑穀株式会社(現 彩や) »

2014年4月 8日 (火)

旧第百十三国立銀行小樽支店(現 海鳴楼本店)

観光客で賑わう堺町通りに建つ、歴史的建造物についてここ数回にわたって紹介しています。

堺町通りには、古い建物や倉庫などの歴史的建造物が多く残っていて、それらが店舗として今も活用されているんですよね。

で、今回は小樽市指定歴史的建造物のこちらの建物。

旧第百十三国立銀行小樽支店

Otaru_20140402150056

この建物は、明治26年(1893年)建築の木骨石造1階建です。

Otaru_20140402150024

場所は、色内大通り側から於古発川(おこばちがわ)を渡り、堺町通りに入って比較的すぐの左側に建っているのですが、ここには於古発川側から、「旧百十三銀行小樽支店」「旧金子元三郎商店」「旧岩永時計店」といった小樽市指定歴史的建造物が立ち並んでいて、なかなか歴史を感じさせる街並になってます。

Otaru_20140402150132

いつもの小樽市指定歴史的建造物の案内板です。

Otaru_20140402145948

小樽市ホームページにも建物概要が掲載されているので引用させていただくと、

この建物は、小樽支店として建てられましたが、業務拡大に応じ明治41年にこの通りの少し北寄りに支店が移されています。
その後、木材貿易商の事務所や製茶会社の建物としても使用されました。
平屋建ての比較的小規模な建物ですが、寄棟の瓦屋根に「トンガリ」飾りを付けた和洋折衷の構成で、明治の面影を良く伝えています。
軒下に刻まれた分銅模様のレリーフが百十三銀行のシンボルです。
小樽市 : 旧第百十三国立銀行小樽支店

Otaru_20140402150214

とのことで、確かに銀行建築にしては、小さめですね。

Otaru_20140402150205

Otaru_dsc09264

ちなみに、第百十三国立銀行は、明治30年(1897年)に百十三銀行へ改組・整備され、その後上記の概要にも書かれていますが、小樽支店は業務拡大のために明治41年(1908年)にすぐ近くに新築移転しています。

で、その移転先の建物が堺町通りと於古発川(おこばちがわ)との角に建っている、現在は小樽浪漫館の旧百十三銀行小樽支店なんですね。
(参考:「小樽の建築探訪」小樽再生フォーラム編/北海道新聞社

現在、この建物にはオルゴール専門店の「海鳴楼本店」が入っていて、海鳴楼ブランドのハンドメイドオルゴールが店内に並んでいます。

Otaru_20140402150225

※海鳴楼のサイトはこちら。
小樽 オルゴール専門店 オルゴール堂 海鳴楼

Otaru_20140402150149

そうそう、窓に「花」の文字が見えますが、以前はここに花月堂が入っていたんですよね。

【関連記事】ここ数回、堺町通り関連について書いてます。
堺町通り商店街に観光案内所がオープン
小樽堺町通り商店街を案内する「小樽堺町通り商店街 楽しみマップ」が便利かも
「堺町通り」はいつも観光客で賑わってます
旧金子元三郎商店 (現 おたる瑠璃工房 運河店)
旧岩永時計店(現 小樽オルゴール堂 堺町店)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 旧岩永時計店(現 小樽オルゴール堂 堺町店) | トップページ | 旧北海雑穀株式会社(現 彩や) »

歴史的建造物 銀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/59436415

この記事へのトラックバック一覧です: 旧第百十三国立銀行小樽支店(現 海鳴楼本店):

« 旧岩永時計店(現 小樽オルゴール堂 堺町店) | トップページ | 旧北海雑穀株式会社(現 彩や) »