« 気になる建物/株式会社 新宮商行 | トップページ | 手宮公園周辺の紅葉はもうちょっと »

2012年10月24日 (水)

「キャバレー現代」の建物が解体

数日前から、Twitter等でつぶやかれてもいたのですが、今朝、北海道新聞朝刊(2012年10月24日付)にても報道されました。

「キャバレー現代」の建物解体、移築のニュース。

ちょっと驚いたのですが、この目で確かめようと実際に見てきましたよ。

Otaru_dsc00673

確かに、解体工事の途中でした。

解体現場を目の当たりにすると、かなり寂しいものがありますね。

Otaru_dsc00675

新聞記事によりますと、解体は10月18日から始まっており、11月中旬に終わる予定とのことです。

また、店を経営していた札樽観光(札幌)が小樽市内の別の土地での活用を探っているそうで、今のところ移築先は、札樽観光が小樽市張碓町で経営するジンギスカン専門店「景勝園」の敷地内を予定しているそうですが、移築の時期は決まっていないとのことです。


静屋通りに建つこの「キャバレー現代」の建物は、祝津のニシン漁三大網元の一つ、白鳥家の別邸として、明治42年(1909年)に建てられた建物です。

戦後「キャバレー現代」として使われ、創業50年の平成11年(1999年)に閉店した後、当地にひっそりと佇んでいました。

私は残念ながら入ったことがないんですよね。
と言いますか、こうなると、営業している時に行ってみたかったですね。

小樽の繁栄を偲ばせ、昭和の古き良き時代を物語ってきた「キャバレー現代」の建物ですが、せめて、移築先で再び活用されるといいですね。


旧キャバレー現代(旧白鳥家別邸)の以前の写真より。

Otaru_dsc07819

Otaru_dsc04528


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m


スポンサーリンク

|

« 気になる建物/株式会社 新宮商行 | トップページ | 手宮公園周辺の紅葉はもうちょっと »

ニュース」カテゴリの記事

歴史的建造物 その他」カテゴリの記事

コメント

手宮公園は、寒かったです。紅葉は綺麗でしたが誰一人いませんでしたね(汗)。
今日は、水天宮と堺小学校の資料室と図書館に行きましたよ。
明日で最後ですね。
坂牛邸に行こうと思います。

投稿: John1940 | 2012年10月25日 (木) 16時05分

「現代」解体とは。えーっです。久しぶりに覗いてみました。情報ありがとうございます。行ってみなくては。

投稿: teineyamamieru | 2012年10月25日 (木) 16時34分

John1940さん、こんばんは。
実は、私も今日、手宮公園を覗きにいったのですが、
雨になってしまいました。残念。
やはり、ほとんど人影はありませんでした(^-^;
明日は晴れそうですね。とういうか、晴れるといいですね。
坂牛邸、いいですね(*^-^)


teineyamamieruさん、こんばんは。
そうなんです、今、まさに解体中です。見てきてください。
teineyamamieruさんのブログ、いつも読んでますよ(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2012年10月25日 (木) 20時44分

昨日の新聞で知ってショックでした。わー、なんだか雑に解体されているみたいですが・・・。本当に移築になるんでしょうか。板谷邸みたいなことにならないといいですが・・・。ただ景勝園のある場所はいいところなので是非あそこで再建して欲しいと思います。跡地には何ができるのでしょうか。少し寂しいですね。

投稿: ままお | 2012年10月25日 (木) 23時15分

ままおさん、こんばんは。
この建物が壊されるなんて、ちょっとショックですね。
中央部分が、バサバサっと壊されているの見るのは何とも痛々しいです。
梁や柱なんかを保管するとのことですが、大丈夫かな
確かに、跡地をどうするのでしょうかね。

投稿: 小梅太郎 | 2012年10月26日 (金) 18時42分

キャバレー現代が解体されてもう6年近くが経つのですね。
この解体は、柱や梁を取り外しているようには見えず、到底移築を前提としたものとは思えません。「移築」というのは、言い方が悪いですが小樽市民を欺くためのものでしょう。解体への反対運動が起こることも考えられますし。記憶に新しいところでは、ジェルム小樽運河という高層マンション建設に対して小樽市民から反対運動が起きました。
小樽出身者としては、キャバレー現代の解体は今でも悔しい思い出です。所有者も解体したくはなかったかもしれませんが、「移築」という言葉で糠喜びする羽目になった市民は私だけではないと思います。ならば潔く解体すると宣言してほしかったです。

投稿: ジロ | 2018年7月 1日 (日) 19時46分

ジロさん、こんにちは。
確かに、キャバレー現代が解体された後、移築の話は全く耳にしませんね。
やっぱり、移築の話はそういうことだったのでしょうか…
だとしたら、なんとも寂しいですね。
移築と言われると、期待を持ってしまう分、実現されないと寂しいですし、何より、時間とともにその話題が、建物の存在とともに忘れられていくのが寂しいです。

投稿: 小梅太郎 | 2018年7月 2日 (月) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キャバレー現代」の建物が解体:

« 気になる建物/株式会社 新宮商行 | トップページ | 手宮公園周辺の紅葉はもうちょっと »