« 「小樽あんかけ焼そば親衛隊」がB-1グランプリを主催する愛Bリーグの正会員に | トップページ | ニュースより/小樽の橋の老朽化が進む中、小樽市は橋梁長寿命化修繕計画を策定 »

2014年4月11日 (金)

旧百十三銀行小樽支店(現 小樽浪漫館)

いや〜、先日から観光客で賑わう堺町通りに建つ、歴史的建造物について紹介を続けていたのですが、この建物については既に掲載していたと思い込んでましたが、未掲載でした。

小樽市指定歴史的建造物のこちらの建物です。

旧百十三銀行小樽支店

Otaru_dsc05492
※写真が以前撮ったものなのでご了承を(2012年4月25日撮影)

明治41年(1908年) 建築の木骨石造2階建。

場所は、色内大通り側から於古発川(おこばちがわ)に架かる、堺橋を渡ってすぐの左角に建ってます。

Otaru_dsc05496

そして、ここから堺町通り沿い左手に、小樽市指定歴史的建造物の「旧金子元三郎商店」「旧岩永時計店」「旧第百十三国立銀行小樽支店」と続いていて、堺町通りのこの付近の景観を、歴史を感じさせる趣あるものにしてるんですよね。

Otaru_20140414143610

で、興味深いのが、ここのちょっと先に建つ上記の「旧第百十三国立銀行小樽支店」は、明治30年(1897年)に百十三銀行へ改組・整備され、その後、業務拡大のために明治41年(1908年)に移転したのですが、その移転先として建てられたのが今回のこの建物なんですね。

すぐ近くに、新旧建物が今も残ってるんですね。

※ちなみに、こちらが移転前の「旧第百十三国立銀行小樽支店」です。
Otaru_20140402150056

いつもの小樽市指定歴史的建造物の案内板に、そのことが書かれてます。

Otaru_dsc05498
※クリックすると拡大します。

小樽市ホームページにも建物概要が掲載されているので、そちらから引用させていただくと、

小樽支店の設置は明治26年で、当初の店舗はこの通りのもう少し南寄りにありますが、業務拡大に応じ建築されたのがこの建物です。
寄棟、瓦屋根で、角地に玄関を設け、上部にギリシャ建築を思わせる飾りを配しているのが特徴です。
設計は池田増治郎で、外壁は石張りとなっていましたが、その後外壁に煉瓦タイルを張り現在の姿となりました。
小樽市 : 旧百十三銀行小樽支店

とのことです。

建物は、当初は外壁は石張りだったんですね。

Otaru_dsc05497

何だか、窓や壁の装飾などが洋風で、とてもモダンですね。

現在は天然石・アクセサリーやガラス雑貨を扱うお店「小樽浪漫館」が入ってます。
クリスマス小物は一年中扱っているそうです。

Otaru_dsc05499

※「小樽浪漫館」のサイトはこちら。
小樽 浪漫館 | 天然石・アクセサリー販売の株式会社タンザワ

Otaru_dsc05502

そうそう、店内奥はカフェになっているんですよね。
とても落ち着いた雰囲気で、静かにちょっと休憩するのにいい感じです。

Otaru_20140414143710

Otaru_dsc05504

ちなみに、たまたま古い写真を書籍で見たのですが、ここには千秋庵が入っていたのですね。
もう小樽の千秋庵はないので、ちょっと懐かしいです。


【関連記事】最近、堺町通り関連について書いてます。
堺町通り商店街に観光案内所がオープン
小樽堺町通り商店街を案内する「小樽堺町通り商店街 楽しみマップ」が便利かも
「堺町通り」はいつも観光客で賑わってます
旧金子元三郎商店 (現 おたる瑠璃工房 運河店)
旧岩永時計店(現 小樽オルゴール堂 堺町店)
旧第百十三国立銀行小樽支店(現 海鳴楼本店)
旧北海雑穀株式会社(現 彩や)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 「小樽あんかけ焼そば親衛隊」がB-1グランプリを主催する愛Bリーグの正会員に | トップページ | ニュースより/小樽の橋の老朽化が進む中、小樽市は橋梁長寿命化修繕計画を策定 »

歴史的建造物 銀行」カテゴリの記事

コメント

こんばんはpaperお久しぶりですsmile 私この建物が千秋庵だった時にお菓子の製造をしてましたよ 10代の頃の話ですが

投稿: あゆ | 2014年4月12日 (土) 21時46分

あゆさん、こんばんは。
そうでしたか!千秋庵の時に!
ということは、店舗の奥もよくご存知なんですね。
ここの建物も、素敵ですね。

重複分、非表示にしましたので、ご了承を(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2014年4月12日 (土) 23時35分

千秋庵は山親爺と桃山が好きでしたjapanesetea
小樽の港付近は重厚な建物が多いですね。
どれだけ栄えていたか想像できます。
いい街なんですけどねぇ〜(^-^;

投稿: EKO | 2014年4月13日 (日) 01時25分

EKOさん、こんばんは。
千秋庵は市民には馴染みでしたね(*^-^)
すいません、けど商品までは分からなくて、調べました(^-^;
この辺りは本当に、立派な建物が多いですよね。
当時は本当に、とんでもなく栄えていたのでしょうね。
当時は…(^-^;

投稿: 小梅太郎 | 2014年4月13日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/59452489

この記事へのトラックバック一覧です: 旧百十三銀行小樽支店(現 小樽浪漫館):

« 「小樽あんかけ焼そば親衛隊」がB-1グランプリを主催する愛Bリーグの正会員に | トップページ | ニュースより/小樽の橋の老朽化が進む中、小樽市は橋梁長寿命化修繕計画を策定 »