« 最近巷で人気の「おたる生ワインボール」 | トップページ | 今年も忍路の抜群に綺麗で隠れ家的な海と歴史ある建物を見てきました »

2013年9月11日 (水)

「第3回 小樽観光資源についての勉強会」〜画像で見る小樽観光資源〜に行ってきました

小樽観光協会主催の「第3回 小樽観光資源についての勉強会」に参加してきました。

Otaru_20130911200303

画像で見る小樽観光資源”とサブタイトルがついたこの勉強会は、運河プラザ 3番庫ギャラリーで、9月11日(水)に開催されました。

時間は18:30〜20:00までで、なんと受講料は無料!
これは受けない手はありません(^^;;

Otaru_20130911181912
(運河プラザは営業終了後で、入っていいの?って感じでした)

こういう勉強会があるのは知らなかったのですが、今回は小樽観光案内所スタッフブログさんのこちらの記事で、追加募集をしているのを知って申し込んだんですよね。

「第3回 小樽観光資源についての勉強会」…小樽観光協会 | 小樽観光案内所スタッフブログ
小樽観光案内所スタッフブログ ...

実はこういうきちんとした勉強会に参加するのは初めてなんですが、こうやって小樽についてのブログを書き続けているので、やっぱり正しい知識は必要ですよね。

参加定員は50名ということで、参加者は恐らく、実際に観光客と接している方々が多いのでしょうが、私のような参加者がいてもいいですよね(^-^;

勉強会はプロジェクターで写真を見ながら、手元にはその資料をもらい、講師の方の解説を聞くというスタイルで、たっぷり1時間半、しっかり聞いてきました(*^-^)

内容詳細は省きますが、運河、鰊、鉄道、銀行などなど、小樽の歴史を辿りながら、今ある観光資源がどのような経緯を辿って今に至るのか等について、知っていることもありましたが、知らないこともたくさんで、あっという間の1時間半でしたよ(^^)

最初に講師の方が言ってました、“勉強会で学んだ知識はひけらかしてください!”って。

せっかくですから当ブログでも、今回の勉強会に限らず、小樽について学んだことははどんどんひけらかしたいと思います(笑)

(勉強会終了後です)
Otaru_20130911200543

また、一般市民が参加できるこういう勉強会があったら、参加してみたいですね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 最近巷で人気の「おたる生ワインボール」 | トップページ | 今年も忍路の抜群に綺麗で隠れ家的な海と歴史ある建物を見てきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あァ~!こういう勉強会なら、是非とも参加したいですねぇ~。
もっともっと、ディ―プな小樽を知りたいですね。小梅さんには負けますが…。
観光客で、ありきたりの小樽に満足できない人たちを取り込む方法はないものですかねぇ~?
運河辺りで終わったら、もったいないといつも思います。観光協会関係者ではありませんけどね…。

投稿: John 1940 | 2013年9月11日 (水) 23時47分

ひけらかし! どんどんお願いします!期待しています。

投稿: ままお | 2013年9月12日 (木) 09時09分

軍港時代や要塞時代の遺物が放置されている。観光客に中国人や韓国人が多いので、反感を買うので良いですが、函館山要塞の様に、海軍の軍港時代の貴重な歴史遺跡が多いと思う。手宮公園グランド脇の高射砲陣地跡や岬の先端部の特攻艇震洋の壕跡等…。意識的に観光資源から避けている。松田ビルのGHQ本部跡等…。

投稿: | 2013年9月12日 (木) 13時26分

終戦直後に弾薬廃棄の作業中に作業員の煙草の火が原因で沈没した輸送船が魚の巣になって小樽沖に着底してますが、海底サーチライト付のグラスボートか観光潜水艇で見物できたら良いと思う。そんなに深くないのでスキューバダイビングでもいけなくは無いが、豊井沖の海底の酸素魚雷なら更に浅いので可能性がある。他に四機の飛行機(グラマンF6F、F4Uコルセア、TBFアベンジャー、F86Fセイバー)が、石狩湾内に沈んでいる。水雷艇吾妻が日露戦争で取った金銀のインゴットも石狩湾内に沈んだまま見つかっていない。昭和33年に探した人の知り合いに聞いたら、岩内の人だと言っていたね。

投稿: | 2013年9月12日 (木) 13時44分

John 1940さん、こんばんは。
いや〜、知らないことばかりですから、こういう機会には参加するようにしたいものです。
なるほど、そのような観光客を取り込む方策というのがもっとあっていいですよね。
確かに関係者の方々も、運河周りだけでなく、様々な小樽に目を向けてもらうことを課題としているようです。


ままおさん、こんばんは。
はい、できるかぎり、ひけらかしたいと思います(笑)
間違いのないようにしないと(汗)


名無しさん、こんばんは。
なるほど、まだまだたくさん、
小樽には歴史的な遺産があるんですね。
どれも知りませんでした。

投稿: 小梅太郎 | 2013年9月12日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第3回 小樽観光資源についての勉強会」〜画像で見る小樽観光資源〜に行ってきました:

« 最近巷で人気の「おたる生ワインボール」 | トップページ | 今年も忍路の抜群に綺麗で隠れ家的な海と歴史ある建物を見てきました »