« 最上線のバスが通る「緑第二大通り」 | トップページ | 商大に向かう地獄坂の途中にある児童公園No.37「みどり公園」 »

2013年8月12日 (月)

最上町と緑町の境に架かる小さな橋「安楽橋」と於古発川

前回は、久しぶりに歩いた緑町を通る「緑第二大通り」について紹介しましたが、その緑第二大通りの入口にあたるのでしょうか、中央バスの最上線が通る、最上町と緑町の境の道路には小さな橋が架かってます。

安楽橋

Otaru_20130731135408

Otaru_20130731135328

橋と言ってもとても短くて、現在の橋自体は昭和63年12月竣工と新しく、特に目を惹くものではありません(^-^;

Otaru_20130731135355

で、この橋を下を覗くと、ちょっとした川が流れてます。

(上流)
Otaru_20130731135259

この川は、最終的には運河へと流れ込む「於古発川(おこばちがわ)」です。

(下流)
Otaru_20130731135334

於古発川(下流では妙見川)といえば、小樽ではよく知られた川で、このブログでも時々その様子が登場します。

運河に流れ着く於古発川を、寿司屋通り、妙見市場、図書館横とずっと上流に遡ってくると、ここを流れてるんですね。

川がずっと繋がっているのは当然と言えば当然ですが、寿司屋通りの下を流れて運河に注ぐ川が、上流ではここを流れている、というのが何だかちょっと興味深くて、このブログで断片的に取り上げている於古発川の様子が、最終的に一つながりになると面白いな〜、なんてことも考えてます。


ということで、「於古発川」関連ではこんな記事を書いてます。
於古発川(妙見川)を遡る〜妙見市場から小樽図書館
妙見市場下から顔を出した於古発川のその後
於古発川(おこばちがわ)再び

※その他、ちらっと於古発川が写る、こんな記事もあります。
紅葉橋の坂
天狗山に続く「千秋通りの坂」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 最上線のバスが通る「緑第二大通り」 | トップページ | 商大に向かう地獄坂の途中にある児童公園No.37「みどり公園」 »

小樽の川・橋」カテゴリの記事

コメント

良くここに注目されましたね。昔は銭湯がありました。脱線追伸(橋の脇小道行くと旧北照正法寺通りまで行ける中道があります。何故かその先の通りへの抜け道はずうっとないんですよね)所で第2大通りバス停前の「大川商店」まだ営業してるのかなぁ〜。今で言うちょっとしたコンビニ代わりでした。

投稿: T75 | 2013年8月12日 (月) 22時27分

T75さん、こんばんは。
いや〜、目に入った気になることは、なるべくブログに書き留めるようにしています(*^-^)
なるほど途中までは中道もあるんですね。
やはり今度は、このあたりの通りをゆっくり歩いてみないとダメですね(*^-^)
大川商店ですか!?
う〜ん、営業中の店舗は目に入らなかったのですが…

投稿: 小梅太郎 | 2013年8月12日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最上町と緑町の境に架かる小さな橋「安楽橋」と於古発川:

« 最上線のバスが通る「緑第二大通り」 | トップページ | 商大に向かう地獄坂の途中にある児童公園No.37「みどり公園」 »