« 滑り止めの砂が入りました | トップページ | メルヘン交差点を眺める »

2012年11月 3日 (土)

雪虫が舞い始めて幾日

雪虫が舞い始めて結構経ちますが、まだ雪は降ってませんね。

雪虫と言えば、この時期に飛び交う、白い綿毛みたいなものを付けた小さな小さな虫ですが、この虫が飛び始めると、もうすぐ雪が降るともいわれていて、この時期の風物詩みたいなものです。

Otaru_20121027yukimusi

ロマンチックな感じもしますが、実際は飛んでくると、目やら口やら鼻に入ってきて、結構うっとうしいんですよね(汗)

一週間程前には、小樽でニュースになるくらいに大量発生して、場所によっては窓も開けられないくらいで、かなり大変だったようです。

こういうふうに聞くと、あまり風情がないですね(^-^;

それでも、雪虫と言えば、やっぱり冬の到来を告げる、この時期だけの風物詩なんですよね。

Otaru_dsc02619
(以前の写真より)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m


スポンサーリンク

|

« 滑り止めの砂が入りました | トップページ | メルヘン交差点を眺める »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

雪虫、懐かしいです。
あれが飛ぶたびに、これは雪かしら?虫かしら?なんてワクワクしたもんです。
今の居住地は北海道と気候は似ているのに、雪虫はいないですね。

でもそんなに大量発生すると、ちょっと困りものですね(笑)

投稿: はは | 2012年11月 3日 (土) 23時26分

ははさん、こんばんは。
ホント、この時期にだけ飛ぶというのが、
まさに風物詩といった感じですよね。
大量に発生されると、歩くのもままならないくらいの迷惑です
そちらには、雪虫はいないんですね。
北国だけなのでしょうかね?
こちらは、そろそろ、冬支度です。

投稿: 小梅太郎 | 2012年11月 4日 (日) 00時09分

子供の頃雪虫を見たら幼心にも間近に迫る長い長い冬を覚悟してた様な気がします。昔は雪も多く除雪体制も今の様に隅々までではなかったのでより冬が厳しく感じられました。雪虫…いつ頃誰が名付けたんでしょうかね。

投稿: Tokyo1975 | 2012年11月 4日 (日) 15時02分

見たことありました!
雪虫というのですね。
てっきりうちのホコリがついちゃったのかと、虫を気の毒に思っていました。

投稿: Ray | 2012年11月 4日 (日) 16時48分

Tokyo1975さん、こんばんは。
雪虫が現れたら、いよいよ冬、って感じですよね。
確かに、昔は除雪体制が整備されてませんでしたよね。暖房設備も今のように整ってなかったですし、より厳しい冬でしたよね。
ホント、雪虫っていつから呼ばれてるんでしょうね。


Rayさん、こんばんは。
お〜!見たことありますか!
こちらでは、雪虫と呼んでいて、
本当に、雪が降るちょっと前の、この時期だけに飛ぶんですよ。

投稿: 小梅太郎 | 2012年11月 4日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪虫が舞い始めて幾日:

« 滑り止めの砂が入りました | トップページ | メルヘン交差点を眺める »