« 気になる建物/南樽駅近くの閉店したそば屋さんと木造の建物 | トップページ | 一気に雪解けが進むも明日からまた雪の予報 »

2013年3月18日 (月)

於古発川(妙見川)を遡る〜妙見市場から小樽図書館

このブログでは、写真で建物とか風景をよく載せていますが、投稿予定の話題がついつい後回しになって、いざ投稿しようとすると、季節がずれてしまうことがよくあるんですよね。

例えば冬の時期ですと、投稿時期が遅れると、写真に写る雪の量が全然変わってしまいます。

と、言い訳はこのくらいにして(笑)、そういうことで写真の時期がずれていて申し訳ないのですが(今回は説明がなければ2012年12月6日撮影です)、こちらです。


於古発川(妙見川)を遡る〜妙見市場から小樽図書館

Otaru_dsc04255
(妙見市場の上流から妙見市場を見たところ。2013年3月1日撮影)

と、もっともらしくタイトルを付けてますが、“於古発川(おこばちがわ)を遡る”というシリーズはありません(^-^;

ただ、以前から、於古発川(おこばちがわ)をずっと遡ってみたいという話は、このブログ上でもしていたんですよね。

例えば、下流の方はこのような記事を書いてます。
妙見市場下から顔を出した於古発川のその後
於古発川(おこばちがわ)再び


ということで、今回は於古発川の妙見市場から上流の様子です。

ちなみに、妙見市場の下を流れている於古発川ですから、川は市場の下へと流れ込んでます。

Otaru_dsc04258
(2013年3月1日撮影)

妙見市場あたりから下流は、妙見川とも呼ばれてますね。

さて、このまま真っすぐに上流に向かう川を遡っていくと、

Otaru_dsc02022r

川は小樽図書館前の道路の下に一旦隠れます。

(小樽図書館前の道路。道路沿い右手奥に図書館があります)
Otaru_dsc02025r

(道路の上から下流を見たところ。先に妙見市場があります)
Otaru_dsc02024r

どうやらこの道路の下で、上流に向かい左に大きく曲がっているようで、道路を渡って顔を出すのは、随分と左側の小樽図書館のすぐ下です。

Otaru_dsc02026r

そして、その先は小樽図書館の横を流れています。

Otaru_dsc02027r

その更に上流は見えなくなっていますが、

Otaru_dsc02028r

その先は小樽市民会館から緑町に抜ける坂道「紅葉橋(もみじばし)の坂」の紅葉橋の下を流れているのを見ることができます。

(写真は紅葉橋から見る於古発川。2011年11月2日撮影)
Otaru_dsc01506r


ということで、短い区間でしたが、今回の於古発川の様子はここまでです。

写真の時期がバラバラで申し訳ありませんでしたが、この続きは雪のない時期にでも見に行きたいと思います。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 気になる建物/南樽駅近くの閉店したそば屋さんと木造の建物 | トップページ | 一気に雪解けが進むも明日からまた雪の予報 »

小樽の川・橋」カテゴリの記事

コメント

いやあ良い記事思いだしました(笑)紅葉橋から緑小へそしてスーパー志賀へと続きますね。そして洗心橋へ。第二大通り手前で見えなくなります。小学校時代上流に良く小さな淡水魚(名前思い出せません)釣りに行ってましたよ。図書館から川沿いの民家風景本当に昔のままです。前回感慨深く歩きました。民家と民家の間の隙間抜け道があるんです(笑)

投稿: T75 | 2013年3月19日 (火) 18時11分

T75さん、こんばんは。
ありがとうございます(*^-^)
スーパー志賀や洗心橋で流れを確認できますよね。
川沿いの民家の風景は、いい感じですよね。
そうですか!抜け道があるんですか?
今度、続きを見るために、出来るだけ川沿いを歩いてみたいと思います。

投稿: 小梅太郎 | 2013年3月19日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 於古発川(妙見川)を遡る〜妙見市場から小樽図書館:

« 気になる建物/南樽駅近くの閉店したそば屋さんと木造の建物 | トップページ | 一気に雪解けが進むも明日からまた雪の予報 »