« 何度でも眺めたい天狗山からの眺め〜8月の天狗山から | トップページ | 開始に合わせて雨が上がった高島漁港納涼大花火大会。けどフィナーレがどしゃ降りに »

2013年8月17日 (土)

「小樽朝里クラッセホテル」のあんかけ焼そばを食べてきました

小樽のあんかけ焼そばといえば、昔からあちこちの中華料理店や食堂では当たり前のようにメニューに並んでいましたが、ここ最近の「小樽あんかけ焼そば親衛隊」によるPR活動によって、すっかりご当地グルメとしても定着しました。

で、その小樽あんかけ焼そばですが、先日(8月5日)、朝里川温泉にある「小樽朝里クラッセホテル」のレストラン「シルフィード」で食べてきました。

Otaru_20130805200514
(夜に行ったので、ホテル全体の写真は無しです)

Otaru_20130805200320

ここ小樽朝里クラッセホテルは、小樽あんかけ焼そばPR委員会の当初からの会員でもあるんですよね。

Otaru_20130805193315

ホテル内のレストランなので、もちろん宿泊客もいる、ちょっと落ち着いた雰囲気の店内です。

Otaru_20130805193323

ここ小樽朝里クラッセホテルのあんかけ焼そばは、パンフレットや小樽あんかけ焼そばのサイト等の店舗紹介によると、

旧丸井今井小樽店レストランの味を再現!しょうゆと塩があり、道産豚、道産野菜使用。
小樽朝里クラッセホテル « あんかけ焼そば

とのことで(旧丸井今井小樽店レストランの味は分からないのですが)、今回は、醤油味の「五目焼きそば」(980円)と塩味の「海鮮焼きそば」(1280円)の2種類ともたのんでしまいました。

五目焼きそば
Otaru_20130805190655

海鮮焼きそば
Otaru_20130805191033

※照明が暗いので、色味がちょっと変わってます。

醤油味の五目焼きそばは、味はどちらかというとあっさりな感じですが、安定の美味しさですね。

Otaru_20130805190746

あんはしっかりしていて麺によく絡み、その麺は程よく焦げ目が付いています。

塩味の海鮮焼きそばはちょっと値段が高くて、普段からは気軽には食べられませんが、上品な味のあんには海鮮具材が本当にたっぷりです。

Otaru_20130805191125

全部は確認できませんでしたが、エビやイカはもちろん、ホッキやムール貝(かな?)まで入ってましたよ。

Otaru_20130805191143

結構ボリュームもありました。

酢と小皿で出てくる辛しの他、豆板醤(だったと思うのですが、酸味もあって自家製?)がついていて、好みで加えると味の変化が楽しめますね。

ホテルのあんかけ焼そばだからかどうかは分かりませんが、他のラーメン屋さん等に比べてちょっと値段が高いのは、それだけ手が込んでいるということでしょうか。

とにもかくにも、美味しかったです(*^-^)

ちなみに一緒にたのんだ「中国風クラッセ炒飯」というのもかなり美味しかったですよ。

Otaru_20130805191037


実はこの日は、ホテル内で飼育されているほたるを「ほたるん公園」に見に行ったんです。
時期が遅くてちょっとしか見られなかったのですが、それでもフワフワと舞う可愛い淡い光を見ることが出来ました。

残念ながら技術的にも状況的にも写真に撮ることはできなかったので(汗)、ブログでは紹介してませんでした。


ということで、やっぱり美味しかった小樽あんかけ焼そば!
次はどの店に行こうかな。

(お店情報は2013年8月時点でのものです)

※小樽朝里クラッセホテルのサイトはこちら。
→「小樽朝里クラッセホテル【公式サイト】

※「小樽あんかけ焼そば」のサイトはこちら。
→「あんかけ焼そば


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 何度でも眺めたい天狗山からの眺め〜8月の天狗山から | トップページ | 開始に合わせて雨が上がった高島漁港納涼大花火大会。けどフィナーレがどしゃ降りに »

小樽あんかけ焼そば」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
さすがホテルの焼きそば、具材が豊富ですね
今度足を運んでみますね。
ところで、暑いせいか一緒に並んでいるビールに目がいってしまいました。もちろん召し上がったんですよね

投稿: EKO | 2013年8月18日 (日) 11時50分

EKOさん、こんばんは。
ホントに、さすがホテルの提供するあんかけ焼そばで、具材豊富で贅沢仕様でした。
そして、美味しかったです。
むむっ!目が行きましたね!(笑)
暑いですから、やっぱり飲んでしまいました(^-^;

投稿: 小梅太郎 | 2013年8月19日 (月) 03時28分

小樽在住時代あんかけ焼きそば何て食べた事もないし全く記憶にないんですが…60〜80年代初頭にかけて。運河まんじゅうが後に大人気になったのは知ってますが,あんかけさんは一体いつから??

投稿: 夢の彼方ヘ | 2023年12月14日 (木) 19時03分

夢の彼方ヘさん、こんばんは。
近年、小樽の人気のご当地グルメとして、すっかり定着したあんかけ焼そばですが、その発祥は昭和1930年代と言われていて、30年代後半あたりから中華料理店を中心に広まったと言われています。
お店の中心メニューではないものの、現在では中華料理店はもちろん、ラーメン屋、喫茶店、レストラン、ホテルなど、本当に多くのお店で提供されています。

投稿: 小梅太郎 | 2023年12月15日 (金) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小樽朝里クラッセホテル」のあんかけ焼そばを食べてきました:

« 何度でも眺めたい天狗山からの眺め〜8月の天狗山から | トップページ | 開始に合わせて雨が上がった高島漁港納涼大花火大会。けどフィナーレがどしゃ降りに »