« (旧)岡川薬局でオリジナルポークカレーと岡川ラーメン | トップページ | 旧作左部商店蔵 »

2012年7月 6日 (金)

南小樽駅を出てすぐの陸橋と天神南小樽停車場線アンダーパス

国道5号線の奥沢十字街から海方面に向かう道の途中、前回記事の(旧)岡川薬局を過ぎると、JRの陸橋が見えてきます。

Blogdsc07379

このブログを始めてから、何気ない、こういう場所が気になるようになったんですよね(^-^;

Blogdsc07384

別に、鉄道好きという訳ではないのですが、小樽の歴史的背景をちょっとかじると、その繁栄に大きな役割を担った鉄道のこと等を知ることとなり、そうすると、こういうただの陸橋も、昔はどうだったのかな〜、なんて思ってしまいます。

Blogdsc07385

歩いてみて、この壁の煉瓦なんかを見ると、どうなのかな〜、とか(笑)
ただ古く見えるだけかな?

Blogdsc07387

以前紹介した、入船陸橋の橋脚なんかは、特に歴史を感じさせるものでしたからね。

線路としての位置は、南小樽駅と小樽築港駅の間で、南小樽駅を出てすぐのところです。

ちなみにこの道路は、線路の下をくぐるようになっていますが、ここは、天神南小樽停車場線アンダーパスという名前がついてました。

Blogdsc07389

天神南小樽停車場線とは、市内を巡る道道697号線のことですね。

ちょっと先に住吉郵便局の交差点がありますが(左折するとすぐ南小樽駅です)、

Blogdsc07390

この辺り、今来た道の手前が若松町で、右が信香町で左が住吉町です。

そのまま進むと、臨港線に出ますが、信香町のこの付近と言えば、それこそ江戸末期から明治にかけて、漁場として、小樽で最初に人々が集まった中心部ですね。

この先に小樽市指定歴史的建造物の「旧作左部商店蔵」が建っているのですが、それは別の機会ということで。

今回は、特になんてことのない風景でしたね(*^-^)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« (旧)岡川薬局でオリジナルポークカレーと岡川ラーメン | トップページ | 旧作左部商店蔵 »

ちょっとした風景」カテゴリの記事

コメント

歴史的建造物も良いですが、たまにはこういう何気ない風景?(建造物)も良いですね。何だかホッとします。
小樽という街を支えている感じがして、確かにこういう物が無いと、私は小樽へは行けなかったのですね。(何度も列車で通ってますよね(笑))。
稲穂横断歩道橋とか、入船地下歩道(何故か印象的です(笑))も好きですねぇ~。

投稿: John1940 | 2012年7月 7日 (土) 18時00分

John1940さん、こんばんは。
私も何気ない風景が大好きで、よくふらふら歩いて、カメラに収めたりするのですが、これがなかなか記事にするのが難しい
けど、確かにそういうところも“小樽”ですから、今後も「何気ない風景」も載せていきたいと思います。
入船地下歩道か〜(笑)

投稿: 小梅太郎 | 2012年7月 7日 (土) 19時31分

決して「何て事ない風景」何かではありませんよ!(^^)vその辺りに友人が居たので良く歩いてました。鈴木自動車板金工場が凄まじい古い建物だった頃です(笑)心にしっかり刻まれた風景です。

投稿: Tokyo1975 | 2012年7月 8日 (日) 06時34分

Tokyo1975さん、こんばんは。
ありがとうございます。
それぞれの場所は、関わりのある方々にとっては、懐かしくも大切な風景なんですよね。
これからも、そんな小樽の街並をカメラに収め、ブログに載せていきたいと思います(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2012年7月 8日 (日) 18時46分

レンガが使われているならかなり古い橋脚じゃないでしょうか…。
コンクリートよりオシャレで好きです
天神南小樽停車場線アンダーパスって名前なんですね
何度も通った事ありますが初めて知りました。。

投稿: BRAVIA | 2012年8月11日 (土) 03時58分

BRAVIAさん、こんにちは。
最近、何だかこういうところも気になるようになってきました
天神南小樽停車場線アンダーパスって名前で、呼んだことはないですよね

投稿: 小梅太郎 | 2012年8月11日 (土) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南小樽駅を出てすぐの陸橋と天神南小樽停車場線アンダーパス:

« (旧)岡川薬局でオリジナルポークカレーと岡川ラーメン | トップページ | 旧作左部商店蔵 »