« 住吉神社横の急な坂「社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか)」 | トップページ | 入舟地蔵尊 »

2012年8月10日 (金)

住吉神社境内にある「木魂神社」

住吉神社の前から、国道5号線を南側(札幌側)に進んですぐ右手の、幅の広い急な坂道「社ヶ丘の坂」を上っていくと、途中に神社の境内に降りていく石段があります。

Blogdsc07606r

この石段を下りると、両側に木々が立ち並ぶ参道が続いているのですが、

Blogdsc07607

すぐ左手に鳥居と小さな社殿が建ってるんです。

Blogdsc07608

ここは、住吉神社境内にある「木魂神社」です。

Blogdsc07611

って、この神社についてはよく知らないのですが、由来の案内板がありました。

Blogdsc07609

その内容を簡単に要約すると、

そもそもは、小樽木材協会が昭和8年、塩谷丸山下に植林地として土地を購入して植林を実施したのに遡るそうです。
昭和11年秋、同地内に社殿を造営し、木魂神社と称したとのこと。
その後、昭和16年に最上町の千秋八幡に奉還されたが、昭和40年火災に遭い、松ヶ枝町の金毘羅大本院境内へ。
そして、平成元年に、この住吉神社境内へ遷座したとのことです。

Blogdsc07610

ここに別の神社があることは全然気がつきませんでしたが、昔はここにはなかった訳ですね。
住吉神社内に、別の鳥居があったので、ちょっと不思議だったんですよね。

ちなみに、この木魂神社の前を過ぎて、境内の中へ入っていくと、ちょうど住吉神社の手水舎に出ます。

Blogdsc07613

ところで、「木魂神社」はなんて読むのでしょうかね。
“きたまじんじゃ”?、それとも“もっこんじんじゃ”?

ただ、「木魂神社」という名の神社は、各地にあるようですね。
木の神を祭っている神社なんでしょうね。

神社については難しくて、専門的なことなど全然分からないのですが、鳥居や社殿を目にすると、ついつい目を引かれてしまいます。

Blogdsc07614
(社ヶ丘の坂からの石段)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« 住吉神社横の急な坂「社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか)」 | トップページ | 入舟地蔵尊 »

その他の気になる古い建物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
「木魂神社」は「こだま神社」だと思います。
何の神様かは分からないんですが、やはり木の神様なんでしょうね。
それにしても住吉神社、昔と変わらず鎮守の森が守られているようで、嬉しい限りです。

投稿: はは | 2012年8月11日 (土) 09時23分

ははさん、こんにちは。
「こだま神社」か〜。ありがとうございます
結構、調べても分からないものですね
住吉神社の鎮守の森は、変わってないのではないでしょうか。
そうそう、ここの緑は市の保全樹林に指定されているそうです。
守られてますね

投稿: 小梅太郎 | 2012年8月11日 (土) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住吉神社境内にある「木魂神社」:

« 住吉神社横の急な坂「社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか)」 | トップページ | 入舟地蔵尊 »