« 手宮線跡地の散策路への入口、いや出口? | トップページ | 「小樽で行ってみたい観光場所」アンケート経過報告(2012年3月末現在) »

2012年3月30日 (金)

於古発川(おこばちがわ)再び

前回の記事でちょっと触れましたが、妙見市場A・B棟の解体工事によって、久しぶりに(半世紀以上)その姿を見せた、市場下の於古発川(おこばちがわ)ですが、川はすぐに国道5号線と交差する所で、道路の下へとまた隠れます。

そして、川の位置をたどって道路を海側に下りていくと、その先は寿司屋通りになるのですが、川は尚も道路の下です。

この寿司屋通りの先の道路には、中央部分に月極駐車場があるのですが(ここは暗渠にして駐車場にしてるんですね)、その駐車場の端から、再び於古発川が姿を現すんです。

Blogdsc04746

この場所に架かっている橋は「妙見橋」。

Blogdsc04740

川の名前も、妙見市場からこちら側は、妙見川とも呼ばれてますね。

Blogdsc04739

川はこの先、海、というか運河へ向かっています。

Blogdsc04742

途中、いくつか橋があるのですが、

Blogdsc04753

この橋は高島橋(たかしまは志)といい、大正時代に架けられたそうです。

その昔、於古発川は小樽郡と高島郡との境界となっていたそうですよ。

川は更に堺町本通りの下を流れて行きます。

Blogdsc04755

写真の建物の左が大正硝子館(旧名取高三郎商店)で、右が小樽浪漫館(旧百十三銀行小樽支店…こちらはこのブログでは未紹介)ですね。

堺町本通りを過ぎた於古発川は、その先で運河と合流します。

Blogdsc04762

最後は臨港線の下をくぐるのですが、この橋は「堺浜橋」。

Blogdsc04763

ちなみに運河は、この位置が南の端になります。

何て事のない、小さな川ですが。こうやって追いかけていくと、なかなか面白いですね。

今度は、上流の方へも辿って行こうかな。
(於古発川の上流は市内を抜けて天狗山方面まで続くのですが、天狗山の奥には、於古発山もあります)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« 手宮線跡地の散策路への入口、いや出口? | トップページ | 「小樽で行ってみたい観光場所」アンケート経過報告(2012年3月末現在) »

小樽の川・橋」カテゴリの記事

コメント

小樽の川は小さいのが多くて、妙見川も色内川も側溝と言ってもいいくらい、そこが面白いけど。上流はどうなっているんでしょうか。あの図書館の横から流れ落ちる川と洗心橋の下を流れる川がつながっているとは考えにくいんですが。解明期待してます。小樽はなんたって地形が面白いんですよね。URL?、ブログの基本が理解できてません。

投稿: teineyamamieru | 2012年4月 1日 (日) 08時00分

teineyamamieruさん、こんばんは。
ホントにそうですよね。小樽の川は小さな側溝のようですよね。
確かに於古発川の上流、は図書館の横を流れ、緑町を流れ、洗心橋、最上町へと遡りますよね。
何だか、小樽の街中を川を追いかけるのも面白そうです。
ブログのURLはブログのトップページを開いた時に、上部にある、http://〜〜〜〜というアドレスの事です。
けど、見つけました。「小樽手宮線夢の復活プロジェクト」ですよね。
今度拝見させていただきます(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2012年4月 1日 (日) 20時48分

初めまして!
いつも懐かしく覗かせてもらってます。
私は昭和38年〜47年そして51年〜60年小樽に住んでた者です。
今回の妙見川沿いに住んでおりました。
私が四歳か五歳の頃は川はケタ下(今は廃線になりケタは無いんですよね)近くまで 川が見えていた記憶があります。

まだ川沿いの柵が無く、自動車が川に落ちた事も記憶にあります。

若林煙草店、オリンピック薬局、出雲屋そば店、滝の湯、ツツイ、越中、カナモトと床屋が三軒ありました。

雪かきの雪が川に落とせるので楽でした。

6年前に仕事で訪れた時はかなり変わったのでビックリしました。

私が通っていた堺小学校が廃校になったり、はれるや食堂も閉店と思い出が消えていくのも寂しいですが時代の流れで仕方ありませんね……

これからも懐かしく楽しみに覗かせてもらいます
長文失礼します。

投稿: 百川 | 2012年4月 2日 (月) 14時27分

最近何だか、小樽と関係ある人たちのコメントが増えて、ブログ主でもない私も嬉しいです(笑)。
堺小学校!水天宮の近くですよね。「北の学習院」と石碑に書いてありました。どういう意味かな?

投稿: John1940 | 2012年4月 2日 (月) 20時31分

百川さん、はじめまして。
訪問及び、コメントありがとうございます。
小樽のこの近くに住んでらしたんですね。
そうか!当然ですが、ケタがあったんですよね。それに川ももっと見えていたのですね。
そうですよね。当時とは随分と変わってるんでしょうね。
歴史ある堺小学校は、2006年に閉校してるんですよね。
昔ながらのものが、ひとつひとつ減っていくのは寂しいですね。
そのような懐かしいものも含めて、これからもちょこちょこと紹介していきますので、是非また覗きにきてください。


John1940さん、こんばんは。
本当にうれしく、ありがたい事です。
このブログで、懐かしんでもらえたりすると、かなりモチベーションがあがりますね(笑)
そうです、そうです、水天宮の近くです、堺小学校。
「北の学習院」と石碑に書いてあるんですか。
今度見てこようかな(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2012年4月 2日 (月) 22時05分

中心部で川のある風景は於古発川くらいですから綺麗に(出来れば古い感じに)整備して欲しいです。

投稿: BRAVIA | 2012年4月 7日 (土) 06時14分

BRAVIAさん、こんばんは。
於古発川のこのあたりは、実に味のある風景なので、本当に綺麗にしてもらいたいですよね。

投稿: 小梅太郎 | 2012年4月 7日 (土) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 於古発川(おこばちがわ)再び:

« 手宮線跡地の散策路への入口、いや出口? | トップページ | 「小樽で行ってみたい観光場所」アンケート経過報告(2012年3月末現在) »